スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
天皇杯 決勝出場・J1昇格 記念!
2014-12-09 Tue 01:20
ここをご覧になっていただいている方はご承知だと思いますが、
天皇杯準決勝で大阪に行った際に、色々お土産を買った訳ですが。


このブログにいつも来ていただいている方にお土産を買ったのでこの場を借りて。


震災後、何だか色んな事に興味が持てなくなって、
今年までブログをほったらかしにしてて。


ほんと、あの間、有り難いコメントをいただいた。

あの時、すぐにレスポンス出来なかった私の不甲斐なさを今更ながら感じました。
そして、受け取ったものを返せていない申し訳なさを今更ながら感じていて。
この場をお借りして改めてお詫びします。ごめんなさい。

沢山の温かいコメント、有難う。


サッカーの事で、山形だけでなく色んな所の方と交流が持てるなんて思いもよらない事だった。


「No Soccer,No Life.」
という言葉があるが。

私は、サッカーが無くても生きていける。
(つい何年か前はそうだったし)

でも、今はそれが無かったら寂しいと思う。
”ハートに風穴”が空いたまま生活の人生だと思う。




好き勝手な事を”初心者”という事を言い訳に、
好き勝手に思った事をそのままに書いた、
つたなくて、サッカーに詳しい人なら笑止!なブログな事は自覚してる。


サッカーの試合以外の事も(ってか、むしろそっちの方が多かったり)多いこのブログ。


始めは、初心者の時はほんの数年だから、
その短い間だけの事を書きたかった。

でも、こうしてみると初心者の頃と、
考えることや感じる事、感動はそう変わっていない(不思議だ)。


申し訳ないけど、何年経っても進歩せず同じような事を書いてる訳で。



そして私は、モンテが好きだ。

だが、私はモンテの事だけじゃなく、
”負けた側の痛み”や共感できる他のクラブやサポにも興味があり、気にかかるのよ。


そして、サッカーの魅力は、
”勝った側と負けた側の明暗”があるからこそだと思っている。


そんな試合に関係ない事ばっかなので、
このブログはその辺の事を大きな心で受け止めていただける人しか
”付き合いきれねぇ”ブログなんだという自覚はある(スンマセン)


私よりもずっとサッカーに詳しくて、明晰にゲームの事を書いている方は沢山いらっしゃる訳で。


だから、
①長文に耐え
②内輪ネタに耐え、
③”観戦記という名の「B級グルメ探訪記」”(笑)
…に耐え、

それでもなお、このブログに来ていただく方に、感謝の意を感じる訳です。

ありがとう!


そして。
出来る事なら、この先も「生活の中にJリーグがある事、身近なクラブがある事」
って事を書いて行けたらなぁーなんて事を思う。



と、言うわけで、長居に向かう(大阪と山形の共通点って)の時に買った物をプレゼントさせていただこうと。



えーと。
Baton d’or(バトンドール)とか言う、グリコのプリッツ。
(フランス語で黄金のスティックの事だそーな)
最盛期には2時間並ぶ人もいたそーで。

”バロンドール”(こっちはサッカーの黄金の球だけど)と間違えそうな名前のお菓子だな(笑)



阪急梅田で、すごい行列に並んで購入したもの。

夕方5時代に売れきれとなったので、それなりに手に入りにくいものかと。


1箱500円のポッキーなんて、どういう事かわからんが、
1人で10箱とか20箱分とか買う人(5000円分とか1万円分とか)いて、
大阪はお金持ちが多いなぁーと。


私の番になったら、もう品数が少なかったので、
万人に食べやすそうなものを選ばせていただいた。

お味は、Sugar Butter。


と、言うわけで、こちら1箱をプレゼントさせて頂きたいと思います。

”荒らし”や、発送先不明で戻ってきたりするのを避けるため、
今までコメントを下さった方のみにさせていただきたいと思います。


今までコメントを下さった方、拍手にコメントを下さった方、
遠慮なくドシドシ応募していただけると嬉しいです!


鍵コメOKです!
もちろん、他サポでもOKです!




ほんと、応募お願いします!

(無い場合は、私が食う!笑)

鍵コメだけでなく拍手の鍵コメでもOK!
(鍵コメだとアドレスも他の方に見えないので)
アドレスをいただければと思います。


発送しなければならないので、住所と名前をご連絡いただけます方。

どうぞ、大したものでは無いし、ご負担になるものではないので、
気楽にご応募いただければ幸いです!


※応募者が2人以上になりましたら、抽選となりますのでご了承くださいませ。





プリッツ


書くにあたってのクレジットは折りたたみ
  • 天皇杯 決勝出場・J1昇格 記念!の続きを読む
  • スポンサーサイト
    別窓 | その他 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    長居に向かう (大阪と山形の共通点って)
    2014-11-30 Sun 02:23
    地下鉄で阪急梅田本店へ。

    降りて、よくわかんなくてうろうろしてたら、
    ”昼っから酒飲んでそーにみえるおっちゃん”が、

    「どこ行こうとしているん?」って。

    私「阪急です」。

    おっちゃん「阪急か。あそこに矢印見えるやろ?」

    私「えっ?(あの、地下道、色んな表示の矢印だらけなんだけどーっ!)」

    おっちゃん「あそこに阪急の矢印見えるやろ?」

    私「(どの矢印の事かさっぱりわからんが、指差した方にいけばいいOKだろう。わからないと言えないこの東北人気質 笑)助かりました!有難うございます!」

    おっちゃんの指差す方に行ったらあった、そこに。

    嬉しかったなぁ。おっちゃんの親切。



    山形と大阪の共通点言葉がなまっていること(笑)

    …位しか思いつかなかった、心理的に遠い大阪。


    大阪のイメージは、昔、大阪支社に行った時に伊丹付近で食事した時、
    ドブ板のにおいがしたので、そのイメージ。

    あと、声が大きいイメージ。

    仙台の地下鉄で、大声でしゃべっているサラリーマンって、
    決まって”大阪弁”なんだもん。


    でもさ、大阪の電車や地下鉄内はとても静かだった!

    そっか。地方都市に行くと、大阪のリーマンは大阪アピールしたくなっちゃうのね(笑)
    山形弁で言うと「あがすけつかしちゃう」感じなのね。


    でも、大阪の人って、コミュニケーション力高いんですよ。

    電車で、ちょっと席詰めただけでおばちゃんに、
    「どうも、ありがとう!」って、しっかり言われるし。

    大きな荷物持っているおばちゃんに席譲ったら、
    「次降りるから。でも、どうもありがとう!」って、そのどうもありがとうが、
    独特のイントネーションで、言われてとても気持ちがいいのよ。

    我が物顔で、ベビーカーで突撃してくるママもいなかったし。

    挨拶とか、お礼とか、謝るとか、その場その場ですぐ言って解決してく感じ。

    その事彼氏に言ったら、
    「大阪の人達、そういうところはほんとちゃんとしてるよ。」
    って。

    やー、ほんと、感心したし、目から鱗だし、
    先入観とかダメだなぁーとか、思った。



    と、言うわけで、阪急うめだ店で購入したもの。

    (阪急うめだ店って、化粧品好きな人なら全国どこの人も名前は知っていると思う。東の伊勢丹新宿店(昔は西武新宿も)、西の阪急うめだ店ってイメージ、女子的には。)




    はらドーナッツ
    はらドーナツ

    ホワイトチョコバージョン。
    他に、はらドーナッツ、サトウキビも購入。

    お土産にしたけど、甘いもの食べられない私も食べられる軽ーいドーナッツ。

    堂島ロール
    堂島ロール


    メジャーすぎるかも知れないが、定番ということで彼氏へのお土産。
    フルーツとプレーンをそれぞれ一本ずつ。

    スポンジもクリームも、やっぱり一味違う感じ。
    とっても好評。

    551蓬莱の豚まん

    551

    これは、私用(笑)

    蒸籠で蒸かして、からしつけて食べるとさいこーです。

    中華街の肉まんはもっと色んな具が入っているが、こっちは、シューマイっぽい中身。
    で、皮がほんのり甘くて、しかも油が練りこまれているのかこってり。


    水なす
    水ナス

    大阪のお漬物、水なす。
    右はぬかに漬けた状態のもの。

    以前、東京で買おうと思ったら、その値段に仰天して買わなかった水なす。
    なすの皮が柔らかくてとても美味しいのだ。

    それよか安かったので、母へのお土産。
    (渡したら、水なすの事、母も知っててとても喜んでた)

    他にも友達とかに買ったり。

    だし巻き卵焼き弁当

    双樹

    (しば漬けがあっちこっちに飛んでますなw)

    玉子料理 双樹のだし巻き卵焼き弁当。

    卵焼きの存在感すごいよね(笑)

    実家で作る卵焼きは、京都風の甘くない卵焼き。
    なので、関西の甘くない出し巻き卵が好き。

    そんな感じで、買い物終了。

    御堂筋線で、いよいよ長居に向かう。


    御堂筋線の車内。帰宅ラッシュ。

    仕事を終えて、家路に向かう人たちでいっぱいの車内は、あまりに日常だった。

    長居に向かうっぽい人の姿も見当たらない。

    帰宅する人たちの中に混じって、
    これから試合に、戦いに向かう、日常の中の非日常感。
    不思議な感じだった。


    天皇杯の準決勝。

    モンテにとっては、まっすぐな道じゃなかった。
    曲がりくねった道だったけど、たどり着いた。

    だんだん喉が渇いてくる。
    緊張してくる。

    弛緩した雰囲気の帰宅ラッシュのすし詰めの車内で、独り武者震いしてた。





    ◆書くにあたってのクレジット◆

    ■曲

    ・the ピーズ 「シニタイヤツハシネ」
    ・the ピーズ 「生きのばし」
    ・Jimi Hendrix 「Let Me Go」
    ・Nirvana 「Breed」

    ■酒

    ごうじょっぱり

    弟からのプレゼント。
    山形の六歌仙の焼酎。
    私は、スピリッツ系大好きなんであるが、焼酎は嫌い。
    でも、これは、ひとくち飲んで美味しいと感じた。香りがよく丸みがある味。
    一本完飲。
    別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    忘れられない夜
    2014-11-27 Thu 06:15
    これから仙台に帰ります。

    昨日のあの感動を、このブログを読んでくれてる皆さんと分かち合いたい気持ちでいっぱいです。

    体調ガタガタなので、申し訳有りませんがエントリのアップまで、お待ちくださいませ。


    天皇杯



    大阪の夜が、そして忘れられない夜が、開けようとしています。

    空
    別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    第42節 最終戦 前フリの前フリ
    2014-11-23 Sun 11:50
    現在、23日(日) 22:45。

    今日で、J2全ての「リーグ戦」が終わったねー。


    J2の全てのクラブの選手達、全ての関係者、そして全てのサポーター達。

    お疲れ様でした。


    喜んだり、笑顔になったり、悲しんだり、怒ったり、色々あったはず。

    今この瞬間さえ、人それぞれ、クラブそれぞれ、選手それぞれ、抱えている感情は違うことでしょう。


    最終戦は大団円、グランドフィナーレそれが、どんな結果だったしても。


    一年、サッカーを楽しめて、
    (例えそれが、苦しみの方が多いように感じるクラブのサポーター達だって、やはり後から振り返るといい思い出だったりするのかもしれないと思うのだ)
    兎にも角にも、それなりに生きていられて(こんな世の中だもん、ここ大事!)。

    それって、充実した一年だった!って言い切っていいと思うんだよね!
    (仕事とかプライベートとかあれやこれやあったって、さ)

    だから、そんな色んなサポーター達、お疲れ様!
    また、来年、Jリーグを楽しみましょう!(プレイオフはこれからだけどもね!)

    (今年は殆ど試合には行けていない私にさえ、何かそんな事を思わせてくれるのが最終戦の夜なんである)


    飲みましょう!

    (J2?ぷっ。とか笑ったやつ!J2って、面白いんだよ。ほんと、エキサイティングなんだよ!へへへ。嘘だと思うなら、J2におっこって来てみな!J2の怖さってあんだぞ。こえええええんだぞー。ふふふ)

    山法師
    山法師

    これ、弟からプレゼントされたお酒。

    「山法師 純米吟醸」

    山形の六歌仙酒造のお酒らしい。

    これ、飲みながらつらつらと。

    私、純米酒好きなんだよねー。しかもこれは、純米吟醸。
    うまいに決まってらー。

    おすすめー。

    で、今気が付いたが、モンテブルーっぽくない?瓶がさ。



    いつだったかな?
    弟(その1の方)から、「ねーちゃん、最終戦観にこねの?」と聞かれた。

    「あー、無理だねー。」

    「んだか.....。」

    っていうような会話があった。

    色んなこと含めて、ちょっと色々行くのきついかなー、って感じだったんだが、
    なんかその「んだか....。」ってがっかりした感じのニュアンスが、
    ちょっとだけ、ほんの一ミリ、私の心に見えないくらい小さい引っかき傷を作った。


    で、昨日。

    ここ読んでいただいている方は、皆さんご存知の、彼氏@J2発足時からのベガルタサポが、
    ホームでのセレッソとの降格争い(あらあら、、、ふふふ)に行っていた間、
    弟1号とLINEでJ1実況的やり取りをしてたりしたのである。


    セレッソの試合観た時、あまりにアレなんで驚いたのよ。


    だから、セレッソもベガルタも清水も大宮もほぼ団子なのに、
    まー、仙台も結構アレだが、仙台が勝つだろうなぁーと思ってた。

    で、私は大宮と柏の試合を観ていたわけ。

    パソコンで、ピコーンサイトをつけたまま。

    セレッソとかベガルタが降格しても、「いつもと同じ顔ぶれ」な感じなんで(ごめんなさい!)、
    清水希望!とかいう感じで(いや、ほんっとごめん!)、
    大宮を気持ち的に応援してたわけ。

    でも、「そうはいっても、太田、きっと、点入れるんだろーな。」と思いつつ、、、。

    したら、やっぱ、そうなった。太田、、、。すごいぞ。
    (太田の事は、シーズン終了に万感の思いをこめて色々書きたいので、ここでは割愛)


    ベガルタ2点先取(あー、やっぱそーだよなー。当然、当然。)

    38分 2-1 (まー、相手も必死だから、このくらいはくらいついてくるだろーよ)

    72分 2-2 (やっぱ、この時期の試合はエキサイティングだよなぁ。でも、悪くて引き分け、結局ベガルタ勝つでしょ)

    88分 3-2 (ほらね)


    大宮の試合が終わり、あちゃー、、、と思って、なんの気なしに、ピコーンをふとみたら!

    3-3 で終わってた、、、のを見た瞬間、コーヒー吹きそうになったわ!

    ブフッーって!


    ベガルタ、何がしたいんだ、、、。



    帰宅した彼氏にしれっと、私。
    「今日の試合どうだったの?」

    開口一番、
    「っんもー!嫌んなったっ!」

    あまりに、期待どおりそのものの悲痛な叫び
    (でも、彼氏の顔的にかえってなんかむしろ喜劇)

    堪えていた笑いが噴出してしまった私。

    ああ、神様、
    こんな意地悪な私をどうかお許しください、悪気はないんです

    (いやあるか 笑)

    でもねー、仙台は残留すると思う。



    して、弟1号はスカパーでベガルタの試合を観ていたらしい

    LINE

    いや、うさっていうか、彼氏、最終戦まで楽しめる感じで、
    楽しそうよ?

    「こんな感じじゃ、徳島戦、引き分けとかかも、、、、。これは、最終戦までもつれこむぞ!」
    @彼氏 だって。



    んで、モンテの最終戦の話。いったんは、「最終戦?やー、無理だなぁ。」
    って、断った私。


    彼氏のJ1の試合中、そして、弟とLINEでやりとりしているうちに、
    行きたいなーってなんかムズムズ。

    でも、私の日程的にきついなー。どーしよーかなー。

    を、20回位リピートした挙句、送ったのが「明日の試合いこうかな」なんである。

    気持ち的には、「い、い、い、行こうか、、、な?  ね、どう?(背中押して)」なんである。


    そっか、だよね?だよね?
    大一番だもんね!って感じで、背中押されて、コンビニへ。

    ロッピーで、サッカーのチケット買うの久々すぎて、モタモタしてしまったぜぃ!

    J1昇格の年、レッズ戦のチケットを購入するときの、
    争奪戦の時の私の画面操作の速さを考えれば(攻殻機動隊に出てくる9課のオペレータロボットほどではないけどさ)、
    浦島太郎な私に愕然(笑)(あの時はファミマだったが)


    LINE

    チケット購入後


    えっ?やったー?

    そっか、嬉しいのか、もしや。

    弟って存在、不思議だ。

    私、子供の頃、横暴だったのに。


    私が、昔のとある彼氏@次男 に、
    笑い話のつもりで、「弟にさー、子供の頃にさー、スープレックスとかかけててさー。」とか言ったら、
    結構本気で「これだから、第一子はよー!」とかその彼氏に、言われてびっくりした事がある。
    (まーでも、スープレックスは失敗したりして、私も目から花火が出るくらいに後頭部打ったりしてやらなくなった)

    子供の頃の体格差は、圧倒的な力関係を生むのに、それをわかっていなくて、ギャグですむと思っている。」って。

    あー、確かに。


    ほんとそうだ。




    だったら、こうやって、年に数回、数時間スタジアムで楽しい時を過ごせるんだったら、
    そうできるうちにしておこう。
    そのうち、弟も嫁さんがどーとか子供がどーとか、そういうことも出来なくなる日が来るかもしれんから。


    弟の会社の人も結構、スタジアムに来たりしているらしいが、
    サッカーの試合の時、上下関係ある人と隣とか気を使いながら観るのもねー、って感じなんだろう。


    そんな感じで、久々に山形に向かう。

    昇格争いの時のように、緊張はしなかった。
    ただただ、ワクワクした。


    結論から言うと、やっぱ行って良かったよ。
    何だか、思いがけない経験もあったりして。

    負けたけど。

    やっぱ、行って後悔する試合って無いよなー。

    「どんな試合でも(例えていうなら、血反吐を吐いたような気分になるような試合、もやもやが次の日まで残るような試合であっても)、行って後悔する試合って無い」ってのが、
    (わかっていない感じの若輩者の私だが)経験から言って一番自身を持って言える言葉なんである。


    今回、私がもし家でスカパーのザッピングなり、モンテの試合なりを観ていたら、
    そわそわ、ヒリヒリして、落ち着かなくて苦しかったであろう。

    スタジアムにいたからこそ、落ち着けていた気がする。

    って訳で、続くよー!

    あー、あとね、LINEの私の文字にイラストとかスタンプが無いのは、
    昔、使ったら、弟2号(AKB好き、ロンブーの淳が坊主になった感じのやつ)に、
    「ねーちゃんに(イラストとか)似あわねー。」って、言われたのがトラウマになったのが原因ですぅー(笑)
    別窓 | その他 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    気にかけてくれる人
    2014-09-06 Sat 00:21
    いやぁ、ブログを書くのがあまりに久しぶりすぎて、
    パスワード入力に失敗し続け、
    FC2に不正アクセスと勘違いされそうになりました、ご無沙汰してますノヴァこと私です。




    中村俊輔選手には今でも、シーズン始めだったかに
    セルティックから中村俊輔の名前入りのユニが届くそうだ。


    セルティックが出したオファーは中村俊輔選手に断られた訳だけど、
    セルティックはまだ諦めていないようだ。

    引退する年のたった半年でもいい、中村俊輔選手に引退の花道をセルティックで、、、ということらしい。


    いやー、もー、これは恋に近いのではないのであろうか?
    こんなに思われて、選手冥利に尽きるよなぁ。



    まー、これは、中村俊輔選手という素晴らしいアスリートだからの話である。



    私たち一般ピーポーは、セルティックのような大きいクラブからのラブコールでなく(まーもちろんね)、
    身近な人、数人だけ、、、でいいのだ。


    たった数人、
    「あの人元気かなぁ~」「どうしてるかな?」
    などと、たまに思い出してくれる人がいるだけで、
    人って、生きていけるという事があるのではないかと思う。



    ブログをほったらかしにしていた間、温かいコメントをくださった方々、有難う。


    見知らぬあなたたち。
    でも、だからこそ余計胸に沁みるのでした。



    と、言う訳で、行ってきましたよ!湘南戦!


    東京に住んでる下の弟が29日にお盆休みを取って山形に帰郷。

    上の弟から、
    「弟と姉ちゃん達とみんなで湘南戦いがね?」と電話。

    「でも、○○(下の弟)モンテに全く興味無いから、嫌だっていうかもしんないけど、、、。」
    と、弟。

    そんなの関係ない。


    私達がいくべと行ったら、下の弟は行くしかないんである(笑)
    どんなに大人になっても、兄弟間の力関係は変わらないのだ。
    (でも、その分私達は下の弟には何歳になってもおごっちゃうのよね、すべて)

    以前、【サッカーやってた人は、何故かJリーグに興味が無い、、、人が結構多い】
    をテーマにブログを書いた時は、結構同意してくださる人がいらっしゃった。

    弟もその1人。

    足が速かったのもあったからか(何だか学年で1番だったらしい)、ウインガー。

    でも運動神経が下手に良かったからか
    野球、水泳、サッカー、長距離とか色んなスポーツをやりすぎて(子供の頃は体操もやってた)、
    サッカー1つに絞らなかった事をすごく後悔したって。
    その挫折感が今でも残っていて、死ぬほど悔やんでいるって前に飲んだ時言ってた。


    だから、余計Jリーグに興味ないのかなー?などと思うのだが、
    元ジェフの巻選手は確か、高校からサッカー始めたんじゃなかったっけ?


    世に出る人はやっぱり出るのだと思う。


    でも、そんな事、弟には言えない。
    今更言ってもしょうがないし、誰よりも自分が一番わかっているからだ。



    そして、帰って来ない過去を悔やむ事はとても苦しい事を私も体験して知ってしまったからだ。




    弟はどっち付かずで、折角の運動神経を無駄にしたとも言えるが、
    今でも同じように、東京でどっち付かずな感じの生活を送っている、、、。



    母が言うには、下の弟は東京に帰る時、すごく寂しそうな感じらしい。



    せめて、私達は、弟の事を気にかけてる、と伝わるように
    たまに、弟に連絡するだけだ。


    元モンテの選手とかでも、
    「どうしてるかなー?」と、いつまでも気にかかる選手っているよね。


    31日、お昼に山形に着いたら、既に両親や弟は下の弟を連れて、
    銀山に遊びに行って帰ってきたところだった。


    銀山をそぞろ歩いたらしいが、
    銀山といえば、モンテ名物【対戦相手を食っちゃおう カレーパン】を発売しているカレーパンやさん。


    帰りに、尾花沢で蕎麦を食べたら、
    蕎麦屋の駐車場に湘南ナンバーの車が停まっていたらしい。


    「尾花沢で蕎麦ってことは、きっと、前泊して銀山温泉に泊まったんじゃない?」

    って事で、”それ、絶対湘南サポーターだよ!”って事で意見が一致。



    いやぁ、銀山温泉に泊まって試合前に蕎麦
    ナイスです、センスよし。



    そういや、私達が山形道を山形に向けてひた走っているときに、
    湘南のステッカーを3つ位つけた、黒いワゴン車に抜かされる。


    すぐ湘南サポだってわかった。
    結構なスピード。
    今までに山形に来たことがある湘南サポって感じ。


    湘南から山形って、遠いよ。
    渋滞もあるし。横浜から来るのとは違う。


    「あれ、朝6時位に出たんだろうねー。」

    とかいいながら前の湘南サポの車を見ると、
    ブッ飛ばして追い抜いていく湘南サポの車に、

    ダントツ首位のワクワクっていうか、いくぜーっ!

    っていうような期待感で羽が生えているように見えた。




    試合前にちょっとお出かけ


    ◆白鷹の田んぼアート(おかいこ姫)
    __ 1

    小野川の田んぼアートが有名らしいが、試合前に行くには遠いので白鷹へ。

    普段、汚れた空気を吸っている私達と下の弟は、
    キレイな空気に自然に深ー呼ー吸!

    その位、のどか。


    山形市から白鷹、案外近い。おすすめ。
    でも、行くなら稲刈りの前に(当たり前か)


    近くに行ってみると、白っぽい稲や黒っぽい稲などで絵が巧みに出来ているのがわかって面白い。



    右は、彼氏ね(見苦しい者が写っててすまん)


    という事で、いつもながら長い。長くてすまん。

    ちゃんと(?)次回は湘南戦の事を。
    別窓 | その他 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
    | SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ | NEXT

    お気に入りに登録

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。