スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ナビスコカップ 千葉戦観戦記 【試合前】
2009-05-31 Sun 22:46
雨の仙台からGO!
山形に行ったら降っていなかった~!

って安心したとこでまずは、某蕎麦屋腹ごしらえ!
したらば、隣に千葉サポらしき方達のグループが…。

温かい蕎麦を食べている人も居たけど、
山形で蕎麦を食べる時は、やっぱり「ざる」とか「盛り」とか、
「肉蕎麦」とか冷たい蕎麦の方がお勧めだなぁー、やっぱし。
やっぱ、その方が蕎麦のコシを感じられるし…。
(鶏中華とかそういうのは別として)
まぁ、こんな事、大きなお世話…ではあるが。


その中の数人があまり箸が進んでいない感じで、
美味しくなさそうな感じで食べていたのが残念……でした。
(肉蕎麦食べてた)

やっぱ、食べなれないとアレな感じなのかしら?

やっぱ、折角来てもらったんだから、
美味しいと満足していい思い出を作って欲しいなぁ…
なんて思いましたデス。

泊りがけでいらっしゃった千葉の人達は観光にも行ったりするんだろうから
雨が降らなくて良かった。


NDスタに着いたのは、2時間前。
余裕で、「炎のカリーパン」もゲット。

鯖入りカリーパン
ナビ千葉戦

これは、銚子とかそういう流れの具?

「えええ!」
と、ちょびっとたまげたけど、
食べたら、臭みとか感じず美味かったぞ!

鯖は切り身が入っていたので、しっかり鯖の味がしたけど
美味しい。
んー、これは不思議な感じの美味しさ。

写真の下に写っているのは、私の指(笑)
すみません…。
気にしないでいただけると幸い。

今回、デジカメを忘れて行ったので、携帯で撮ったんだが…。

ピーナツバタークリーム
ナビ千葉戦

んもう、また私の指が写ってる…スマソ。

これは、ピーナッツのツブツブ感がちょっとあって、
ほのかに甘い。
辛いカレーの中に甘い具が入っているので、
摩訶不思議な感じ。

これはこれで悪くないけど、鯖の方が美味しかったよん。

なんか久々に食べたな、カリーパン。
キックオフ1時間半前に行っても買えなかったりした時が続いたので、
今回はそんだけ入場が少なかった…という事でもアル。



カリーパン屋さんのお店に張ってあった張り紙
ナビ千葉戦

ピンチだそーです!


アイデアがある方は、張り紙のアドレスにドゾー!

柏かあ…。
柏のすぐ近くの野田って、醤油で超有名なんだよね(ある事情で行ったことある)
(キッコーマンの工場あったりするし)
でもなぁー、醤油とカレーのコラボって難しそうだしなぁー。


千葉の方、アイデアがあったら、
是非ともお願いいたしまする!プリーズ!




村山市のブースで買った焼き団子
ナビスコ 千葉戦


同行者が買った団子。

今回は、入り口近くに村山市のブースが出来ていて、
ダチョウのジャーキー、蕎麦団子、その他モロモロの他に、
東沢バラ園の告知なんかもあったり。

東沢バラ園って初めて知ったなぁー。


ああいうブースがあるのは、いいと思った。

モンテディオって、Jでたったひとつの社団法人。
これはある意味、苦し紛れの措置だったらしいが、
親会社が無くて苦労してきた部分も多いだろうと思う。
(そしてそれは今も続いているわけだが)


でも、その社団法人という形態だから出来ることが、
こういう「地元とのつながり」だと思う。


これからもどんどんと色んな市町村でモンテディオを
「利用して」欲しいと思う。
そういう意識がJ2の時は、あんまり感じられなかったし…。


「モンテディオという価値」に気がついて、
利用して、どんどんブースを出したりしてアピールして
活性化してくれるといいよね。

そういった意味でも、
モンテディオは社団法人と言う特殊な形態のクラブが成功するかどうかの
モデルになるわけだし。

モンテディオは山形の為に…。
山形はモンテディオの為に…。






にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
試合の後の胸の痛み
2009-05-29 Fri 01:08
スポーツ21からやたらめったらメールが届くと思ったら、
モンテの選手の怪我のお知らせばっか…。
その数、5人…。

うわわあああ!

このリーグ中断期間でどうにか治って欲しいもんですね…。


今回は「痛み」について。
(っつっても、恋の痛み…とか乙女チックな話しじゃないんですのよ)


私達は、何故自分の事でも無いのにサッカーで「痛み」を感じるんだろう?
(怪我の事とかだけじゃなく)


これがずーっと不思議だった。


自分がしていたスポーツは今となってはそれほど関心がなくなってしまったしけど
基本的にスポーツ観戦が好きだった。
ラグビーとか野球とか、その他もろもろ…。

そんな私でも、サッカーはちょっと違った。


例えば野球。
年に100試合以上ある。
昇格も無い。もちろん降格が無い。

スポーツはそれぞれ背景が違うので、
比べるのは愚かだと知りつつあえて言うと…。
やっぱり、昇格&降格があるって事は大きいし、
J1で言うと、たかだか(というのもアレだが)30数試合で全てが決まってしまう。


その分、「痛み」を感じる部分が多い。


私達は、好きなクラブが勝つのを観に行っている。

だけども、やっぱり勝つ時だけじゃ無い。

その"たった1試合の負け"が
これ程まで「痛み」をともなうスポーツを他には知らない。


負けた時のあの帰り道でのがっかり感&消耗感。
「この消耗感はなんだ?」
最初の頃、自分でも不思議だった。


例え自分が好きなクラブが負けようと勝とうと、
自分の生活に何か影響を及ぼすわけじゃない。
だけども、負けると胸が痛む。

この痛みはなんだ?

本当に不思議だった。


何故、私達はこんなに喜んだり、
悲しんだり、胸を痛めたりするんだろう?


この「痛み」の部分が、
他のスポーツと決定的に違う気がする。


リーグ戦どの試合も大切だけど。
リーグ最終戦。入れ替え戦(今年からはなくなったけど)。
あの時に起こるドラマとサポーターの思い。


モチロン、負けて一番辛いのは選手達だろう。
あと、監督とかスタッフ。

だけども、他のスポーツでは「観客」と言われる「サポーター」も
同じような痛みを感じるような気がするスポーツがサッカー。
選手の辛さとか大変さを本当にはわかるはずもないのだけど…。

サッカーがあまり好きではなかった頃、
「選手とともに戦う」という言葉は、全然ピンとこなかった。
あまりに使い古されている言葉なような気がした。
「ともに戦うったって、一緒に戦うわけじゃないじゃん。」
って思っていた。


だけども、ともに戦うっていうのは、
ただ応援するってだけじゃないんだなぁ…と思うようになった。
選手達やクラブと同じ痛みを共有するって事なのかもなぁ…と。


私達が払っているチケット代には、
勝利の喜びだけでは無く、
負けて悔しい、負けて悲しい、負けて心が痛む、負けて焦る…エトセトラエトセトラ…
も入っているのかも知れない。


選手だけじゃなく、
私達もその苦痛や痛みを乗り越えなくてはいけない。


その小さい乗り越えがあるからこそ、
次の試合を観にいけるんだよね。


例えば、全勝する位のクラブ(そんなんありえないけど)
そんなクラブのサポーターは本当の楽しさを知らないのかもしれないなんてまで思う。

ドアや家具に足の小指をぶつけて、
足の小指の存在に気が付いたりするのと同じで、
喜びだけじゃ無く、悔しさや痛みを感じて初めて
わかる事ってあるんだなぁーと。

これは私がMとかそういう話なわけじゃないです。
まぁ、そうかもしれんが(笑)

だって、最近、負けてひとしきり、ガックリ…した後、
「こんなの昇格する時に覚悟の上じゃい!どんとこい!」
とか思っちゃうのだもの。


本当言うと、負けるのは嫌だ。
嫌だし、悔しいし。


んでも、負けようが勝とうがスタジアムには行く!
強いからとか弱いから…とか、そういうんじゃないんだなぁと思う。



何かものすっごーい抽象的な話しになっちゃった…。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
満開の桜の中、ランニングする選手達
2009-05-23 Sat 01:16
皆さん、Numberの最新号、お読みになりました?

もし読んでいないなら、本屋へGO!
で、立ち読みとかじゃなく、レジへGO!



(……いや、私、別に文芸春秋社のまわしモンとかじゃ無いんだけどサ)



あの記事は、立ち読み&斜め読みじゃもったいないですよん。

一応、NumberのオフィシャルHP貼っておきますNumber729


◆ナンバー・ノンフィクション◆
文◎小齋秀樹

山の彼方の空遠く
モンテディオ山形、躍進の理由



…という記事。


6ページに渡って我らが小林監督と&宮沢キャプテンの話。

見開き扉の写真が、いいんだな、これが。
桜満開の中をランニングする選手達。
で、その選手達が笑顔なんだよね。

「10年かかってモンテディオに桜咲く」
という言葉が頭に浮かぶような写真。

J1昇格して、私達にも桜が咲いた…という比喩にも見える写真。


他のページの小林監督と宮沢キャプテンの写真もとてもいい。
ほんとーにいい写真。

Numberって、昔から常々思うんだけど、写真が秀逸。

スポーツの"その時だけの瞬間"の時間まで切り取ったような写真が多い。

「選手とかがかっこよく見える写真」とかじゃなく、
「その選手の内面や背景まで透けて見えるような写真」なのだ。

特に、宮沢キャプテンの写真は、
「レッズ時代にチームカラーに合わせて選んだスパイク」
を履いている写真なのだが、
山形に居る今、どんな気持ちでそのスパイクを履いているのか…
まで、伝わってくるような写真。

宮沢キャプテンについてのNumberの文は、決して
全てを褒め称える文章では無い。

これまでの挫折もセキララに書いてある。

その時の心象までがリアルに伝わってくるような感じ。


「そしてプロ入り11年目の今年、はじめてJ1開幕戦先発出場を果たした。」
という文で、締めくくられているだが、読んだ人の胸に何かを残す記事だと思う。

私は、これを読んで、去年の昇格を果たした愛媛戦でのキャプテンの涙の訳がわかったような気がした。
そっかーそっか、良かったなぁー、宮沢選手。
そう思った。

小林監督は
「ビッグクラブよりも少し力は足らないけど、というほうがいい」
という事で山形に来てくれたとの事。

その辺も必読。

つーか、他にもオファーがあったようだが、
小林監督を獲得した中井川GMってほーんと優秀な人だなぁーと。

中井川GMが小林監督に電話をかけた瞬間。

その瞬間から、山形のJ1昇格への道が始まったんだなぁーと、
今思える。


代表選手もいない。
有名な選手もいない。

だけどもそういうクラブの選手達や監督がどんな思いや気持ちだったのか…
そんな事がわかるような気がする記事だった。



私達は、スタジアムに「自分が好きなクラブが勝つのを観に行く」。

スタジアムで「自分が好きなクラブの選手がプレーするのを観にいく」。






だけども、本当は、それだけを観にいっているんじゃないのかもしれない。




そのプレーの後ろにある、その選手の努力や思いとか、
そういうスピリットを観に行っているんだなぁーと。



だからね、
「いい選手なら、その人がどうとかは関係ない」
とかいう意見ももっともだとは思いつつ…
やっぱり、人として魅力的な人がサッカー選手としても好きだなぁ…。
なんて思う。

サッカーのプレーの後ろ側に、
サッカー選手としての真摯さとか人生を感じさせてくれるような選手っているような気がする。

それが小林監督とか宮沢キャプテンなのかもしれないなぁ…なんて思うのです。

なんかそういう思いを素直に抱かせるような感じな記事でした。

(あんまり記事の内容を書くとネタバレになりそうなんでこの辺で…)


※長谷川選手的に小林監督は、「お父さん」
マサル的には「彼女できたか?とか聞いてくるような、親戚のおじさん」だって…笑

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
未来へのゴール
2009-05-21 Thu 23:15
昨日のナビスコカップ、0-1で勝った。

久々の嬉しい知らせ。


"たかがカップ戦"というなかれ。

今回の"勝利"は表面的な事よりもいろーんな価値があるのかも知れない。

廣瀬選手、プロ初ゴールおめでとう!!

と、いう事で、youtubeにあった「すぽると」をまずドゾー!




いやぁー!いいシュート!

ちゃーんとコントロールしているのがわかる。


シュートが決まって、小林監督のところに真っ先に駆け寄って抱きつくのも
なーんかフレッシュというか可愛いなぁ。

何よりあの嬉しそうな様子が、
こちらまで伝わってくるような気がしてニコニコしてしまうよね?


今回、この間の広島戦から先発を6人を入れ替えるという大胆さ。
(でもナビスコカップはこの位試して欲しい感じなのでむしろ楽しかったり)

ゲームレポートを読むと、最初は押し込まれていたモンテディオが
次第にゲームをコントロールしていくのがわかる。
すごいなぁ。
そして去年よりもほんと、山形は強くなったなぁ。

小原選手もとっても久々!
活躍してくれたようで嬉しい。
私にとって、最初の頃の小原選手のイメージは"あの退場しちゃったセレッソ戦"。
あの時は、
「ぐぬぅ…。小原めー!!」
と、かなり思ったが、
今年は秘かに応援していた。
ストイックに頑張る選手。
小原選手がいなくなると何故か寂しい気もしていた。
ほんと、よかったねぇ…小原選手。
なんかシミジミ…。


誰が入れても同じ1点。
1点に重みがあるサッカーでは、
誰がどういうシチュエーションで入れてもそりゃ嬉しい。
爆発的に嬉しい。

でも、廣瀬選手のような若い高校卒業して2年目の選手が入れたりすると
それは何故か特別のような気がしてしまう。

なんていうか、
「未来につながっている1点」
って感じ。

これから山形でもっともっと成長して、もっともっと身体も強く大きくなって。
数年後山形の中心選手になっている姿を思い浮かべる…。

楽しみだし、頼もしいし。


それに、やっぱ最初のクラブを山形に選んでくれた選手っつーのは
かわいく感じるもんだったりもする。


今までは、そういうのがあまりピンと来なくて、
若い選手が活躍するのを喜ぶのは、
ベテランの選手に悪いような気がしていた。

でも、そうではないのだなーと。

色んな選手が活躍すると、チームの中にも活気が出るだろうし。
プロである以上、競争が存在するのは当たり前だし、
それがまた刺激や活気になるのかもしれない。

今年だけじゃない!
ずーっと未来の試合、未来のモンテディオにつながっているという事を
実感した昨日の結果。


リーグ戦じゃなくたって
勝つって事はいいことだなぁ…!



にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村












別窓 | モンテディオ山形 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
私が「地獄」なんて言葉使うのは10年早いのかもしれないが…
2009-05-16 Sat 23:26
地獄のような20分

…から始まった試合。


これまで観て来た(と言っても、そう多くないけど)、
大差で負けた試合。
どれもショックだったけど、それぞれ自分の感情は違う事に気が付いた。

◆去年の3クール目の広島戦(自身山形の試合、初観戦)

スイスイスーイスイ点を取られたので、
2点目の失点以降、ボーッとしてあまり記憶が無い。
(久保が出てきたのは覚えているが)

◆この間の神戸戦

大きなミスからの失点もあったり、押し込まれる時間帯も多く
見ていて辛かった。
試合を見ていて辛いと思ったのは、初めて。
(思わず「負けたときのキモチ」なんて記事を書いちゃった程)

◆今日の広島戦

観ていて辛いのを通り越して、
「ここは地獄か…?」
とでも思うような時間帯が続いた。
だからか、不思議と一番冷静に観られた試合でもあった。


思ったのは、やっぱサッカーの不思議な部分。

「入り方がいい」
とか
「入り方が良くなかった」
とか、言うよね、よく。

それって、具体的に何の事なんだろう?
って思っていた。


皮肉にも今日、具体的にわかった様な気がする…。


でも去年は、「前半が悪いと45分悪いままで、後半修正した」
とかいう試合があったけど、
今年は、「入り方が悪くても前半45分のどこかでいつもの山形に戻った」
と、去年よりはレベルアップしていると思うんだけど…。

やっぱりJ1だから、それでもおっつかないところがあるんだなぁ…。


後半のマサル!の1点。

あれ、
マサルの(あと、石川選手とかの)サポーターに向けてのメッセージ
だと思った。


格好付けすぎで「クッサー!」な書き方かもしれん。
でも、なんかあの瞬間そう思った。


「完封で負けるのはゴメンだ!」
「こんなんで終わるか!」


というメッセージ。


だから、"あの"去年9月の広島戦とは違う。
今日のもショッキングな試合だったが、
あの時とは断じて違う!…と思う。

あの1点分、去年よりも前進しているのだと思う。


今日の試合は、監督が前々から
「去年に比べ、山形がどれだけの実力を付けているかわかる試合」
と言っていて、
それが、こんな結果になってしまい、
「降格……?」とか、
「やっぱり駄目なんかなー」という気持ちが頭をもたげた人もいると思う。

そりゃ当然だと思う。

だって、私達は人間で、ロボットじゃないもん。

たった数時間で、前向きになんかなれないのである(そういう人もいるとは思うが)

だから、今日くらいはお酒飲んだり、
サポーター友達とああだこうだ話して憂さを晴らしたり、
とっとと寝たり、ちょっと位ネガティブになったっていいじゃん!と思う。
だから、もうすぐ終わる今日の残りは、
各自好きな方法で、発散しましょー!

私はと言えば…
「今日はこんな内容のブログになっちまったけど…ごめんしてね…」
なキモチ。

明日になれば、立ち直ります!


※「地獄のような…」なんて言葉で始めてしまった今日のブログ。
リーグ戦の、本当の地獄を私はまだ知らないのかも知れないなぁ…。
と思った。



にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

別窓 | 試合観戦記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
水戸と山形(強化費8000万円チームの~を読んで)
2009-05-16 Sat 00:07
既にご覧になった方もいるだろうが、
スポーツナビに面白い記事が出ていた。
(↓緑の文字をクリックすると飛べます)


水戸、強化費8000万円チームの奮闘 貧乏クラブの好調を支えるもの


山形もJ1昇格にあたって、
J1最下位の予算(それも断トツの)と言うわけで、
色んなことを色んなメディアを含め言われて来た訳だが…。


やっぱり、サッカーを知れば知るほどぶち当たる現実。
…に私なんかはちょっと日よりそうになったり事。
それは、

「いい選手ほど高い」


これはプロの世界なんだからある意味アタリマエなんだなぁ…。
だから、お金があるクラブが強くなるのは当然…。


だけど、案外それだけじゃない。

それだけじゃないって事は、
山形も今回の水戸も示している事だ。


"それだけじゃない部分"っていうのは
スポーツナビの記事にもあったように
"培ってきた歴史"
の部分があるから。


…歴史っつっても、外国みたいに100年やってます!って訳じゃ無いんだけど、
そんでもやっぱ長くやっているクラブとそうじゃ無いクラブって
底力みたいのが違うと思う。


去年、おそるおそる(笑)書いた
「徳島ヴォルティスの事 その2」という記事でも、
その事について書いて、思わぬ反響をいただいた
(本人、その時はまだ慣れていなくて、おっかなびっくりで書いた記事だったのだが)


(その時の記事はこちら


山形や水戸は、この先ビッククラブになる事は無いだろう。
何十年か頑張って中堅クラブにもしかしたらなれるかな…という感じだと思う。
(こんな事、言い切っちゃってスマソ!)
だから、これから先も移籍とかで辛い思いをすると思う。

そして、それは両サポーターは既にわかっている事…なのかも知れない。
私がここでこんな事を書くのがヤボという程に…。



だけどもね、

「だから!だからこそ!」

っていう部分、あると思いませんか?



大体ねー、全てがおんなじようなクラブじゃ詰まらないよ(負け惜しみじゃなくて)

こんな事を言うと怒る山形サポーターの方もいらっしゃると思うけど、
山形は残留が目標の典型的なプロビンチア(だと思う)

そして、それは誇りに思っていいことだと思う。

記事にあった、水戸ホーリーホックも、毎年毎年選手を取られて
大変だと思う。
それは山形のサポーターの方々も、これまで経験されたきたことだと思う。


水戸ホーリーホックのフロント、山形のフロントはその辺りを十分わかっていて
んで、地に足が着いた経営&強化を行ってきたのだと思う。
(山形は積極的に高卒を取って育てていこうという意思が感じられるもんなぁー)

そして恐らくそういうクラブの理想は、
明日戦う広島のようなクラブかもしれんなぁ…と思う。


ユース出身の選手が沢山いるクラブ。
"自前の選手"でまかなっているクラブ。


マサルは、
「ユース出身だから首にならない」
と言われるのが嫌で、針のむしろだったそうだ。

期待を背負っている分、
ユース昇格が1人しか居なかった状態が長かったので、
彼なりの気苦労があったんだなぁ…と、
そのコメントを読んで思った。

今年は、佐藤君もユースから昇格したし、
他に栗原君と言う山形出身者も居る
(明日戦う広島から随分熱心に誘われていたらしいが、断って山形に入ったと言う。他にも誘っていたクラブがあったとの事)

私は、初めてNDスタに行ったのが、
あの!9月の広島戦!

なので、未だに
「広島…。こえーよ…。何か嫌だよ…。」
なイメージ。

J1で2年連続戦える相手でもあるんだけどね…。

明日は、本当のほんと、実力が試される正念場だと思う。
モンテディオがあれからどれ位強くなったか…という意味で。


他のクラブには悪いんだけど、
やっぱ私は、山形とか水戸とか、
そういう見えないものと沢山戦っているクラブが好きだ。
(自虐的な意味じゃなくて、ほんとーにね)

(今の水戸は、怪我人も多くて、
紅白戦も出来ない状況らしい…。)



明日は、勝とう!
どっちのクラブも。


※今週一週間(昨日とか今日も)
私のブログに訪問される方の県で一番多いのが、新潟!
山形の方の数倍の方がブログに訪問されていて、驚いた!
スタジアムにもブログにも動員が凄いのね…新潟って。
すごいなぁ…。恐れ入りました。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新潟戦観戦記 【試合編 その2】 脳内麻薬がボタボタと…
2009-05-14 Thu 22:55
前回は、何故かマッサルーの話で終始してしまった…訳だが。

新潟サポーターを初めて間近にみて思ったんだが、
ユニに番号入れている人少ない…。
あれはデフォ?
(入れている人も見かけたが、相対的に少なく感じた)

こういうのって、
クラブによって色々違うもんだなぁ…。


山形は、12番を入れている人が一番多いような(他の番号の方も結構いるけど)
んで、それは私もそう。

仙台も12番が多い
(でもGKカラーのTシャツを着ている人が結構いるのも特徴的)

水戸に行った時は、
ケーズデンキのジャンパーを着ている人が多く(まだ寒い時期だったから)、
番号はよくわからなかった。

柏や千葉サポーターは、
12番が少なく
思い思いの選手のナンバーをつけている人が多く、
近くを通りかかる人を見るのが面白かったなぁ~。


「あ、この人は○○選手の番号だ。」
「ほー、こっちの人は○○選手かー。なるほどー。」とか、
「おお、○番って、期待が伺えるよなぁー!」とか…。

ユニに付いているナンバーを見て、
「おお!そうくるか!」
とか思ったり。

ああいうのは、楽しい!

きっと、
毎年ユニを買い換えている人が多いんだろうなぁー
と思わせられる。
なんか、
選手とサポの近さ&選手に対する期待も感じる。



後半始まって割とすぐの感じ

新潟戦


何かね、今回初めて味わった感覚があるのだ。

ジメジメもせず、からっとした空気、いい天気の余韻が残るスタジアム。

キックオフとともに、いつの間にかゆっくり暮れゆくスタジアム。

最初は眩しいと思った太陽も試合に夢中になっている間に、
いつの間にか沈んで、気持ちの良い夜になっている。

風がたまにそよそよ…と吹く。

聞こえる歓声、応援、拍手、嘆息、ため息。

目の前で繰り広げられる自分の好きなクラブの試合。
自分の好きな選手達が目の前でプレーしている、懸命に。


それを五感でフルに感じて、今回、
初めて幸せな感覚を味わった。

今まで勝ったとか負けたとか、
昇格に近づいたとか色々な感情を味わって来たつもりだった。

でも、今回のように、掛け値無しの幸せ感は初めてだった。

(まぁ、その時はまだ0-0だったっていうのもあるけど)

なんかねー、
「うわー、ここに居られて幸せだー!」
と思った。

初めて、そう思った。


飲み物売場が込んでいたせいで、
席に戻ったのが後半始まってからだったが、
席に戻る途中に見た光景…!

満員のスタジアム。

ライトに煌々と照らされた美しいピッチ。

スタジアムに漂う熱気!




ナイターの試合って、いいもんだ。

写真を撮った時、
別に特別なシュチエーションじゃなかったんだけど、
幸せで、つい撮った。


あ、あれだ!
露天風呂に入って居るときって、
α波が出ているような心地よさがあるよねー。
あんな感じ!

スタジアムにいるのに、
なんか気持ちいい脳波が出ているんだよ、
自分の脳内に。



あの時
「来週に待ち受けているめんどーな事嫌だなぁー。でもこの瞬間は自分のもの。楽しもう!」
と思った。

試合観て、ハラハラしたりしているんだけど、
気持ちいい…。
きっと、
私の脳には脳内麻薬が分泌
されていたような気がする。

気持ちいい感覚に、
アルコールもドラッグもいらない(ドラッグはしたことないよそりゃ)

すげーや!


あの数十分、私の脳からはエンドルフィンとかそういうのが溢れていたハズだ。
耳から鼻から溢れる位に
ボタボタと…。

あれは不思議な感覚だった。

今更試合の事を書くのはヤボ。
だからピンポイントだけ。

新潟の2人の外人、こえー!

そして…。
点を取ってからの新潟は、
ある意味"すっごく時間の使い方が上手"だった…。

去年の鳥栖を思い出したり…。
あの時、まだサッカーをスタジアムで見始めたばかりの頃だったが、
時間を"有効に使うため"に、アウェーチーム(鳥栖)ってこんな事をするんだ…
とすごくびっくりしたのを覚えている。


あれも勝つためのアタリマエ、当然のこと…なんだろう…な…。



今回の試合は、1点を防げたかどうかじゃなくて、
取れる点数を決めきれなかった…という試合な気がする。
(あれがオフサイドかどうかはおいておいて…)




やっぱねぇー、
ホームで負けるっていうことは悔しいんだなぁーと。

アウェーで負けるのとは違う。


山形は今回初めてホームで敗戦したから尚更ね…。


サッカーが
ホーム&アウェー
なのがよくわかった。

ホームは、"自分の家"みたいなモンなんだなぁ。



新潟の方々、
沢山来ていただいて有り難うございました。
年配の方達が凄く多くて、
それが地域に密着しているんだなぁーと思わせられた。


スタジアムを歩いているときに
「山形の人って、マジ、スタジアムを占領されているのに何とも思っていないみたいだよねぇー。」

「まだJ1慣れていないんじゃねぇ?それか気付いていないとかw」
という会話をしながら歩いていた新潟の人達!

ちょーっと!そんな事、
大きな声で会話しないように!
少なくても山形のホーム内なんだからさ。



んで、やっぱ、1点取られると、
あの色んな穴から出そうなくらいの
(耳とか鼻とかさ)脳内麻薬はシュルシュルとひっこんでしまうのね…。

帰るときには、
ふつーに「ぐやじー!」な気分になっていたのでした。


でも、今回は楽しさだけじゃなく、
初めての幸福感とかを感じられた貴重な体験でした。
いやぁ…試合見ていてあんな感覚、
初めてでしたよ!

あの感覚、
分かってくれ人がいるといいんだけど!




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村






別窓 | 試合観戦記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新潟戦観戦記 【試合編 その1】 マッサルがめんこいって…
2009-05-12 Tue 22:54
皆さん、試合の余韻ももう無い頃、
今更の新潟 試合編で、ほんとすみません。

試合前 ディーオとでんちゃん
新潟戦

「でん六プレゼントマッチ」。
(後から知った)

試合前に選手から投げ込まれた、サイン入りのでんちゃん、
めっちゃ欲しかった~!

マサルがそれもってこっち来たときは、
「ぬおおお!」
と思わず、キャッチするために立ち上がったけど、
まぁ…届かないんでした…(涙)

北高のチアとディーオ

新潟戦

何かサー、ディーオが日々すごくなっている気が…。

「大会日本一」のチアである北高チアを存在感で喰っちゃったりしているような…(笑)

もはや、着ぐるみの動きとは思えん!

だって、あの、回し蹴り!

私の前に居た、古くからのサポーターの年輩のおねーさん方が、
それ見てものすっごーくウケいたぞ!



新潟戦

天気良すぎて、逆光ですな…ort

やっぱ、バックスタンドは夕日がまぶしいね。
改めて、スタジアムって、メイン席が見やすいように設計されているんだなぁと思った。
(まぁ、それは当然のことなんだけど)


ゴール裏のコレオグラフィ
新潟戦


ハーフタイム
新潟戦
新潟戦


NDスタに来る前に、
薬師堂植木市で歩き回った&その後ラーメンを食べて汁まで飲んだ
から?か喉が乾いて乾いて…。

当日は実に天気が良かったから、というのも大きいけど。
前半の時点で、ビール2杯も飲んだ私。

飲んでも飲んでも、全然酔っぱらわないのなぁ。
海に行ってビール飲むとこんな感じ。
(わかる人いるよねー?)
アルコールって気温によって蒸発するんかいな?
な位、アルコールが水に等しくなってしまう。


ハーフタイムに飲み物買いに行ったら…

新潟戦

あまりの行列!

並んでいる間に後半が始まっちまったという…ort
いい天気だったから、兎に角ジュース売場はうんざりする位の行列!

で、諦めてまたビールを購入。
(だって、ビールはすぐ買えるんだもん)

でね、同行者はジュースの列に並んでいたので(20分位待ち)
買うのを待っている間に撮った写真が↑。

ピッチの高さと同じ目線!
何だかとても新鮮!

ピッチが近く見えて、芝生の匂いも漂ってきそう!

何だか、同行者を待っている時間は、
もどかしいような気がしたが、
この場所から見る試合は新鮮でダイナミックでとても良かった。

改めて、トラックが無いスタジアムが羨ましくなった。

夕日が沈み、暮れゆくピッチ。
あの空気感。

あれは、特別だ。
そして、体験した人しかわからない。

あれは、私がビールを3杯も飲んでいたから感じた感覚ではない。
だって、飲んでも飲んでも空中に蒸発していたんだもの。

だから、アルコールの助け無しに感じた感覚。

山形のスタジアムって、客観的に考えるとアレだ。
サッカー専用スタジアム(ラグビー兼用も含めて)に比べ、
遙かに劣る(こんな事言ってほんっと、ゴメン…。でも他のスタジアムで観戦しちゃうとそう思う。)
でもね、あの新潟戦はそれをものともしない雰囲気があった。

オープンエアの清々しさがあった。

昔、彼氏に
「気候ががいいときに、スタジアムでビール飲んで、試合観て…って特別だよ。」
と言われていた。

イングランド人がよくそういう事を書いているが、
初めてその感覚を実感した。
(まぁ、ギネスじゃなく生だったりするが…)

丁度、ここで同行者がジュースを買う列に加わっているのを待つ間、
あの後半始まってすぐのマサルのあのゴール!

(っていうか、結果的にオフサイドになっちまったあのゴール!)

があった訳なんだが…。

↑の目線で目撃していたせいか、いつもよりも近く感じられて、
悔しさも倍増!

あれ、冷静に見てもオフサイドじゃねーよなぁ!
北村選手?だかがラインを越えていたけど、マサルじゃ無かった。

それを言うと、悔しさでチクチクするんで、この辺にしておく…。

小林監督の元でブレイクした選手って、豊田、長谷川選手…ことになるのだろうが、
影のブレイク選手はマサルじゃないかと密かに思う。

地元選手と言うことで、ジミに扱われているけど、そう思う。

マサルがどこかのクラブに引き抜かれる時が来るんだろうか?
それが、嬉しいような、でもやっぱり悲しいような。

ずーっと一緒な感じがするもんなあー、マサルは。
そんな親近感がある。


ここ最近、惜しいシーンにはいつもからんでいるし、
まだまだ伸びるよ!マサルは!
(監督の叱責もまだまだ多いし)

なんてねー、
いつの間にか、マサルがかわいいと思える私である。

この感覚は何だ?
地元選手ってやっぱかわいいのなぁ…。

佐藤永志君も声かけたとき、可愛かったもんなぁー。

こんな感覚、サポーターになってからの独特の感覚ですわw
親戚のオバサン、オジサン感覚であるw

(だって、誰かを"可愛い"なんて思った事ないもん。可愛いって顔とかじゃなく、めんこいって感覚)


ずーっと以前から見られていた他の方はどうなんだろ?


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新潟戦 【試合前編】 何年ぶりだろ?の薬師まつり植木市とか色々
2009-05-11 Mon 03:34
新潟戦の当日、
『薬師まつり 植木市』を丁度やっているという事で
早めに仙台を出発し、試合前に寄り道。

いやぁ~!めちゃくちゃ懐かし~!

高校の時以来だぜぇー!
(…という事に、びっくり!制服の女子高生眩しいなぁ。あんな時期あったなぁ…な感覚)


この植木市って、日本3大植木市。
結構すごいお祭りだったりする。

最上義光時代に始まったとかいう説もあるみたいだし、
歴史もあるお祭りらしい。
緑化運動として義光が推奨したという説もあるみたいだし、
義光、凄い人なんだよね!
(天地人では敵とされる人だけどさ…。私は山形市出身なんで義光すげー!な感じなわけです…。)

「毎年約500店もの出店、三日間で約40万人の人手」
で、東北最大との事。

お祭りには40万人(すんごい数だな!)簡単に集まるのに、
モンテの試合には…………って、やっぱ思っちゃうのは、

私の頭が、「サッカー脳」

だからでしょうか?(笑)

まぁ、こうやってお祭りに活気があるのはいいことだけど!

出来れば新潟とのダービーも、
南バック侵食されずにすんだら良かったんだけどなー。


薬師堂に近い道は人とお店でいっぱい!

植木市

昔とお店のラインナップが違う…というか、
こういうお店にもはやり廃りがあるのねー。

私が子供の頃より玉こんとかのお店が減って、
シャオピンとかトッポギとか、エスニック系のお店が増えていた。
一番多いのが、から揚げのお店だったり。

子供の頃は、限られたお小遣いでのお祭りだったんで、
「とりゃーえず!玉こんで腹ごしらえ!安いし!」
「その後、どんどん焼きかチョコバナナいっとく?」
みたいな…感じだったのに。

…ええ、そうです。
わたしゃー、昭和時代のの子供ですよ!
ふっふっふっ。
(って山形の人しかわかんねーっつーの!)


ハッカパイプはどこいったんじゃー?(←知っている人居ないかな?)
(私、子供の頃リピーターだったのに)


商店街のお店に張られていたモンテのポスター

植木市

こういうのって、いいもんだなぁ~。

でも、佐々木隼人選手の時代のポスターと去年のポスターだったぞー。
今年のポスターも貼ってね♪(は・あ・と)

他のお店にも、何店かモンテのフラッグをかかげているところがあって、
七日町の商店街よりもモンテの地元って感じがした。
(七日町の商店街の方すみません…でも正直、そうなんだもの…)

お祭りの活気とあいまって、
商店街にモンテの大きいフラッグがはためいている様子は
とてもいい風景だった!

六日町という古くからのそして歴史あるであろう商店街が、
あんだけフラッグを掲げているのをみて心意気感じた。
試合前に嬉しい気持ちになった。
アリガト!

でね!その時、頭痛がひどかった私。
たまたまあった薬局で、バファリンを購入したの。
そしたら、その薬局のおばさんが、
「どもーっす!」と言ったの!

…す!って言ったね!
語尾に!

語尾に"っす!"ってつけるのは、ガソリンスタンドのニイチャンだけじゃないのね!
と思った。
あの「どもーっす!」は、いい感じだった。
温かい方言(?)だった。
なーんか、心がほっこりした。
そんな事が、県外に長くなると嬉しく感じるもんである。

薬師堂の境内

植木市


参拝を終えて上から

004_20090511003853.jpg

敷地内には、昔の雰囲気を残す"おばけ屋敷""バイクの曲芸の小屋"も。

そういや高校の時、
友達と思い切って「蛇女」の見世物小屋に入ったことがある。
すごーく遠くて、なんだかわからなかったなぁ…。
結構値段高かったのに…。
懐かしい…。
でね、見世物小屋って、物見高く見ちゃうんだけど、
その後、うら寂しい気分になるんだよね…、何故か…。

植木屋さんのつつじが綺麗

植木市

高いものでは、28万、30万というものも売られていたのでした。

他にも鉢植えの花や、野菜の苗、盆栽、民芸品や食料品なども売られていて、
そぞろ歩くのがとても楽しかった。


市役所隣の駐車場

駐車場

ここにもモンテみっけ!

私は試合の時位しか山形に行かないし、行ってもNDスタ。
久しぶりに市内の様子をみて、
今回は、モンテが昇格によって少しずつ地域に密着してきているのが
わかってなんか嬉しかった!


10代の頃以来の植木市。
子供の頃、両親や今は無き祖母に連れられて来たお祭りなので
懐かしくも楽しかった。

試合前にやっていたゆるキャラとの写真撮影会

新潟戦

私もやって貰えば良かったなぁ…。

"でんちゃん"と"ディーオ"はわかるけど、
他のキャラクターは何と言うキャラクターなんでしょう?

でんちゃんの頭には"愛"の文字が…。
この辺でも"天地人"を意識した感がビシバシと…。


知らないキャラクターも…

新潟戦

このキャラはなんつーキャラなんでしょう?
子供とかに持っていた火縄銃を向けてアピール!(物騒だなオイ!笑)
しておりました。

私は勝手に「足軽君」と名づけてしまったが…w
(顔がそんなイメージ)

っていうか、この
「うふふ」
って感じの動作がある意味、
怖ええええ!

上杉太鼓保存会の上杉太鼓

新潟戦

キックオフ2時間前なのに、
スタ周辺は熱気と期待感に溢れていた。

太鼓とかの音がドンドン響いてまるで、
合戦前のような(?)雰囲気。

新潟と山形の双方のクラブが
共同で盛り上げようとしている感じがヒシヒシと伝わってきた。

っていうか、両サポーター、煽られまくり!
で、それもまた楽し!
な雰囲気!

牛肉のライスバーガー(名前失念)

新潟戦

今回お初で食べてみた!

味は、うめええ!

…けど、握りがあまくて、
食べている最中にボロボロ崩れて満足に食べることが出来なかった…。
味は良かったので、その点を改善してくりー。

他にも色々と食べたかったけど、
どこもすんごい行列!
(オレンジのユニの方々が沢山!)

…で、泣く泣く諦め。

カリーパンもすんごーい行列。
もはや、プレミアムと化した限定カリーパンなのであった…。

「対戦相手を喰っちゃおう」の限定カリーパン、
対戦相手の方々が食べてくれるのは、
嬉しいけど。
"おいおい、自分達が食べちゃっているよー"とかも思ったり…(笑)

新潟サポの方達、カリーパンの看板を写メに撮っている人多し。

試合開始前からかなりの勢いで熱かった
新潟戦なのでした。

でもって、続く。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 山形のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
負けたら養分…とか、言うのはやめる事にする
2009-05-09 Sat 01:03
明日は新潟戦。

新潟のビッグスワンには新潟がJ2の時代に行った事がある。
帰り道、すんごい渋滞だったのを覚えている。

泊まりがけで行ったのだが、
地元のラジオで
「昇格するために」
とか言っていて、地元では随分盛り上がって居るんだなぁ…と思ったのを覚えている。

あの頃、モンテのサポーターでも無かったのだが、
正直、新潟に昇格の先を越されるなんて思っても居なかった。
(新潟の方、スミマセン…)
ほんと、山形が先に昇格するだろうと思っていたあの頃…。
私は若かった(笑)
あれ、いつの頃だろう…、きっとすんげー前の事なんだろうなぁ…、
自分でも卒倒する位に…昔の事だろうね…。


新潟はサポーターの入場はJ1レベルと言われる仙台の人数をはるかに凌いで、
レッズの次位に観客を集めているもんなぁ。
Jリーグの入場数はレッズと新潟が稼いでると言われているもんね。

野球のオリックスが神戸を撤退するという噂を聞いたが、
新潟に来れば、すんごい人を集められそうな気がする。

J1に定着するには、クラブの規模(親会社を含め)、観客の数、スポンサーの数、
この3つのうちどれかが必要なのかもなぁーなんて思わせられる。


…とは言え!
隣県だけど、近いようでいて遠い新潟。

そりゃー私も新潟に遊びに行ったこと多数。
わっぱ飯も食べたことあるサ!
新潟の街で飲んだこと何回もあるサ!
新潟の海で泳いだ事もあるサ!
新潟のオークラにも泊まった事あるサ!
燕・三条でステンレス用品を購入した事あるサ!
村上で鮭食べて美味しかったサ!
新潟縦断したことあるサ!(新潟長い~!富山に抜ける時びっくりした)
どこかの(覚えていない)デパートで買い物したときも、地下街で買い物したときもあったサ!
そういや家族で新潟に遊びに行って、道が分からなくて人に聞いた時、
3人に聞いて3人とも無視された時にびっくり…した事もあったサ。
日本酒の八海山大好きサ!

…という訳だけど、試合となるとそりゃまた別!
まぁ、そりゃ、お互い!だろうなぁ。

だから、明日はよろしく!



ざわ…ざわ…。

負けたら誰かの養分…!



…とか、書こうと思ったのだが、止めた。
(ワカル人しか分からないし)


そういう殺伐とした事よりも、
モンテの選手が頑張るところが見たいなぁと。


(怪我のあの人達は出るんかなぁー)


めちゃくちゃ、殺伐としちゃってるのは私…。

今日、「すんごく八方ふさがり」な事が起こったんだもの…。
それって、すっごく個人的なこと。
モンテディオとは関係ない、一切。
でも、「息苦しくなる程の事柄が起こった次の日」に
モンテの試合があったのが救い。


いい試合が観たい!


1週間頑張れる気力と勇気を貰えるような試合プリーズ!

苦しい時や行き詰まった時に見る試合ってどんなんだろう。
密かに楽しみだったり。


……私、ドMなんかしら…。

自分ではSとM、バランスよく半々だと思っていたんだがなぁー(何言い出すのだ!)


唯一無二な2時間をおくれ!
きっと試合を見終わったら現実に帰るのだろうから。

そしたら、次の一週間頑張れるような気がする。

めちゃくちゃへなちょこ発言だ…。

だけどもね、そう思う。

私だけじゃなく、
見に来た人全員に「愛と勇気」(なんだコレ!すっげー使い古された言葉だ!w)を貰えるようなね、試合を!


シュートを!
ゴールを!
ファインセーブを!
ゴール前の鉄壁な守備を!


ラッシュの「モンテババァにフラッグを!」を読んでから、
生きている以上色んな日常と色んな思いを抱えてスタジアムに来ているんだなぁ…と。


山形って、年輩のサポーターが多いよね。
ああいう人達が嬉しそうにしていると、
こちらまで嬉しくなってくるし。


負けたら養分というより、
観に行く私達に養分をくれるような試合&クラブであって欲しいよね。


明日、現地で!!


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村





別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
清志郎追悼 スタジアムで過ごす時間の事
2009-05-07 Thu 00:15
気が付くと、
「お別れは突然やってきて すぐに済んでしまった
いつもような なにげない朝は~」
で始まる『ヒッピーに捧ぐ』という曲を口ずさんでしまう。


忌野清志郎が亡くなった。
彼が作った曲のように"突然お別れ"がやってきた。


『RCサクセション 武道館ライブ』
生まれて初めて、おこづかいで買った音源。


(それまでは、親に買って貰ったウルトラマンだかのレコードしか持っていなかった。女の子なのにウルトラマンって…ort)

その時私は、小学生。
周りの友達はアイドルに夢中だった。

まだ子供で、
愛も恋も、人生の哀しみも、なーんにもわからなかった。

ガキンチョなのに、スローバラードという曲がだーい好きで、
何回も何回も何回も、聴いた。

書いてある歌詞の意味さえよくわかっていなかったというのに…。

その後、小学校高学年、中学生、高校生と成長するにつれ、
聴く音楽の幅も広がり、中学生の頃からはほぼ洋楽メインになってしまった。

再びRCを聴き始めたのは、大学を卒業してから。

広告の仕事というマスコミのハシクレな仕事に付いたせいで、
休みの日も仕事、んで夜は遅い。
何より新卒だったので社会生活に慣れておらず、
眠るためだけに帰宅する毎日。

休みの日は疲労でなーんにも出来なかったなぁ…。
(なので、休日何をしていたか記憶が全く無い)

心のよりどころだったその当時の彼氏は、海外に留学中。

2年目にはストレスと忙しさから慢性的な神経性胃炎になり、
朝ごはんが食べられなくなっていた。
(でも夜ご飯を毎晩12時くらいに食べる生活だったんで、ぜーんぜん痩せないでやんの。だから見た目は健康そのものだったw)

そういう毎日に、RCの曲は何故か自分の気持ちにぴったりはまった。


(今は無き)新宿 日清パワーステーションでのタイマーズのライブ、
楽しかったなぁ…。

そういや昔、
国分寺市のたまらん坂(多摩蘭坂という曲の元になった坂)にも行ったなぁ…。

去年の復活ライブにも行ったばかりだというのに…。
(客層は子供からお年寄りまでそれはそれは広くて驚いた)


ずーっと絶え間なく、清志郎を聴いてきた訳では無いが、
どうしようも無い気持ちのとき、よく聴いた人。

"有名な人"が亡くなって泣いた事なんて無かったのに。
次の日の朝、
頭の中でヒッピーに捧ぐが流れていて目が覚めて、
何だか泣きそうになった。


音楽と、サッカーを観るという事は、私の中で似ている。
どちらももう無いなんて考えられないから。

音楽って、私にとって、
その時の自分の気持ちをあらわすリトマス試験紙。
その時々聴くアーティストや曲が違う。

サッカーはそういうのと、少し違うかも。
好きなクラブって、生涯ずーっと変わらない人が多いだろうし…。



でも、きっとみんな色んな思いでスタジアムに来ているんだろうなぁ…と思う。

家に帰れば、金銭的な問題、あるいは介護の問題、
子供の問題などを抱えている人もいるかもしれない。

次の日は、嫌でしょうがない仕事に行かなくてはいけない人もいるだろう。
失恋した人もいるだろうし、思いが届かない人もいるだろう。


だけども、試合の2時間は、そんな事も忘れてしまえる。

そういう時間があるというのは、
色んな人につかの間の楽しみをくれているんだなぁーと。


音楽のチカラっていうのは確かにあるが、気持ちに寄り添うものなので、
サッカーほど、日常を全く忘れてしまう…というのはなかなか無いような気がする
(ライブは別だけど)



日常だけど日常を忘れてしまえる時間。


なーんか、日常はままならないもんだよなぁー。
辛いこともあるもんだよなぁー。


だけど、そんな事を忘れてしまえるつかの間の時間。

帰ったら、また日常が待っているけど…。


でもあの数時間があるだけで、随分違う。


だから、好きなサッカークラブがあるって、
幸せな事なんだなぁーと思う。



(アルディージャの社長が、大分戦で雨上がりの夜空にを歌ったんだってね。柏レイソルのサポソンに雨上がりの夜空にがあるんだってね。すげーなキヨシロー)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村



別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
負けた時の気持ち
2009-05-06 Wed 01:36
こんな気持ちって、いつ以来だろう?

こんな気持ちは、何だか久しぶりな気が…。
(私的には、FC東京戦よりも去年のJ2での3クール目、広島戦以来)


それを考えると、
他のクラブよりも色んな意味で苦戦必至なモンテディオ山形が
J1開幕からすっごく頑張っているんだなぁ…と。


で、それに気が付いたら、
ガックリ来た気持ちも楽になった。



スカパーでの観戦だったのだが。
「観ているのが辛いなぁ…」と思う時間帯もあった。

押し込まれている時って、
観ているほうも辛いというか、息苦しいような気がするんだなぁ…。
(こういう気持ちは慣れるもんなのでしょうか?)


怪我で主力を欠いただけ……
ってサラッと言える状況の試合じゃなかったもんなぁ…。

終わった試合内容の事をくどくど書くのは本意じゃ無い。
だから書かないやいっ!


……ただ、
連戦の疲れっていうのは、守備に出ちゃうんだなぁーと。
あと、慣れないポジション(それが過去に経験していたポジションであっても)
でやるのは選手にとって大変だし負担なんだなぁと。

リーグ開幕前に散々っぱら言われたことで、
使い古された言葉だからあまり使いたくないが
選手層が薄いってこういう事なんだ…と実感した。

でも、ジャジャが点を入れたりと、明るい材料もあるし。

山形は去年もこういう試合の後、得るべきものを得て、
その都度まとまりが出てきたような気もするし、今回もそういう試合だと思いたい。



だけど、試合の後、
数時間は、心の中にモヤモヤが残った私。
「んああああ!」と、机に突っ伏したくなる感じ。


「折角の休日なのに、私、何でこんな気持ちでいるんだろう?」
「サッカーの試合1試合の事で、私何でこんなに気持ちを振り回されているんだろう?」

と、ふと…、ほんっと突然、ふと思った。


モンテディオの試合を観るようになって初めて、
ふと我に返ったような感覚になった。



でもね、その後すぐこうも思った。

「そんな感情もオケ!っていうか、むしろ、それでこそオケ!」

「ブルーな気持ちも、がっかりも、クサクサした気持ちも、バチコイ!」
…と。


楽しい時や嬉しい気持ちだけじゃなく、
そういう思いもするからこそ、
勝った時嬉しいのかも知れない。


こういうメリハリのある感情を味わえるっていうのは、
きっと、楽しんでいるって事なんだ!


何か、そう思えて来た訳です…。


いい時だけじゃなく、
そうじゃ無い時も丸ごと受け入れよう!


…と、今はそんな感じで思っております。


……こういうセリフって、なーんか、
恋している時に相手に対して心の中で思うような事…みたいだなぁ。

と、気が付いて、自分で笑った。
(何か乙女っぽい事言っちゃった。似合わん!)


「負けちゃった時のきもち」って、他の人はどんな感じなんだろう…。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏戦 【試合編】 シミケン祭り!
2009-05-04 Mon 22:07
空手バカ一代のサポソンを歌う柏サポーター
柏戦

柏の空手バカ一代は有名なんで、秘かに楽しみだったり…。

「おおお!」と思ったのは、
裸にマワシを締めて応援している方を目撃した事。

裸族はどこのサポーターにもいるけど、
「マワシを締めている人」は見たことが無かった。

「あれはどういう意味合いなんだろう?」
「どこでマワシを締めたのだろう?」
「こんだけ紫外線が強いと日焼けして、マワシの痕が残っちゃうだろうなぁ~。」
とかついついそっちを見てしまうくらいのインパクト。



結果的に、柏の方が支配率が高かったと言われる試合になってしまったが、
そういう内容でも負けなかったこと、
勝ち点1を取れた事は良かったのかも知れない。

でも正直、柏も山形も勝ち点3が欲しかった試合だろうと思う。


試合後のインタビューで、柏の選手に
「山形の攻撃に怖さをあまり感じなかった」
という内容のものがいくつかあって、
くやじいいい…!


前半は、形になったのは、キムのヘディングの場面位で、
やっぱり疲れとかもあるのかなぁ…という感じ。

そういえば、キム選手は、慣れたのか前よりものびのびプレーしているような感じがした。
表情も以前とは違うように思えた。

GW中は、連戦につぐ連戦で観る方は
凹む暇も無く次の試合が来るから楽しいが、
選手達はかなりきついだろうなぁ…。

選手の怪我とかいろんな意味で、
明日も厳しい戦いとなるとは思うけど、
山形に取っては全て厳しい戦いとも言えるし、
焦らず、凹まず、ひとつひとつだよね!


日焼け止めしてたのに…
柏戦

当日は、がっつり!日焼け止めを塗っておりました。
…のに!
しかも、塗りなおしたりしていたのに!

あちゃー!
時計の痕ぐぁー!

どんだけ紫外線強かったんだよ!
(私、日光アレルギーなのに…)

紫外線を浴びると、すごく疲れるのなぁ…。
目も疲れるし…。

きっと、選手達も疲れた事だろう。
(北村選手、大丈夫かー!)

もしかしたら、暑くても長袖の方が疲れないのかも知れない。
(そういや農家の方って夏でも長袖だったりするよね?あれ、理にかなっているって事なんだなぁー)



柏戦はシミケン祭り
柏戦


当日朝に買ったニッカンの記事。

モンテの記事は、シミケンをでかく取り上げていた。

鹿島の曽ヶ端と並び、リーグ最小失点!

ワー!パチパチ!

でも、予習魔神って……。

これ、ニッカンがシミケンにつけた言葉だけど、
何かビッッミョー…!

去年の得点シーンをDVDにしたもので予習しているとの事からつけた言葉らしい。


当日のマッチデープログラムもシミケン。


オフィシャルからダウンロードできる柏戦のチラシもシミケン

柏戦

今回初めて、オフィシャルのチラシをダウンロードしてプリントアウトしてみた。
(で、知り合いに配った)

「山形の錠前は魔術でも開かない」
って、かこええ!

魔術って、フランサの事だったんだろうな…。
(残念ながら当日は出ていなかったけど)



という事で、シミケン祭り!な一日。


シミケンは、柏のサポーターに成長した姿を見て貰えたと思う。
(でも、シミケン的には、もう柏が古巣という印象は薄れたとの事だが…)

やっぱ、サッカー選手は試合に出てナンボ!だという事だよね。

GKって、枠が少なくて大変なポジションだけど、
シミケンは自分の地元柏から山形に来て、
"自分の居場所を見つけた"んだなぁー…と。

あの吼えるようなコーチングで、
これからも山形のゴールマウスに鍵をかけておくれ!



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏戦 【試合前編】 食い物ばっかし…
2009-05-04 Mon 01:10
個人的にとても楽しみにしていた柏レイソル戦。

雨も雪もテポドンも降らない日」だー!


柏レイソルのトラック
柏戦

この場所にいつも停まっている対戦相手のトラック。
入り口を入ってこれを見ると、毎回、実感がわく。

「今日は柏!」とかいう感じで。

トラックも、クラブによってそれぞれ違っていて面白い。
柏の場合、"日立運輸"という文字が入っていたりして、
やっぱ日立って色んな産業を持っているコングロマリットなんだなぁーと改めて実感。


スタグルメの屋台付近
柏戦

やっぱ、天気がいいとこの付近にも活気!
2時間前に行って、この人だかり!

雨だと食べ物に雨が入ったりするし。
やっぱ晴れってイイ!なんて実感、んで、ムクムク沸き起こる食欲!

写真には「1」の番号のユニを着ている子供が写っているが、
そういや、GKの色のユニとかTシャツって山形は無いん?

TシャツレベルだとGKの色のを売っていたりするところもあるんだけど…。

山形のGKはやっぱ赤!っていうイメージなんだよねー。
(シミケンはめちゃくちゃ赤が似合うよね)

初お目見え?山菜汁
柏戦

限定何食(数は失念)かで売っていた、山菜汁。

結構沢山の種類の山菜が入っていた。
今の時期ならでは。

同行者が購入したのをちょろっと食べさせて貰ったのだが、

うんまい!

ニシンからイー感じのダシが出ていた。

実家ではワラビを取りに行った後とかに、
ワラビ汁が出るのだが私はアレがだーい好き!

あれもニシンが入っているんだよね。
自分で作ったこともあるんだが、
あれ、みがきニシンじゃないと美味しくできないんだよねぇ。
で、みがきニシンって、案外山形以外だと売っていなかったりするんだよね、
ソフトニシンとかそういうのしか…。

で、山菜とニシンのコラボは最高!



ロールタコス2種
柏戦

これも今回初めて食べた。
スパイシービーフ(だったけかな?)と、チーズ味のヤツ。
ビールプリーズ!な味。
(写っている手は私の手ではないです。さすがにこんな風に手の甲まで毛は生えてませんよ…)

岩のりうどん
柏戦

これまた初めて食べた。

飛魚の出汁って、初めて食べたなぁー。
これって庄内風味?

ブシ系の出汁よりも上品なお味でした。
岩のり、めっちゃ歯にひっつくけど(きっと笑ったらお歯黒状態)、
美味しかった!

今回は、天気が良くて暖かかったからか、
芋煮にあんまし列が出来ていなかったなぁ。

その代わり、冷たい肉そばに行列が出来ていた。

限定「柏餅」
柏戦

カリーパンの行列に並んだが、なんということか!
私の前の人で限定のカリーパンが売り切れ。

で、代わりに一緒に売っていた「柏餅」を購入。

ひとつがずんだ、もうひとつがあんこ。

私は甘いものが食べられないので、あんこは未食だが、
ずんだは一口貰った。

「ずんだ」って、私の周りでは「ぬだ(ぬた?)」って言うんだよねー。
なもんで、ぬだ餅って言っていいのか、
ずんだ餅って言っていいのかわからなくなるときがあるんだよなぁ…。

余談だが関東に行って
団子にずんだが無いというのを知ったときは
"静かに驚愕"!

甘いものが苦手なので、唯一食べられる団子はずんだなのに…。

……と、まぁ、山形の人しかわからないネタが多くなってしまったが…。

スタに行くと、みょーに腹減る!
で、折角山形に来たのなら、出来るだけお金落とそうという思いもある。
という訳で、
「NDスタに早くつくのはスタグルメをがっつくため!?」
みたいになりつつある私である…。

そうそう、スタジアムに向かっている時に、
近くを歩いていたカップルの女性が私のユニを指差して
「何でみんな12番なの?」
とかいう質問を彼氏にしていた。

その彼氏は
「12番はサポーターの番号なんだよ」
と説明していた。

GWという事で、サッカー観たことも無い人が沢山来ていて
「楽しい思い出を作ってまた次来て欲しいなぁ…」
と、思った。

柏レイソルのサポーターって、案外12番を付けている人が少なく、
それぞれが思い思いの選手の番号をつけていて、
しかも、サインが入っているユニを着ている人が多くて、
すごく選手とサポーターが密着しているんだなぁ…と思った。

毎年思い思いの番号をユニに入れるのも楽しそうだよね。

んな感じで、食べ物の話と化してしまった今回…。
皆さんは、いつも何を食べていますか?


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ |

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。