スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
スポーツ県民歌歌ったりして山形の夜はふけていったのであった
2015-01-10 Sat 01:36
山形の事 3。

帰省する前に、大沼デパートに。

化粧品の新色をチェックしたりした後は、デパ地下へ。


地元産ワイン売り場
大沼ワイン売り場

大沼はなにげに、山形産のワインも豊富。

作家の荻野 アンナ女史のエッセーを以前読んだ時に、
山形のワイナリーに来たことが書いてあったなぁ、そう言えば。

大沼には、ソムリエの方が常駐されているので、
プレゼントなどワインを買う時には、アドバイスして貰ったり出来るのが良い。


今回購入したワイン
ピノノワール

「家で気軽に飲めるワイン」という事で、アドバイスいただいて購入したワイン。
オーガニックのブルゴーニュ産 ピノ・ノワール。

帰宅して、美味しくいただいたー。


以前、東京の人にプレゼントとして山形の地酒を選んだ時、
同じソムリエの方に聞いたりして選んだ。
(「日本酒は専門ではないけど、ワインと同じ醸造酒なので多少の知識はあります。」との事で、プロってすごいなーと。)

年配の方なので、気負わずにアドバイスを聞けるし、
プロの知識はすごいので、手土産やプレゼントを選んだりする時は、
大沼の地下でワインを買うの、お勧め!


小瓶コーナー
大沼小ビン

こんな風に地酒小瓶コーナーもあって、冷えている。

自分用に数種類買うのも楽しそー。

以前、こういう小瓶を数種類買って、弟に贈ったらすごく喜んでくれて、
1本ずつ楽しみに飲んでくれたようだった。

人を呼んだ時とかに何種類か買って、好みの物を選んで貰っても楽しそうー。


お酒ばっかり見てたけど、写真よく見たら、
「さくらんぼの漬物」が写ってるのが、山形っぽい(笑)


ワイン買った時にソムリエの方に、
「ピノ・ノワールは涼しいところでしか栽培できないぶどうなんですが、高畠ワイナリーが日本で初めて栽培を成功させて、今回瓶詰めされたんですよ。」
「フランスのワイナリーで修行された○○さん(名前失念)が、携われているんです。」
というような話も聞けて。

これから、ますます山形のワインには楽しみが沢山だ。

ムラング
ムラング

大沼の山形特産品コーナーで見つけたお菓子。
待たせちゃったので、彼氏へあげようと。

ちょこっと後で貰って食べたら、フランスのメレンゲを焼いたお菓子みたいな感じ。
というより、それよりもふわっとした感じのお菓子。

面白い食感!

アーモンドの他にココナッツ味もあったので、
次回山形に行く機会があったら買ってみようと思う。


材料とか
ムラング1

材料もシンプル。
添加物とか入っていないのがいい感じ。


たくあんチョコレート
わくわんチョコ


たくわんチョコ

箱には、「農林水産大臣賞 受賞」と。
でも「平成26年 第13回山形県漬物展示品評会」とあるので、
お菓子じゃなく、漬物のカテゴリ?(笑)

とても立派な箱に入ってる。

食べてみたところ、ほんのり甘い。

オレンジピールに半分チョコをかけたお菓子があるが、あれみたいな感じ。

でも、後味はたくあん(笑)

攻めの姿勢は感じるぞ!(笑)

こういう企業努力って、偉いなぁーと思う。
伝統のお菓子も作りつつ、新しいもの(でも和風の趣を残しつつ)を作ろうという努力っていうかさ。


なんかさ、思うのよ。

最近日本中、イオンとかのモールがあって、チェーン店が国道沿いに並んでっていう、
どこに行っても同じ風景だなぁーと。

そして、そういうところで買ったプライベートブランドの食べ物とかを食べたりして、
(流通が発達したせいもあって日本中が同じ物を食べられるって事は別の面からみたら悪くは無い事なんだろうけど)
だんだん物にも人にも特色が無くなっていくんだろうなぁーと。

抵抗感ってより、ちょっとだけつまんないなぁーと思ったりするんである。

何より、中小企業やお店などの企業努力には、ちゃんと陽があたって欲しいとも思う。

なので、山形に行った時には山形の事を、遠征に行った時はその土地の物を。
山形も、他の県のものも、ささやかだが応援していきたい。
なので機会があったらまたアップして行きたいなぁーと思う。


そういや、実家で、スポーツ県民歌の話になって。

母が歌いだしたので、私も歌ったら、父も歌った。

で、それをみて彼氏が笑っているっていう状況。

で、父も母も2番をスラスラ歌えるのに、
その中で一番若い私が、2番をところどころしか歌えない屈辱(笑)



そういや、「昔もスポーツ県民歌の事書いたよなぁー」と調べたら、

京都戦劇的勝利でオメ!で思うスポーツ県民歌の事!

スポーツ県民歌…って…いったい…。

スポーツ県民歌はオリジナリティのバロンドール(?)なのだ

って、3回にわたって連続シリーズで書いてるっていうしつこさ(笑)


しつこい私のブログにいつもお付き合いいただいている方、有難う。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | 山形のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
しょっぱなからダービーか!&かいもちとか米沢牛ジャーキーとか
2015-01-07 Wed 19:11
午前中、彼氏から、
「山形の初戦、どこだと思う?」
(ってわざわざ電話してきて、聞いてくるって事は、もしや…?って既にこの時わかりかけてたが。)


「仙台だよ。」
と連絡。

思わず、はぁっ?って言っちゃったよ。
(でもねーどっかでいつか、こういう事になりそうな予感はしていた)

山形は1戦目2戦目と雪が降る可能性があるので、
アウェーだとは思っていたが、仙台も雪が降る可能性あるし、マジ?

「来年は、残留のためにも、降格争いの直接対決では必ず2勝して勝ち点6取るぞ!」
って、勝手に宣言(笑)をしていたので、
「勝ち点6取るんだろ~?」
「楽しみだね~。」
って、初戦が山形と仙台と教えてきた直後に、彼氏から嫌味のように言われた私(笑)

いやぁ、初戦だなんて…。
しょっぱなからダービーだなんて。


この間、
「山形と仙台って、ダービーだけど、昇格争いとか降格争いの佳境での直接対決もあまり無いし、そういう時の最終戦とかも無いし、そういうの案外無いよね~?」
って、話してたばっかりだったというのに。


ワクワクで武者震いがするぜー。ふふふ。

負けたら…いや、負けた時の事は考えないでおこう。



と、言うわけで、「山形のこと」その2。


年始に両親と彼氏と4人で、蕎麦を食べに行くことに。

両親が決めたのは、村山のそば街道にある一軒。
が、まだ年始の休業中。

そんな訳で、同じそば街道にある別の店に行こう!という事で、
【田舎料理・かいもち専門店 くれない苑】へ。

料理は、
1,550円、2,100円、3,150円の3種類のおまかせコースのみ。

初めてなので、とりあえず1,550円のコースに。

お店(というより家)に上がると、奥の座敷に通される。

和室で、和風のテーブルと椅子が置かれており、これなら膝の痛い年配の方でもOKな感じ。
落ち着いて、ゆっくり食事できる雰囲気。


小鉢
くれない苑

最初に、小鉢が運ばれてくる。

白和え、数の子、酢の物、漬物など。
漬物は、ヤーコンと青菜を粕漬けにしたもの。

青菜の粕漬け、初めて食べた!
青菜漬けとは違う感じで、面白い。

ヤーコンってどうやって食べるの?って思っていたが、
こうやって漬物やきんぴらにすると良いそう。
(っていうか、日本に新しく入ってきた野菜でも、日本風の調理方法で、あたかも以前からあった野菜のようにしてしまう日本人の柔軟さはすごいなぁ 笑)

納豆汁
くれない苑1

出たー!納豆汁!(笑)

この時期ならでは、だよねぇ~。

納豆汁、大好きなので、超嬉しい!

納豆汁は、昔、付き合って始めての冬に必ず男の人に作ってあげてたりしてた。
それぞれ、生まれて初めて食べる納豆汁な訳で、それが面白くてさー。

みんな「おいしい!」って、言ってくれ、なかなか好評だったのだ。

男が喜ぶ料理とか言うとハンバーグとか肉じゃがとか言うけど、ありがちなのは詰まらないぜぃ!
って感じで、こういうどっぷり田舎っぽいものを作って出したりするの好きだったなぁ。

って訳で(納豆を食べない人が多い関西をのぞく)、
他県出身の彼氏が居る人は納豆汁とか作ってあげるのもお勧めだ!(笑)


かいもち
くれない苑2

納豆が入った小鉢に、
辛み大根の絞り汁を「納豆がひたる位まで入れてください。」との事。

で、供された、かいもち(そばがき)。

わー!生まれて初めて食べるぜぃー!かいもち!

「夏にも、仙台とかからいらっしゃいますが、やっぱり美味しいのは、寒い時期ですねー。」
との事。


かいもちとは…。
そばがきとも言うよね。

鍋の湯が煮立ったら、そば粉を入れへらでよくかき混ぜながら練る。
煮立ったら再び湯を入れて火からおろしてまた練る…みたいな感じで作るものらしい。
(くれない苑のパンフレットによる)

蕎麦とお餅の間みたいな感じ。

箸でちぎって、大根の搾り汁を入れたものか、
しろあぶら(えごま)とくるみを混ぜた物で食べる。

初めての食感!

美味しい。

父によると、そばがきは、美味しくない店もあるそうで、
こちらのはとても美味しい!との事。

そばがき、普通は値段が高いイメージ(3切れとかちょろっと出てくる感じ)だが、
ここは、リーズナブル。

大食いの私と彼氏も、
「腹いっぱい!」
を連呼する程。


おかわり自由
くれない苑3

かいもちは、こんな風に鍋ごと出されるので、
好きなだけお代わり自由。

父と母が言うには、
この鍋が入っている木でできた土台、子供の頃に家にあったから懐かしい~との事。

こういう土台に、ご飯を炊いた釜とか鍋とか入れてたんだって。




1,550円でこんなにお腹一杯なるなんて、安いね~!
かいもち、美味しいね~!
庭もあって落ち着いていいところだね~!
すっごいコストパフォーマンス度高いね~!

と、
両親は友達を今度連れてこよう!と言ってたし、みんな気に入ったお店なのだった。

お蕎麦もいいけど、趣向を変えたい時は誰かを連れて来るのにいいお店だと思う。

山形県村山市大久保甲4番地
0237-54-2420
営業:昼11:00~14:00(1,550円のコース以外予約)
夜17:00~20:00(完全予約)
火曜定休



米沢牛ジャーキー
米沢牛ジャーキー

米沢牛ジャーキー2
米沢牛ジャーキー2

実家で、お酒を飲んでいる時に出されたおつまみ。

米沢牛のジャーキーですとー?
いいよ、そんな高いのいいよ、と恐縮してしまったが、お値段は思ったよりも全然お手ごろ。

イメージよりお手ごろ値段だが、米沢牛というブランドのお陰で、
おおお!って思ってしまうジャーキー。


目上のお酒が好きな人などに、ちょっと何かを贈りたい時など、これを贈ってみようと思う。

薄くて、ジャーキー特有のガチガチに硬い感じも無いので、
手土産やちょっとした贈り物などに、とてもお勧め!

お酒飲みながら、
母「子供の頃の雑煮は、牛肉が入ってたっけ。」
私「えっ?でも、家の雑煮は鶏肉だよね?じゃー、あれは誰に教わったの?」
母「実家で作っていたのと同じだよ。」
私「…。(わけわかんないけど、めんどくさいからいいや。)」

母「子供の頃、周りでは、くじらを”いるか”って言ってて、それが入った漬け汁でそうめんとか食べてたけど、おかーさん、くじら嫌いでねー。くじら料理をした時の後片付けは油ギトギトで嫌だったなぁー。」
私「えっ?その頃、洗剤とかあったの?」
母「あったよ。”磨き粉”っていうのがあった。」

なんつー、昔の話を聞いたりしながら、噛み合うようで噛み合わない会話をしつつ(笑)、
お正月の夜は過ぎるのであった、、、。


※山形のちょっといい物や店などに出会った時は、これからも紹介していきたいなーと思う。
やっぱり、山形の発展には消費などの経済活動は必要だと思うし、面白いものはシェアしたいので。


別窓 | 山形のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
おせちとか棒鱈とかの事
2015-01-06 Tue 18:58
明けましておめでとうございます。

お陰さまで、去年、このブログを再開する事ができました。

ブログを書くことは、

1.お酒を飲みながら、
2.音楽を聴き、
3.文章を書く。


という、私の好きな事を3つ同時に出来る事。

まー、興に乗らないとやらないという生来の怠け癖が出たりして、
間が空いたりUPが遅くなったりする事もあるかと思いますが、
きながーにきらくーに読んでいただけると幸いです。


今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

そして、モンテにとっても私にとっても、
読んでくださる方にとっても、飛躍の年になりますよう。



さて。

たまには「山形の事」をUPしようかなと。

カテゴリーの「山形のこと」をご覧いただいている方もいらっしゃるようだし(意外だがちょっと嬉しかった)、
ずっと書いて無かったし。

なので天皇杯 観戦記はちょっとお休み(ゴメン)


4sとiPhone 6 Plus
iPhone


4sがそろそろダメになってきたので、年末ギリギリにiPhone 6 Plusに機種変更。
ただでさえバタバタしている年末が余計バタバタに、、、。

とっくにiPhone 6を使っている弟は、iPhone 6 Plusは「大きすぎ」なので、
iPhone 6にしたそうだが、私はポケットじゃなくバッグに入れるのでこちらを。

比べてみると、4s可愛いなぁー。
画面も小さくて、iPhone 6 Plusよりも持ちやすいが、いざさらば。


今年は、これでサッカーの写真を撮ることも多くなるかと思う。

iPhone 6 Plus使ってらっしゃる方、落としたりしてません?
今は赤いカバー付けてるが、いつか必ず落としそう。


こんにゃくオードブル
こんにゃく

年末31日に、三越のデパ地下で購入。

山形の人にはおなじみの、上山にある「丹野こんにゃく」のオードブル。

仙台の三越の地下に出店しているのだよ。

もちろん、ミートボールも、えびも(左下の)こんにゃくで出来ているよー。

お値段はこれで1900円程と、他の店のオードブルに比べお手ごろ価格で良心的。

丹野こんにゃくと言えば、昔の彼氏(関東の人)を連れて行った時に、
生えびそっくりのこんにゃくや、こんにゃくで出来たこぶ巻きとか、大ウケして喜んでくれたなぁ。

県外の人を連れて行くのおすすめ。是非どぞ。



ROSE&PLUM スパークリング
スパークリングワイン

五代庵の、ROSE&PLUM スパークリングワイン。

梅酒をスパークリングにし、南紀白浜で育てられたローズの香りがするお酒。

これは山形のものじゃないけど、
とても美味しいし見た目も綺麗なので、彼女とかの手土産にすると喜ばれるかと思うのでおすすめ!

このお酒を飲み、作ったおせちやオードブルをつまんだり。

黒豆
黒豆

今回、作った黒豆。
飾りで金箔を乗せて。

黒豆って、黒いルビーみたいで、なんて綺麗なんだろう。
が、甘いの苦手な作る本人(私)が食べないので、なかなか減らない(笑)

去年からおせちを手作りするようになって。

作ったのは、
一の重…黒豆、田作り、数の子、栗きんとん、昆布巻き、紅白かまぼこ(手綱切りにして)
二の重…えびうま煮、牛肉八幡巻き、松風焼き、なます、菊花かぶ、鮭幽庵焼き
あと、煮しめ。

去年、初めて作ってみて、材料を揃えたりするのも大変で、
作ってみたら手がかかるものばかりで、
「こんなに大変だったのーっ?」と、
おせちを手作りしてきた昔の人達や母は偉いなぁーと実感。

栗きんとん作る時に、くちなしの実で綺麗な黄色になったのに、
混ぜ込む砂糖を和三蜜糖にしたので、出来上がってみたら、茶色っぽいきんとんに(笑)
昆布巻き作るの、つるつる滑ってイライラしたり(笑)と、色々すったもんだして作ったおせち。


おせちを作った事無い方、
一度作ってみると経験値が上がる感じで楽しいですよ~!


もちろんその効果音はこれね 笑)




下2つの写真は、実家で食べた母のもの。

棒鱈煮
棒鱈

山形ではお馴染み、棒鱈煮。


にしん
にしん

鰊を煮たもの。

鰊蕎麦と言えば、京都が有名。

でも、京都は温かい蕎麦の上に乗っているのに対し、
山形では、板そばや盛り蕎麦とかと別の皿で供される事が多い。
(山形で蕎麦と言えば基本冷たい蕎麦だからかもしれんが)

骨まで食べられる位柔らかく煮てあるので、美味しいよね。

写真の母のは、今回は、そこまで煮ないで作ったとの事。
(もっと煮るときもあるとの事)


棒鱈煮と鰊は、作り方を聞いたので、この冬作ってみようと思う。

でもさー、こういうコトコト煮る料理って、石油ストーブで煮るといい感じになるんだよねー。
残念ながら、石油ストーブは無いのでガスで気長に煮るとするか。

棒鱈や鰊など、海が無い村山地方は、
昔から、こうした保存食が多いと聞いた事がある(でも、からかいは庄内の方が有名かも)


思うのだが、おせちってめんどくさいし、途中で飽きちゃったりする事もあるし。
だが、意外と郷土色もあるし(仙台の正月料理はなめた鰈とか)、
やっぱり残していきたいなぁーと思うのだ。

おせちに限らず、郷土料理や日本の伝統食とか。

母も、歳をとった。

一緒に住んでいる訳じゃ無いので、一緒に料理する機会もあまり無いが、
昔から当たり前に食べてきた郷土料理とか教わって、覚えておきたいなぁーとここ数年思う。

旅篭町の祖母の料理とか、たまに懐かしくなるのよ。
でも、作り方わからない。
それが何だか切ない。

両親は、写真を整理したり物を減らしたりして徐々に準備している。
私も、後で後悔しないように、料理を教わっておきたいなぁーと思う。



余談だが。

私、「かど」っていう魚がいるって、県外に住むようになって初めて気が付いたのよねー。
「かど」が鰊って、知らなくてさー(笑)

もー、びっくり!ですよ。

かど鰊とも言うらしいけど。
かど焼きは、新庄が有名だよね。
かどの塩焼きとか、よく子供の頃のおかずに出たなぁ(卵入ってるのが好きだった)

仙台では、鰊の塩焼きは他の魚よりも人気が無いらしく、
よく売れ残っているのを目にする。

それが、ちょっと切ない(笑)
別窓 | 山形のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
スモモ、アゲイン!(湘南戦後帰宅して)
2014-09-11 Thu 22:30
※天皇杯勝ちましたね。
これを書いている途中で(9月10日)、勝ちました。


ベスト8だ!!


J2で残っているのは、モンテ、ギラヴァンツ、ジェフの3チーム。


天皇杯って、J1とJ2のクラブの対戦では、J2のクラブを応援したりしません?


私はそうです、、、。

判官贔屓というものなのだろうか。


モンテ、ギラバンツ、ジェフの3チーム、次も勝って欲しい!

「昇格争いのためには、負けたほうがいい」なんていう人もいるけど、
そんな事、負けたときに言えばいいのだ(と思う)






、、、、という訳で、そんな感じで、湘南戦の日。


負けた悔しさ&兄弟+1で初めて試合を見た楽しさで、
色んな気持ちが交じり合い、でも和気藹々ながら実家に帰宅。


母が「だめだっけねー。」


母は、機械に強くないくせに、
テレビのワンセグは”異常に使いこなしていて”
NHKの紅白では、赤か白かの投票に参加するのはもちろん、
私が住んでいる仙台の天気を日々チェックしたり(なんのために?)
Jリーグの試合はモンテだけではなく、彼氏の好きなベガルタの試合もチェックしたりしてるのだ。
(で、ベガルタが負けると密かに喜んでいるくせに、彼氏には残念だったねーとか言う 笑)



負けて帰った私達には、母がはりきって作っていたごちそうが待っていた。

芋子煮(いもこに)。

これって、ようは、芋煮会の時のと似てるんだが、お盆になると必ず作るんだよねー。
(お宅もそう?)


ラッキーな事に、米沢牛が手ごろな値段で手に入ったというので、
米沢牛で作った芋子煮。

うーん、すき焼きでなくていいの?という感じ。

いやー、さすが米沢牛。
脂身の臭みがまったくない、上品な芋子煮。
うまいです!米沢牛うまいです!

スタジアムで、山形牛も食べたし、
普段あまり肉をくらわない私も、急に肉長者な気分(笑)




以前、このブログで書いた記事で、
このブログではめずらしく、拍手を沢山いただいた記事後日談 母とモンテとすももの話


「涙がでました」とか「うるうるきそうになりました」と、
温かいメールをくださった方も数人いらっしゃり、
母の笑い話のつもりで書いたつもりが思わぬ反響をいただいて、びっくらこいたあの日。


きっと、そういう方はモンテを心から応援している方で、
私達親子みたいなおっちょこちょい(特に母)が、
モンテの一片に触れた気がしたのを喜んでくださったのだろうと思う。

”例の”すもも、太陽
001_20140910231458c02.jpg








で、肝心のその”すもも”を食べた事が無かった私。

今回、初めて母から貰ったのでアッープ!


「モンテの選手にあげたのよりも、ずっとよくないものだけどよー。」(母)

このスモモ、祖母も祖父も亡くなって久しく経つので以前よりも味が落ちるとの事。
でも、モンテの練習場のすぐ近くなんだよ。


で、このスモモ、家に帰って食べたら、び・っ・く・り!

がぶっ!

うー・まー・いー!!(ユニゾン)

なにコレ!

これよかいいやつだったのなら、
モンテの選手にあげても、嬉しくなっちゃうようなもんである。

嬉しい。

そっか。これ、食べてくれたんなら、嬉しい。


そして、山形の事、忘れないでくれ、その時のモンテの戦士達よ。
(いろーんな人が、尾花沢スイカとか、色々選手に差し入れしたりしてたよね。あのみんなの気持ちとかね。)



スモモ、、、。

私の小さい頃は、こんなんじゃなかった。

もっと、すっぱくて(赤いやつでもね)。

おまけに、うちの家族は大の”すっぱ好き”、赤いスモモじゃなくて、青々とした緑のすっぱいスモモばっか。
(青梅漬けとか作って、ガリガリ食べるくらいに)



思えば、私達の子供の頃は、
果物も野菜も今よりは糖度が少なく青っぽい味のものが多かった。(ねー?)


そんな私達の味覚の思い出を、簡単に崩壊する味のこのスモモ!!


んで、これが母の手によって、モンテの選手が食べてくれたんだったらやっぱり嬉しいし、
山形のフルーツの美味しさがちょっとでも心に残ってくれたらなーと思う。


このスモモ、きっと、そのうち食べられなくなるんだろう。
祖母も祖父も亡くなって、畑をする人が居なくなったわけで。

祖父は、新し物好きな人で、コンバイン(?)っていうのかな?機械もいち早く取り入れたり、
運転免許も、近所の人の中で一番早くとったりと、頭の柔らかい人だったらしい。
きっと、生きていたら、畑仕事の傍ら、モンテの練習を眺めたりしたのかもしれないなーと思う。

でも、寂しくは無い。
こうして、モンテの事を書く時に思い出せるんだもの。

ガキの頃には、わからなかった感覚だ。

子供の頃、母方の両親の天童に行くより、
父方の両親の山形市の旅篭町に行くことの方が好きだった。
(畑よりも街の方が好きっていうか、、、)

でも、その両方があるから、母方の両親の畑のすぐ近くにあるNDスタや練習場を身近に感じ、
父方の両親の家のそばの、山形駅前、七日町商店街のモンテの旗を見ると嬉しくなる。

モンテは、山形県、全体のモンテなんだよなーって思うのだ。



来年もこのスモモ、食べられるといいなぁ。

(試合の話だと思った人、ごめん。)
別窓 | 山形のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セレッソ大阪戦の前に寄り道 【っていうか天皇杯ぶらぼー!】
2010-11-17 Wed 22:25
「セレッソ大阪戦の前に、大石田に蕎麦食べに行ってみねぇ?」
と、弟に誘われた。

昔は、上の弟と2人きりでどこかに行くなんて事無かった。

一緒にサッカーに行くようになり、
弟も私と2人で出かけることに慣れたのかも…(しみじみ)


大石田 美登利
大石田

大石田駅で蕎麦屋パンフを貰い、
その中からチョイス。

鴨せいろ
大石田

お店お勧めの、かもせいろそば 、
1,050円ナリ。

せいろが2段になっているので、
お腹も満足。

鴨の漬け汁と、通常のつけ汁の2つが付いている。

鴨漬け汁の方は温かいので、
蕎麦のこしを楽しみたいなら、
冷たい付け汁の方がおすすめかな。

味は、普通に美味しかったって感じでしたん。


最上川千本団子
大石田

ここ、4回目位の訪問なのだが、
行列が出来ていたのは初めて。


大沼デパートのフェアで1,000本の販売を達成した記念に、
「大石田だんご」という名前を
「最上川千本だんご」と改名したそう。

原料のお米は、「あきたこまち」。

店内商品
大石田

豆腐とかの他に「青森納豆」(何故か青森…)なども…。

「えご」、久々に見た~!!

「えご」子供の頃、食べたっきりだ…。
からし醤油で食べた記憶。


えご、知っている人いますよね?
でもって、食べた事ある人も多いよね?

(山形の知人は「えご」知らない人ばっかなので不安だったり)


「ずんだん」と「くるみ」
大石田

しょうゆ、ずんだん、ごま、あんこ、くるみの中から、
「ずんだん」と「くるみ」をチョイス。

1本90円から100円と、とても安いので、
20本とか30本買っていく人も…。

固くなってしまうので、当日しか食べられないとの事。
持ち帰る際はご注意を。

ひろしの餃子
セレッソ大阪戦

弟が、評判を聞いて一度は食べてみたいということで、
「ひろしの餃子」お持ち帰り。

30個入り1,000円。

大石田の日帰り温泉
「あったまりランド深堀」でも売っていたよ。

早速作ってみたが、
カリッと薄めの皮で、んまかった!


…と、言うわけで見もお腹も満足して、
NDスタに向かった私達。


「スタへ行く前にちょっとお出かけ」っていうのも
楽しいものだねー。



と、ここまで書いて、天皇杯 延長 同点…。

PK……。ゴクリ…。

………。

!!

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

PK5-4で勝ち!


もうね、鼻血ブーッな感じ、ですよ。


伊東 俊君、スタメンおめ!!
山田選手、太田選手もスタメン!


彼らは、フレッシュでまるで”若鮎のよう”だったかも…
なんて想像して嬉しくなってしまう。


いやぁ、ほんとこの勝利は嬉しい。

明るい気分になった。ありがとー。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 山形のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ | NEXT

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。