スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「行く!いぐ!」
2009-08-29 Sat 17:50
明日、ホーム広島戦。

ガンバ大阪との試合。
弟を連れていってゴールの瞬間に鳥肌を立て、
とても試合を楽しんでくれた弟。

(そん時のエントリ ・ガンバ大阪観戦記 【弟モンテデビュー試合前編】
・ガンバ大阪観戦記 【鳥肌ぶわわー!の経験】
・ガンバ大阪観戦記 【嬉しかった言葉】">・ガンバ大阪観戦記 【嬉しかった言葉】


また誘おうと思っていたのだが、
ホラ、姉としてはちょっとだけ遠慮してしまう訳ですよ。

「姉とサッカー観戦とか、弟的には微妙な感じだろうなぁ」

(そういやむかーし、下の弟がお年頃の時、「姉ちゃんと一緒に出かけると、彼女だと友達に思われるかも知れないからちょっと…。」とか言われた。私と下の弟、すっごく歳離れているっての!誰も思わねぇっっての!とアホらしくなった…)

とか、
「ガンバ大阪は見たいけど、広島は…とか言うかも知れないなぁ」
とか…。

だけど、一試合でも多く、ホームの試合を楽しんで欲しい。
と、いうわけで、今週の始め弟の携帯にtell。

「あー、あのさ…。今週の日曜日、おまえ、予定ある?
広島戦あるんだけど、行かない?(ちょっと遠慮気味になってしまう私)」

そしたら、
「行く!いぐ!」
だって!

ヤター!

こんな事、どってことない事かもしれんが、
私的にはかなり嬉しかった。

モンテの試合に誘って、
ソッコー返事で行く!って言って貰えるのは嬉しい。
好きになってくれたのかしら?ふふふ。

「チケットの買い方、よくわからないから、よろしくお願いします。」
だって。

もう既に買っているっつの(笑)

前にも書いたが、チケットを購入する時は、
一緒に行く相手が決まって居なくても、
2枚分買うことにしている。

そうすっと、必ず誰かを誘う事になるし、
最初に買っておくと、
結局誰か一緒に行ってくれる事になるんだよね、不思議と!

だからと言って一緒に行った人が全てモンテの試合を
見に行ってくれるようになる訳でも無いのだが、
取りあえず1人でも多くの人に「きっかけ」位はあげられるかなぁと。
私が出来るのは「きっかけ」だけだけどね…。
そしてそこからは、その人の自由。


今月、両親にご飯をごちそうする予定だし(予算は2万位かな)、
チケットも数試合分×2人を購入と言うことで、
4万くらいはぶっとぶけど、
そういうお金の使い方って、
自分的にはすっごーく納得して出せるお金。
全然勿体なく無い。

くっさーな言い方をすると、
生きたお金の使い方だなんて思ってしまう。
そんできっと、全国、それぞれのスタジアムに来る人達っていうのは
同じような気持ちなんだろうなぁーと思う。


ガンバ大阪戦の時は、
弟の所用でギリギリにスタジアムに着き、
色んな事を楽しむ余裕が無かったが、
今回は早めに行って、色々食べたりして
試合が始まる前の楽しさも知って欲しいなぁと。


っていう訳で、これから山形に帰省しまっする。

明日、天気もってくれればいいな…。


それでは、明日、スタジアムで!!

追伸:明日は選挙の日。県外から来る方などは、期日前投票をするといいですよー!

アフガニスタンではタリバーンが投票を終えた印となる指にインクが付いた人を見つけたら
「指を切り落とす」と脅しているそうだ。
世界には命がけで選挙に行く人もいる。

私は会社帰りに仙台駅前で期日前投票をしたのだが、手ぶらで大丈夫だった。
びっくり!選挙も進化しているのね。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
・ガンバ大阪観戦記 【嬉しかった言葉】)また誘おうと思っていたのだが、ホラ、姉としてはちょっとだけ遠慮してしまう訳ですよ。「姉とサッカー...">別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山形vs浦和 ケーキ日本一
2009-08-29 Sat 01:20
会社の飲み会から終電の午前様で帰宅。

いっつも思うのだけど、
仕事の飲み会って、
その時は楽しいような気がするが、
飲み会が終わって帰宅する途中、
すごくむなしい気分になるのはなんなんだろうねぇ?


取りあえず、職場に、
コンサドーレサポと、
ブランメル時代からのベガルタサポがいるのが
わかった。
コンサドーレサポは仙台からわざわざ札幌に行く程らしい。


と、言う訳で、前回の続きを…。

新庄からの帰り道、
偶然発見したのが尾花沢の道の駅。

何だか新しい建物。

尾花沢の道の駅
新庄

尾花沢らしく、スイカとかの販売も。

「だし」関係が沢山売られていた
新庄

だしはさ、納豆昆布で自分で作ったりもしたけど
(実家ではそうするし)
見たことが無いだしっぽい物も沢山売っていた。

その中から写真にある「ねぎからし」を購入。

ねぎ風味でさっぱり風味だし、
ご飯だけじゃなく、
素麺とか冷や奴とかにも合いそう。

道の駅にある産地直送販売所尾花沢

こんなに買っても…
尾花沢

こんなに沢山買ってもたったの750円位!

写真にあるラフランスジュースが350円位だったのを
考えると、めっちゃ安い!

で、ラフランスジュースは甘すぎず、
フルーティーで美味しかったよ。

尾花沢のすいかわいん
尾花沢

ワインの色はスイカっぽいほんのり赤。

で、グラスにつぐと「わ!スイカだ!」と言う感じに
スイカの香り。

ちゃーんとスイカの風味があるワインでした。


その日の山形新聞
山形新聞

丁度、FC東京戦の次の日だったので、
山形のコンビニで山形新聞を購入。

一面にトップ!
(点を入れた長谷川選手だけでなく、赤星選手がめちゃくちゃ嬉しそうな顔だ。
この写真の赤星選手、相撲の首投げを決めようとしているみたいに見えるのは私だけ?笑)

16面と17面にもすんごい大きな記事が。
他にも、20面にアボリジニダンサーの記事と、
モンテに対する寄付金の記事が。

初めて山形新聞買ったけど、
やっぱ地元紙ならではの記事の大きさで楽しい。

地元だと、試合の次の日もこんなお楽しみがあるのね…。
羨ましいぞ~!


山辺 喜代松東支店
山辺

窯出しシュークリーム
山辺

最後に寄ったのがこの店。

お盆に帰省した時、
弟に「シュークリームが美味しい店」と教えて貰ったのだ。

なんかねー、
シューの皮が、サクサクっていうか
カリカリ。

中のカスタードはちゃーんとバニラビーンズを使っている。

これで、110円って今時あり得ないくらい安い!
めちゃくちゃコスパいいよなぁ。

普通シュークリームって210円~240円っていう
イメージだもん。

その名の通り、
ちゃーんと窯で焼いているみたいだよ。
なかなかお勧めのお店だ。


そう言えば、9月はレッズアウェー戦があるが…。

ぬわぁんと!

◆山形…一世帯当たりのケーキの年間購入金額、日本一

◆埼玉…ケーキ の消費量、日本一


(山形の「ケーキの年間購入金額、日本一」って意外な感じがするのは私だけ?)

消費量と年間購入額ってほぼ同意語なような気がしないでもないが…。

…と言うことで、ケーキ日本一なのです、どちらも!


山形vs埼玉。
またの名をケーキダービー!
(何かまったりとしたダービー名だな…。ごめん、勝手に言ってみただけでしたん)




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | 山形のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
名作アニメ・マンガの住まい展@新庄
2009-08-27 Thu 20:06
ファグネル ヒベイロ ダ コスタの加入が決まり、
アンドレがモンテを去った…。

アンドレはスタジアムで何回か見かけたけど、
いっつも小さな自分のお子さんを連れていた。

一度も私はピッチの上で見ることは出来なかったが、
あの小さな子供のためにもなんとか頑張って欲しかったが…。

柏レイソル、李 忠成選手の移籍には度肝を抜かれた!
柏の方達は愛着がある選手だろうねぇ…。

去年、レンタルでモンテに来ていた、
馬場憂太選手もヴェルディに決まったようだし。

夏にはやっぱりサプライズがあるものなんだなぁ。
ファグネル選手には期待!19歳ですって!

それにしてもサッカー選手って、
つくづく大変な仕事だ。


先週、山形の新庄に遊びに行ってきたので、
今回はそのご紹介を。

新庄は、友達の結婚式以来。

今は、東北自動車道→東北中央道という流れで高速に乗れるので、
以前よりも行きやすくなった感じ。

お目当ては
「名作アニメ・マンガの住まい展」

盛岡での開催の他に荘内銀行新庄支店でも行われていると
仙台のテレビで取り上げられたのを見て。

山形新聞のサイトにも紹介が→名作アニメ・マンガ住まい展 山形新聞


のび太の家
新庄

おばあちゃんの部屋があったって皆さんご存じでした?
私は初めて知ってびっくり!


クレヨンしんちゃんの家
新庄

みさえは専業主婦で共働きでは無いのに、
あの若さで春日部に一戸建て、
車も持っているなんて、
なかなかの甲斐性なんだなぁ…、ひろし!


ガンダム官舎
新庄

アニメで見たあの家は官舎だったのか…。

釣りキチ三平の家
新庄

ここは、三平と一平じいちゃんの男所帯だよね。
子供の頃、マンガ持っていたよ、何故か。
子供の頃、山辺の大沼へ父に釣りに連れていって貰った事が。

釣りは、渓流釣りが好きだ。
渓流の魚ってそれはそれは美しい。

そういやモンテ選手の「釣り部」は
最近活動していないらしいねぇ。
みなさん、ゴルフに移行したのかしら。


入場無料
今月31日までやっているそうなので、
興味があるかたはドゾー!

会場にあったアンケートに記入したら、
今日、本人からお礼状が届いた。
こういうのって、嬉しいもんだ。

その時のアンケートの
「今後模型で作って欲しいアニメの家は?」
という問いに、
「バキの家」と記入(笑)
(マンガのバキ、面白いよなぁ)

あの家、すごい単純な作りなので、
違う家にしたら良かったかしら?


次に、新庄駅に「ゆめりあ」という物産館があるとの事で寄ってみた。

しそ巻きの粉
新庄

しそ巻きって山形の郷土料理なのかな?
昔、ばあちゃんの家で食べたことあるけど。


納豆たくさん
新庄

納豆が沢山売られていた。
新庄って納豆が有名なのだろうか?

いくつかの納豆を購入。


金田さかな屋のすじこ
新庄

すじこが美味しい魚屋と手持ちのガイドブックに書いてあったので、
行ってみた。

こんな感じで2,000円。
私はたらこ派なんで、すじこをあまり食べたことが無く、
これが高いのか安いのかよくわからないけど、
すじこの一等品との事。

販売は一腹単位。

食べる時は、包丁で切っては駄目、
筋の部分を鋏で切って食べて、との事。

新庄は昔両親に連れられて、
春の「かど焼き」大会に行ったことがあるだけで、
あまり知らなかったが、なかなか面白かった。

そういや、「かど」がニシンだとは数年前まで知らなかったわ~。
「かど」という魚があるとばかり…。

でっかーいニシンの切り身を焼いて食べるのは
山形ならではなような気がする…。
(子持ちのが好きだったなぁ)

…ローカル話になってしまった。

私、郷土料理を案外知らないなぁ…と。

最近、めっきり老けた母を見て
(年に数回しか会わないから余計、親が歳取ったなぁ…と感じる)
「今のうちに母に教わっておかなくちゃ」
と思うのだが…。

オカーサン、私はアナタの味を受け継いでいけるのでしょうか…。

「結婚した先のお母さんに料理を教えて貰った方が喜ばれるよ。」
とオカーサンは言うけど…。

いつか、私、母の味を思い出して
後悔するときが来るのかしら…ね。


皆さんは、どういう郷土料理を作っていますか?

私は、芋煮、納豆汁、だし、位かなぁ…我ながら少ないね…。
ぬた(ずんだ)は以前挑戦したが
出来上がった物は何かが違った(泣)


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

別窓 | 山形のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
あのライトはまるで灯台だ(練習見学)
2009-08-26 Wed 22:00
今月の17日、モンテの練習を見に行った。
(ゴメン、古い話で…でもupしそこなっていたので)

初めての練習見学!
(だからなんだ!というツッコミは無しで 笑)

週末は試合、
かりに日曜日の試合でも
土曜日の練習は非公開だったりで
練習見学はほぼ無理…。

去年、「練習を見るだけのため」に高速バスで行った時は、
モロに非公開の日…ort (そそっかしすぎる…)

その時のアホーな記事はこちら→練習見れずに遭難しかけちゃったし


17日、家から母の車でスタジアムに向かう。
スタジアムへ向かう途中、新しい道が沢山出来ていて
知らない道だらけ。
(私の土地勘は高校生の頃で止まっているのだ)

どんなところでも東西南北が何故かわかる&
一度通った道は忘れないという密かな特技があり、
ラリーのナビゲーターになるのが夢で、
ライセンスを取ろうと思っていた時期があった私。
(もうそれはサスガに諦めた…)

でも、13号に出ようと思ったのに、
何故か、13号のガード下くぐっていたりするのよーっ…(笑)



が!スタジアムのあのライトが道しるべに。

遠くからでもわかるあのライト(何て言う名前なのだろう?)に
引き寄せられるように車を走らせる。
(私は蛾かよ…)


あのニョキッ!とそそり立つ4本のライト。

「まるで灯台のようだなぁ。」

そう思った。
灯台のように、私達をスタジアムに導くモノだなぁーと。


試合の日。
県境を超えてスタジアムが近づくとともにライトが見えてくる。
その瞬間、毎回、「ホームに来たなぁ」と思う。

モンテに関心が無かった時は、
風景の一部にしか過ぎなかったあのライト。

だが、今ではあれを見るだけで、
ホームに来たんだなぁーと郷愁みたいなモノを感じる。



無事にたどり着き、駐車場に車を停め、
練習場へ歩いている時、ドキドキして来た私。

「練習を見るくらいでドキドキする私ってなんだろ?」
と、そんな自分にびっくりっていうか、ちょっと引いた…(笑)
トキメキ過ぎだよな…。

京都戦に出た選手はランニング
練習見学

ゆったりした速度でランニングしていた。

別メニューの園田選手
練習見学

怪我明け(?)の園田選手は別メニュー。
「ポールの間を抜けてボールを受ける」みたいな事をずっとやっていた。

引き上げていく選手達
練習見学

試合に出た選手は、ランニングが終わると、
木陰でストレッチ。

お昼前には、引き上げて行った。

取材を受ける長谷川選手
練習見学

長谷川選手は取材が多くて、
期待の大きさ&注目度の大きさを感じるなぁ。


選手達を初めて近くで見て、嬉しさのあまり
ボケーッと見ていただけの私w



一見、近寄り難く見えたりするシミケン。

しかし、シミケンファンの子供が、
「シミケーン!」と声をかけたら、嬉しそうな笑顔。

いいなぁー子供は…、その辺の躊躇が無くて…。

…なんて選手に声すらかけられない私は
羨ましかったり。

北村選手
練習見学

全国の北村選手ファンのあなたへのサービスショット!

…のつもりが、後ろ姿になってしまった。
実物は、とーってもかっこよかったですよん。


それまでは、私にとって選手はピッチの上に立つ姿だけで
遠い世界の人達だった。
だけど、こんなに近くに感じられるなんて、
アットホームな環境だなぁーと思った。

「あー!また見たい!」&「練習見て嬉しかったー」
という気持ちを抱きつつ、山形を後にしたのだった。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | モンテディオ山形 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
コメントを拝見して思ったこと
2009-08-25 Tue 23:44
「どうしたんだい…ずっしり来た試合」
にコメントを頂いて、改めて思うところが沢山あったので。

ここで、コメントの返事にかえて
それを書かせてくださいませ。



>なーんか、「モンテの選手から伝わってくるモノ」が無かった試合だなぁ…。

と、前回書いた。

「伝わってくるモノ」って何?
この文で私は何を書きたかったのだろう?と、
改めて自問。



川崎は確かに強い(などとアッサリとした言葉よりもずっと強いが)

だけど、同じように「強いなぁー」と心底感じた鹿島とガンバ大阪にも
モンテはとてもいい試合と素晴らしいプレーを見せてくれた。

サッカーって、どんなに強いところでさえも
びっくりする位点を取られたり、
びっくりする位支配されたりする試合が必ずある。
不思議だナァー、ほんと。


だから、モンテがいつもいつも同じようなレベルの試合が
出来なくても、それを責めるべきでは無いのかも知れない
(怪我人も多いし)


だが、最初から、「強い相手だから、負けても仕方ない」
っていうのは、モンテの選手に対して失礼な事だと思うのだ。


暑かった試合は、今までにもあるし、それは相手も同じ。

今回負けた、川崎とのホームでの試合。
あの試合もめちゃくちゃ暑かった。

が、素晴らしい試合だったと思う。
最後に1点入れられちゃったけど。

あの試合は、観ていて楽しくて、手に汗を握ったし、
何より選手の気迫と汗がスタンドまで飛んでくるように感じた。

責められて責められて、そしてまた責められて、苦しみながらも
勝ち点(例え1でもそれは素晴らしい勝ち点1だ)がうっすら見えたような試合。

それだけに、負けたのが、悔しくて、悔しくて!
選手の頑張りが報われて欲しかった。

だけど、同時に

悔しいけど、素晴らしい試合をありがと!

いいもん見たなぁー!!
いいもん見せて貰った!


と、鼻息ブッフォー!。


負けたのが、「しょうがない」とかじゃなく、
「くっ、悔しー!悔しいぞー!」と地団駄踏みつつ、
「ありがとう!」と選手達に言いたくなるような試合。



すんごい抽象的だけど、
ああいうのが私にとって「伝わってくるモノ」。

(ううぅ。私の文章力では説明するのにこの辺が限界…)



今回のような敗戦の後、ネガりそうになる人を蹴散らすように
晴れやかに勝った試合もあった。
次回の試合が、そうであることを!



沢山のレスポンスいただき、びっくり。
コメントをいただいた方、本当に有り難うございました。


追伸:てんどう2さんから頂いたコメントで、
あっ!そうかーと。
やっぱマサルは疲れていたのかも知れないなぁーと。
ごめんね、マサル。
どうしたんだ?とか書いて。
(あれは励ましで書いたのだけども、そんでもゴメン…)

追伸2:私の「肥やし」ネタにおつき合い下さり、
肥やしコメントくれたお優しくてノリの良い方々、
有り難う!

きっと、モンテはあの肥やしで大きな花を咲かせ、
実を成らせてくれる事でしょう。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
どうしたんだい…?ずっしり来た試合
2009-08-24 Mon 22:55
昨日の川崎戦。

ひとつの試合を観て思う事は人それぞれだろう。
ましてや私は、現地に行った訳では無い。
だが、色々思うところがあったので。。。

西河選手の怪我は痛い。

正直、試合前のスタメンを見たとき、
かなりキツイ試合になりそうだなぁと思った。
選手も、監督もそれは重々承知だったろう。
何せ、相手は川崎。

だけど……だけど、だけど!

どうしたんだい?選手達?

前半は、見ているのがきつかった。

マサル大丈夫かい?
FC東京戦でも、集中力に欠けていたような感じがした。

私は、あんなに前に上がるのに、しっかり下がって守備をする
マサルの姿が好きだった。
思い切りのいいミドルがだーい好きだったのに。

それなのに、どうしたんだい、マサル?
疲れているのかな…。
時節は、累積で欠場か。
そうならゆっくり休んで、
またイキのいい、
マサルになって戻ってきておくれ。

…なんて、マサルの事ばかり書いてしまったが、
他の選手も、ミスが多かった。

これじゃいったい今回、2点で済むのか?
と恐ろしい恐怖にさいなまれそうになった後半。
大分立て直したが、結局2点を前半に取られたのが痛かった。


点差よりもずっと、ずっしり来た試合。


川崎の攻撃力がどうこう…とかより。
なーんか、「モンテの選手から伝わってくるモノ」が無かった試合だなぁ…。

よくモンテは「個の差」「選手層の薄さ」とか言われる。
だけど、カテゴリ、ステージは他のJ1クラブと一緒なんだから、
言い訳には出来ない。
言い訳には出来なくても、それって私達モンテファン・サポは
重々承知。
(そして、そんな事ばっかりマスコミに言われるのはちょっとウンザリ…だよね)


それなら、せめて、負けていても1点を取りに行く姿勢を見せて欲しかった、
と思うのなら私だけだろうか?
最後まで、諦めずにガツガツと点を取ろうと走る姿が見たかった。

その姿があったら、きっと私、納得したと思う。
納得して、「よく頑張った!次だ、次に切り替えよう!」と
拍手すらおくれたかもしれない。

私に、サッカーの面白さは、
「華麗なプレー」や「圧倒的な強さ」だけじゃない、
闘う姿、スピリットみたいなものに面白さがあるんだって
教えてくれたのがモンテだったのに。


どうか観る人に伝わってくるプレーや試合を!
サッカーに詳しくない人や私みたいな初心者にも、
その辺のところは、伝わってくるものだったりするんだよ。


最近、耳に残った言葉。

「肥やしは臭いほどよく効く」

だからね、今回の試合は、モンテにとって
肥やしだ。

きっつーい負け方=(臭いほどの)肥やし
だ!(変な言い方だな…)

負けは胸が痛む。胸が痛いほどの負けだ。

だが、今回の試合は肥やしとして次の試合の肥料にしてくれ!



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


別窓 | モンテディオ山形 | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
FC東京戦 観戦記 【ローン!て感じのゴール】
2009-08-23 Sun 00:31
粘って、粘って、粘りに粘って、
凌いで、凌いで、我慢強く凌ぎきった
モンテディオの選手がむかえた、
あの瞬間。


去年のモンテディオは、
「1点先取した試合はほぼ勝つ」
という位、先に点を取った試合の勝率はすごかった。

逆に言うと、先取された時は…という事。

だけど、今年のモンテはほんと、
粘り強くなったなぁーと思う。
(なんて、去年の後期から見始めた私が言うのはナマイキだけどサ)

麻雀とかでも、凌いだ後って、
びっくりするような配牌が来たりする事があるが、
ああいうのって、なんだろうね?
勝負の神様っているのだろうか?
苦しんだ後に、ご褒美のような喜びの瞬間が
来る時がある。


長谷川選手のゴールは、
「ローン!」
と、牌をバーン!と倒したような気持ちよさ。
まるで、ダブル役満あがったような高揚感。
(ゴメン…例えがハスッパだな)



あの歓声!

その歓声の中で歓声をあげる自分。

それを体験しながら、
「これは歓声じゃない、もはや。地響きだ。」そう思った。

ゴーッという地鳴りのような歓声。


たった1つのシュート。
たった1点。


それなのに、なぜあんなに嬉しいんだろ?

誰か教えて。
自分でもほんとのところ、よくわからない。


勝つとか負けるとか、
残留とか降格とか、
そういうのももちろん関係ある。
っていうか、かなり関係ある。

だけど、そういうのを超越した嬉しさみたいなのがあるよねぇ。


アディショナルタイム、「4分」という表示。

去年の昇格争いの中、
福岡戦で、1人足りなくて1点リードしてむかえたアディショナルタイム。
あの時も4分だった。

あの福岡戦、
「4分」という表示が出た瞬間、スタジアムの中には、
「随分長いねー」という不安と、4分と言う時間に対してのちょっとした絶望。
それが漂った。


同じ位長く感じた、今回の4分。


「ほら、ピーだ!笛だ!終了の笛吹けー!(と心の中で審判に命令) 終われー!早く終われー!」
と念じながら見つめた今回のアディショナルタイム。

福岡戦では、昇格のために必要な勝利。
それは、祈るような気持ち。

だけど、今回の4分はちょっと違った。
祈るような気持ちは同じ。

だが、「来るぞ!来るぞー!勝利の瞬間が!!」
という勝利に向かうカウントダウンだった。

手が痛くなる位握り締めてむかえる勝利だった去年。

今年は、残留と言うプレッシャーはあるけど、
勝敗が全てだった去年と比べ、
心の底から楽しめている、私。

そんで、他の観客にもそれを感じる。




それにしても、シミケンはすごかったなぁ。

でも、ヒーローインタビューでの
「負けちゃうかと思ったけど、勝ててヨカッタです。」
みたいな、コメント、ちょびっと笑った。

小学生の作文みたいなんだもん(笑)

強面気味のシミケンだからこそ、
あのコメントに味があるっていうか。
そして、素晴らしいセービングだったよー。

木村誠選手。
交代で入った時、近くの人(モンテサポ)は「誰?それ誰?」という言葉が。
私も、実際は、初めて見る。
だが、よかったね!ほんとよかったね、木村選手。
大きな怪我を乗り越えてピッチに立てて。
いろんな選手に、チャンスがあるチームっていうのは、
選手にとってモチベーションがあがるよね。

試合後、どんどん焼きに並ぶモンテサポ
FC東京戦

試合後を中央広場でゆったりすごしてから帰る人も多く。

渋滞を何だかんだ言うよりも、
こうやって適度に時間をつぶす事に慣れて来た方も多いみたい。
(山形サポが一番並んだのは、どんどん焼き(笑) やっぱソウルフード?)

ちょっとずつ、サポも進化しているよね。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | 試合観戦記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
FC東京戦 観戦記 【私達も出陣気分】
2009-08-22 Sat 23:23
私達の車は、某関東ナンバーなので、
NDスタ駐車場で、
「あ、東京サポだ。」
とか、指さされてしまった(笑)
「わざわざ、車でねぇ…」とか近くに居たおばさんに有難がれたけど、
ごめん…違うのよ…。


FC東京戦は、以前からかなーり、楽しみにしていたカード。


J1に昇格し、ジュビロ磐田に6-2、
名古屋グランパスに0-0とびっくりする位好調な滑り出しをした
モンテディオ山形。

FC東京は、そのモンテに初めてJ1の厳しさとキツさを
教えたクラブ。

あの負けは、印象に残っているなぁ。
「個の力の差って言われるが、こういう事か…。」と。

FC東京と言えば、サッカーの話をしていても
たまに名前があがるのが石川選手。
彼はいいプレイヤーだよなぁ、ほんと、いい選手だ。

FC東京の選手の中では、
ダントツ石川選手をみたかったが、
怪我していて欠場。
今回の試合、石川選手がいたら…
FC東京の怖さはかなりだったかも。


試合前のスタメン発表の時、
キム選手の時も多少のざわめきが起きていたが、
赤星選手の時は、かなり大きいざわめきが。

「驚き」と「期待」をもってむかえられた
赤星選手のスタメン。

スタジアム内のテンションも少しずつアップ。

スタメン発表の瞬間は、何回体験しても
ワクワクする。

あの時、
「J1出陣」という文字が大きく浮かびあがるが、
まるで自分までも出陣しちゃっているような(笑)感じなの。
頭の中で、ほら貝の音が鳴っちゃっているっていうかさ(笑)


モンテディオにとっては、
毎回、格上の相手との試合な訳で。

だから、挑戦者として下克上の気持ち。



FC東京側のゴール裏
FC東京戦

平日にもかかわらず、結構な数のFC東京サポ。
私の席の近くにも、「年配のお母さんと娘」とかいう感じの方々や
年配の女性グループなんかもいたりして、いい感じ。


前半、0-0で折り返した試合。
ハーフタイムチケットで試合を観にこられた人にとっても、
期待を持ってスタジアムに入れるいい展開だよなぁ。
後半から来られた方々もかなり楽しめたのではないかな。
本当にヨカッタ!


そ、そして、長谷川選手のあのゴール!


と、いう事で、次回に続く。。。。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
FC東京戦 【カリーパン制覇しちゃったり】
2009-08-22 Sat 01:32
「対戦相手を喰っちゃおう!」という炎のカリーパン本来の意味に
必勝の願いを込めて、
発売されたカリーパンを制覇だー!の巻。


煮あなご入りカリーパン
FC東京戦

焼きあなご入りカリーパン
FC東京戦

どちらも、あなごが入っているのがおわかりになります?

「どっちも同じ味だろーが!」
とお思いになった方!ノンノン!

煮アナゴはふっくら、焼きアナゴはしっかりという感じでしたわ。
(そんでも、味自体はカレーにまぎれちゃってんだけどサw)

カリーパンサンド
FC東京戦


「カリーパンの衣で挟んだだけだろー?」
と思った方!ノンノン!(こればっかだな)

ちゃーんと、カリーペーストも塗ってあり、
カレー味なんである。

で、これ、めっちゃうまー!

卵トローリ、きゅうりシャクシャク、
衣サクサクで色んな咀嚼感覚のコラボ。



あと、写真を撮るのを忘れたが、
深川めしのカリーパンも購入で、
ほぼ売っているカリーパンを制覇(笑)
(お前ら何個食べてるんだよ?というツッコミはなしで)

勝づんだ餅
FC東京戦


「づんだ」と「勝つんだ」をかけた、
ナイスな商品名(笑)

っていうか、私んとこ(山形市)では、
ずんだって「ぬだ(ぬた)」って言うのだけど。

ずんだと言えば、関東に居る時に、
団子にずんだが無くて、あれ?全国版じゃなかったのねぇー?と。

そん時付き合っていた人も、
ずんだは食べたこと無かったと言っていたなぁ。
だから、作ってあげたりしたよ、ずんだを。

おーい、元気でいてくれるかー!


中身
FC東京戦


ずんだも売っていたが、納豆の方を購入。
磯辺とかも好きだけど、納豆、うまいよねぇ。
(ゴメン、山形ローカルな話で)

このお餅は、お盆だから売り出されたのかもなぁー。

山形では、お盆とかにこういうのを(ぼた餅とか)食べるよね。
仏前にもあげたりする。

味の方は、納豆とお持ちのねばりがすごくて、なかなかなのだけど、
(粘りがいいなんて、まるでモンテディオそのものじゃーん!)
私的にはもうちょっと醤油を足して欲しかった感じよん。


飛魚出汁の岩海苔うどん
FC東京戦

私は、NDスタのこれがお気に入り。

飛魚の出汁って、これを食べる前は、食べた時無かった。

かつおとも違うダシが出ているのだよね。
淡白と見せかけて、風味がある。

食べると、岩海苔が唇に付いたり、歯にくっついたりして、
知らない間に間抜け顔になっていたりするが(笑)
「そんなの気にすんな!」
岩海苔がくっついた口で、ニヤリ。

冷やしなのが、暑いこの時期、ありがたい。



んでね…。

ふっふっふっ…。

トリを飾るのは、↓のカリーパン。

(ちょびっとだけ、グロ注意!。。。)



いなご入りカリーパン

FC東京戦


ふふふふふふ…。


「いなご」が、パンに止まった様な、
パンから飛び出した様な、

そんな感じに見えるが…。

ふつーに、半分に割っただけです(笑)


いなご食べるの、幼稚園位以来だぜー!


「いなご」って、FC東京のサポにかけてるの?
あの有名な「いなご軍団」にひっかけて、いなごなの?

カリーパン、そうくるかー!
と感心しちゃったり。



で、FC東京サポは自分達のあだ名がついたカリーパンを
買ったりしたって事かぁ。


なかなか、シュールですこと!


今回は、平日開催という事もあって、
有名ないなごっぷりを確認するにはいたらなかったが、
そんでも流石FC東京!

露店での1人の購入率はかなりのもの。
岩海苔うどんで並んでいる私の前の人は、
うどんだけでなくコロッケとかも買っていたし。
(やっぱ、首都圏の賃金の差なのか、
アウェーに来る人は余裕があるからなのか…)

前回の某サポの財布の紐がかなり硬かった印象に比べ
さすがだなぁーと。


FC東京サポが購入するカリーパンは、
あなごか、深川めし。

「いなご食べないの?い・な・ご!!いなごを食べると言うことにびびっている場合じゃないよ。
FC東京と言ったら、いなご軍団という素晴らしい称号があるのに。」
と思ったのは、私だけではあるまい。


平日にもかかわらず、沢山来ていただいた、
FC東京サポのみなさん、有難う。
J2時代に山形に来て以来の方もいらっしゃるんだろうね。
それを考えると、嬉しいねぇ。


そうそう、いなご入りカリーパンだが。

多少、いなごがボリボリ(笑)としたものの、
カレーの偉大なる包容力で、何の問題も無く食べられたのでしたっ!

あー、カルシウム摂取したぞー!という感じ。


そういや、我がモンテのヘッドコーチ長島氏は
ずっとFC東京にかかわって来られた方だし、
GKの遠藤大志選手は東京ガスからの選手だものね。
多少のかかわりがあるわけで。



J1に昇格して以来、
定着しているFC東京に尊敬の念と、
もと同じJ2で戦った同士という親近感が
スタジアムに漂っている雰囲気なのでした。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
FC東京戦 【アボリジニの人ナイス!&埋まっていくスタンド】
2009-08-21 Fri 00:33
FC東京戦の余韻もさめやらぬ今日、
とうとう6日間のお盆休みが終わってしまうぅぅ~。

ぬわー!明日から、仕事だぁー!


…と、言うことでせめて元気に楽しく、
FC東京戦を振り返って行きたいと思うので、おつき合いを。

山形舞子さん達
FC東京戦

ご、ごめんよ…、スタジアムに着いてすぐのところだったので、
試合に対するはやる気持ちが押さえきれず、
イマイチ綺麗に撮れんかった…。
実物は、もっちろん、もっとお綺麗だった。


今度の選挙の投票を呼びかけるキャラクターFC東京戦

ちゃーんと、モンテっぽいユニを着てるぞ。
胸の所に入っている縦書きの「せんきょ」が
妙にかわいいぞ。

って事はま・さ・か!
「せんきょ君」とかいう名前なのだろうか?

イモニマン
FC東京戦

キックオフ2時間前に着いた私達。
私、このFC東京戦に合わせてお盆休みをとったのだもの、
そりゃーテンション高いよ。

イモニマンと里子ちゃん(だっけ?違っていたらすまぬ…。里芋で出来た女性キャラ)が
暇そうにしていたので、なんとなーく一緒に写真を撮って貰った。

山形って言えば、芋煮会ですよねぇー!

私の中学では学校ぐるみで芋煮会があったなぁ。
(勿論、馬見ヶ崎川で)
飲酒防止のため、調味料には日本酒を使っちゃいけなかったり(笑)
(でもさ、いくらなんでも、中坊はポン酒飲まないよなぁ)

餅を入れたり、芋煮をするたき火で焼き鳥焼いたり、
焼き芋したり、それぞれのグループが工夫したりで楽しかった。
それも遙か昔の事よ(遠い目)

アボリジニ(ウォーレンクレメンツさん)の方と
FC東京戦

写真が小さくなったのは、
私達が横で、アホなポーズを撮っているから、
ソフトで切り取った訳でご了承を(笑)

この写真は、スポーツ21の職員の方が率先して撮って下さった。
有り難うございます。

アボリジニダンサーのウォーレンさんは
すっごーくサービス精神豊富な方で、
誰に対しても丁寧に接しており、
フレンドリー&ピースフル。

アボリジニって、オーストラリアにイギリス人が移住したことによって
色んな苦労があったみたいだが、
自分のルーツに誇りを持っているからこその
あのフレンドリーさなのかもなぁなんて思う。

アボリジニダンス
028_20090820202518.jpg

やり投げや、ブーメラン投げ(アボリジニって、ブーメランで動物の狩りをしていたそうだ。かっこええー!オーストラリアに旅行に行った母にブーメランのお土産貰った時に聞いた。でも、ブーメランは慣れないやつが使うと凶器に近いという事が、経験でわかったぞ、その時。受け損なうと「ぐはっ!」と言ったきりしばしフリーズする位痛い)のイベントは、楽しかった。

試合前でピリピリムードだったモンテの選手達も、
ウォーレンさんが、風船を割るのに失敗した様子をみて、
笑いがおき、ピリピリムードが和らいだとの事。

うお、ウォーレン効果は、選手達にもあったなんて(笑)

そして、ハーフタイムのあの 呪い 呪文

試合も勝ったし、なかなか効果アリだ!(笑)

近くのFC東京サポも楽しそうに観ていたし、
コンチネンタル航空、ただの広告だけじゃなくて
こんな風にイベントにしてくれるなんてナイス!

あと、坂井選手と渡辺匠選手もなかなかグー。
坂井選手の、コンチネンタル航空の紹介を読む口調の
たどたどしさに、場内から(あたたかーい)笑いが(笑)

仙台空港の「空港」とコンチネンタル航空の「航空」が
ごっちゃになっていて、内心、
「おいおい…、スポンサーの名前を間違うのは…チョットチョット(←死語)」
と思ったのは、私だけではあるまい(笑)

漢字の所を読むとき、自信なさげに若干、小声になる坂井選手。
思わず、「ガンバレー!」と声援を送りそうになったぞ、
試合中でもないのに(笑)

坂井選手、まだまだ若いし、ピッチにまた立てるように
頑張れー!
あと、漢字も自信持って読めるように頑張れー!(←大きなお世話)


この時点で、まだガラガラだったスタジアム。
それが、時間が過ぎるとともに、席が埋まっていく。


ほんと、嬉しかった!

後半から半額(ゴール裏はなんとワンコイン500円!)チケットを
売り出したのも、一定の効果をあげたと思う。

混んできても椅子に荷物を置いて居る人は
まだまだ目立つ。

だけど、少しずつ着実に観戦に慣れて来ているのが
手に取るようにわかるし、楽しそうに観ている人も多い。

平日で1万人超え。

海保理事は、「まだまだ上を目指す!(観客数を)」との事。

行こう!まだまだ上に行こう!

去年のあの広島戦の時、満員のスタジアムをみて
長年のサポの方が
「沢山人が入ったのをみて、嬉しくて涙が出そうになった」
とブログに書いていた。
その気持ちが、ほんの少しわかった夜。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村



別窓 | 試合観戦記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
モンテの選手御用達の蕎麦とか
2009-08-19 Wed 03:09
蕎麦だーい好き!

つー事で、実家に帰ると、
そば屋に行くのが楽しみだったり。

私の母は山形の境に近い天童出身。
高校の頃、山形市に汽車(その頃は電車じゃなく汽車ね)通学していた時、
友達と学校帰りに寄ったそば屋が、漆山寿々喜そば屋だそうだ。

ここ、モンテのファンタジスタ、財前が以前ブログでお勧めしていた(と思う)
蕎麦屋だったりする。

母は、「学生ラーメン」というのを食べていたそうで、
なーんと!その当時、50円だったらしい。

貨幣価値が今と違いすぎて、正直ピンと来ないのだが…(笑)

チャーシューとか入っていないラーメンだったそうな。

その頃は、掘っ建て小屋みたいな建物だったそうな(こんな事書いてスミマセン)

で、母と「行ってみよう!」という事で行ってみた。

すんごい混雑。
お店のオジサンが、他県からの車を駐車場に車を誘導する際に、
かなりギャンギャン怒鳴って誘導してるのを目撃。
いくら駐車場が狭くてもありゃないよなぁー。
って事で、この時点でも減点1(ごめんね)

母は板蕎麦。
私は鶏中華つけ麺。

山形あれこれ

つけ麺って太麺のイメージなのだが、
ここは細めの中華麺。

味はまぁまぁかな。

母が頼んだ板蕎麦は、白っぽく、田舎蕎麦が好きな母にとって
かなり微妙な味だったとの事。

まぁ、この辺は好きずきというか、好みの問題だと思う。

ただ、他県の知人がここで鶏中華を食べた時の感想も
「うーん…微妙…」だったので、
好みが別れるお店かも。

でも具だくさんなので、
満足度は高い。



違う日、弟に「ごちそうするから、一緒に行こう」と言われて行ったのが、
漆山寿々喜そば屋にほど近い「あきばや」。

同じ街道沿い。

祖母の家に行ったとき、蕎麦の出前っつーと
ここの蕎麦だったのだが。
もちろん、板蕎麦。
(板蕎麦っつーのは全国版だと思っていたガキの頃)
ニシンの煮たヤツとかも美味しかった記憶が…。


板蕎麦1人前
あきばや

弟が取った板蕎麦。
これで750円ですよ、奥様!

まじで美味しかったらしい。

冷やし鶏中華
あきばや

山形っつたら、「つったい(冷たい)蕎麦」よねー(笑)

鶏肉好きの私。
水車蕎麦の鶏中華よか、あっさり風味。
これはこれで美味しかった。

弟は、「今までの3本指に入るくらい美味しかった」との事。



さすがあきばやモンテ一色
あきばや

ラッシュの卓上カレンダーには、生のサインが!
(サインが入っている選手と入っていない選手があるのは、
食べに来た選手とそうでない選手?)

ちゃっかり、この間の花笠のうちわもあるしw

店の本棚にはラッシュのバックナンバーがばっちり!
「サッカーキング」という私が知らなかった雑誌も。

かなりモンテ色が強いお蕎麦やさん。
サポーターの皆さん、練習見学の帰りにもお勧めですよん。
もちろん、味もばっちし!

(我らが宮沢キャプテンもここから出前取ったりしてますよねぇ)

私が祖母の家に行くたびに食べていた蕎麦をモンテの選手が食べていると知ったとき、
すごく嬉しかったし、身近に感じた。

東京の神田藪蕎麦とかも好き。
長野の蕎麦も美味しかった。
新潟で食べたへぎ蕎麦も割と好きだった。

だけど、がっつり量が食べられて安くて美味しいというと
やっぱ山形だなぁなんて思う。

だから、板蕎麦上等!
1人で一枚食べちゃうぜー!なのである。
藪蕎麦とか、うまいけど3口位で食べちゃう私はそう思うのである。

去年、家族と長野の善光寺に行ったとき、
家族で蕎麦を食べた。
その時母が、「えっ!これだけしかないの?」なんつーことをほざいた(笑)

いやいやいや…、あんなに量があるのは山形だけだから、
それ山形ローカルの話だから!って
その時、めっちゃつっこみ入れたぞ(笑)


お店であきばやのようにモンテをPRしてくれる
ところは嬉しいよね。

ヤフーのあきばや地図はこちら


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 山形のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
東北の関ヶ原、長谷堂に行って来た
2009-08-19 Wed 01:55
19日のFC東京戦に合わせてお盆休みを取ったので
まだお休み。
が、既に帰省先の山形からは帰宅。

母は歴史好きで、山形のボランティアガイドになりたいらしく
歴史の勉強会などに通っているらしい。
実家は事業っていうか商売をやっているので、
定年とか関係なくまだ両親は働いている。

だからか、勉強会などに通っている母に、
母の友達が「そんな事している場合じゃないでしょ」と忠告したらしい。

うーむ…。
ほっとけ!ての。
私は、母が山形の歴史のことを学んだりするのは賛成。
それくらいの楽しみあってもいいと思う。
それに、母の歳になったら周りが何言おうと
自分がしたいことをして欲しいと思う。

こういう、人に忠告する人って、
何か自分がいつも正しいと思っているようで
なんか怖いなぁ…なんて思ってしまう私はひねくれ者なのだろうか。

そんな訳で、母は自分が得た知識を私達に披露したいらしく
山形の長谷堂に連れて行かれた。

長谷堂とは、山形の西に位置する山城の跡で、
古戦場。

「東北の関ヶ原」だそうだ。

登り口は2カ所程あるらしい。
階段が急だけど、短時間で昇れるが
駐車場の台数が少ないところと、
ゆるやかだけどその分時間がかかるが、
駐車場が多いところ。

私達は急な方を。

長谷堂城址の看板
長谷堂

NHKの大河ドラマでは直江が主人公だが、
その直江達が山形に責めてきたとき、
この長谷堂で最上義光が迎え撃ったのがこの長谷堂。

直江側からみれば、山形の盆地の入り口のような所。

伊達軍も最上家の援軍に駆けつけたとのこと。

母から聞いた話で「へーえ!」と思ったこと。

◆最上義光は豊臣秀吉の太閤検地の際に、
「自分達で検地する」とつっぱねたから、
山形の農民は、土地を取り上げられたりせず泣かずに済んだそうだ。

◆霞が城(山形城)は、全国でも数本の指に入る位の規模だったそうだ。
(一位はどう考えても江戸城だろうが)

歴史的には、策略家のイメージでイマイチ評価が低くなりがちの義光だが、
昨日の友は今日の敵の戦国時代にあって最上家が生き残ったのだから
政治面でも優秀だったのだろうと思うなぁ。


長谷堂の頂上から
長谷堂

登った時間の割には、結構高い山で、
見晴らし良し。


長谷堂の戦いの説明看板
長谷堂

以前、最上義光の資料館に行った時に見た、
合戦の屏風絵はこの長谷堂の戦いを描いた物だったり、
義光の兜に銃弾を受けた痕があるという事が説明であったりしたが、
それがこの長谷堂だったんだなぁと、
初めてリアルに合点がいった。

なので、長谷堂に行かれる方は義光の資料館も合わせて見ると
ジグソーパズルがはまるように理解できるような気がするのでお勧め。
(資料館では音声ガイドを貸し出してくれるハズなので
借りると分かり易いですよん)

この長谷堂の麓には、直江軍、最上軍、双方の勇敢に戦って亡くなった
武士の記念碑とかもあるらしい。
(名前は母に説明を聞いたが、失念)

その記念碑にも観光客がいたなぁ。

オカーサン、一生懸命説明してくれるのは有り難いのだが、
坂道を上りながら説明するので、
笑っちゃう位はぁはぁ言って、
説明がうまく聞き取れなかったよ…(笑)
「これが、ゼーゼー、何とかで、ここで…ゼーゼー、最上軍が…はぁはぁ…。」
って感じ。

ボランティアガイドする時、どうするんだろうねぇー。
なんて母と私と弟は笑いあったけど。

オカーサン、いつのまにか歳をとったのだなぁ。

親なんていつまでも怖いままで、
いつまでも自分よりも強いもんだと思っていたよ。

でも、もうそんな歳なんだなぁ。

ごめんよ、いつまでも親不孝で。

こんな事、ブログには書けるけど、面と向かっては言えない
私はいくつになっても素直じゃないなぁ。


ぼた餅

長谷堂

実家で食べた「ぼた餅」。

私、実は山形出身の人と付き合ったのは一回くらいしか無い。
で、付き合う人それぞれに「ぼた餅」の事を聞いてきたが、
だーれも知らなくて、
「えっ!?ぼた餅って全国版じゃないの?」とびっくり。

うちの身内では、正月はお餅、
お盆はぼた餅なんだが。

ぼた餅って、餅米を荒く突いたもの。
お餅よりも粘りけが無い。
おはぎとも違う。


私は、子供の頃からこれがダーイスキ!

「最後の晩餐」に何か食べるとしたら、自分ちのぼた餅!

一度自分で作ってみたが、同じように出来んかった。

母が亡くなったら(とか考えたくないが)、
私は母と同じ味で作れるのだろうか?
当たり前に食べてきた郷土料理の数々、
もしかして私は再現できないのじゃないだろうか?

そう考えると、すごく怖いし寂しい。

両親が亡くなることを考えるのは嫌だけど、
今のうちに色々聞いておいて、
しっかりと受け継がなければとも焦る今日この頃。

それにしてもぼた餅って、
山形だけなの?

その辺がわからない。

皆さんはどうですか?
教えて頂けると有り難いです。


山形県の長谷堂跡についてのHP→こちら

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | 山形のこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
終戦記念日に考えたモンテと戦争の事。
2009-08-18 Tue 00:26
私の両方の祖父は、
私にとってとてもいいおじいちゃんで、
お陰でとても楽しい子供時代を過ごす事が出来た。


母方の祖父の弟は、
戦艦愛宕に乗って南方で亡くなったそうだ。

祖父が戦地に向かう弟の見送りに仙台駅に行った時、
スイカを持っていったら、祖父の弟と同じ部隊の方達が皆で
仙台駅のホームで、そのスイカを割って食べて、
「美味しい、美味しい!」
とすごく喜んだのだそうだ。
恐らくそれが今生に会った最後だったのだろうが。

私の母は終戦の年に生まれた。
その時、祖父は戦争から戻って青森の部隊に居たそうだ。
母が生まれたという知らせを聞いて、
祖父と同じ部隊の人は、すごく喜んでくれて、
みんなで一献杯をかわしてくれたそうだ。

そういう人間らしいエピソードを聞くと、
みーんな普通の人だったんだなぁ…と切なくなる。

私が知っているのはその位だ。

祖父2人共戦争に行っているが、
殆ど戦争の事は語らなかった。
私が、母方の祖父が戦争に行っていたことを知ったのは、
亡くなってからだ。

なぜ、もっと聞いておかなかったのだろう?
と亡くなってから、思った。

今、戦争に行った方々が亡くなって、
だんだん少なくなっている。

世の中的に、
「戦争の事を聞いておかなければいけない。聞く義務がある。」
という風潮で
それはそうだと思うし、
私もずーっとそう思ってきた。



だけど、
「人には誰でも話したくないこと」
っつーのがあるんだなぁと。




話したくない事や思い出したく無いことを
無理に聞くのは暴力に近いのかも…と思うようになった。


話したい、話しておかなければ、そう思った時は、
必ず話してくれるはずだと思うし、
そうじゃない時は、無理に聞くことはないなぁと。


今年の夏、そう考えが変わった。

私はずっと、戦争の話を身近な体験者に聞かなかった事を後悔してきたが、
それはそれで良かったのかも知れないなぁ、と今は思う。

身内が集まってお酒を飲んでいたとき、
普段、戦争の話などしない祖父が、
戦争の話をし始めた時、
場が微妙な雰囲気になった。

私も心の中で「あー、ちょっとメンドクサ…」と思った事。

あの事は、後から後悔した。


戦争体験をした方が身内にいらっしゃるアナタへ。

無理やりに話を聞くことは無いとは思うが、
話そうとした時は、
本当に話しておきたいと思った時かも知れない。

だから、真剣に聞いてあげて欲しいなぁと。


それが、反省と胸の痛みとともに言える、
私の唯一のアドバイスらしきもの。


この間、私と弟はNDスタでとても楽しい時間を過ごせた。
それって、祖父達が戦争を生き抜いてくれたからなんだなぁと。
じゃなかったら、私は存在すらしないものね。



昔は、
「戦死した人達が今の日本をみたらどう思うのかなぁ?俺達が守りたかった日本はこんなのじゃ無い、と思うんじゃないかなぁ。」
と思っていた。

だけど今は、
「平和になって良かったなぁ。」
と思ってくれるんじゃないかと思う。

何一つ、青年らしい楽しみを知らないまま無くなった祖父の弟を
始めとする沢山の方達が昔居た。
その人達が、今の時代を見たら、
戦う場が、国と国じゃなくなり、
サッカークラブ同士になった今の時代。
きっと羨ましがりながら、
すごく喜んでくれているんじゃないかと思う。


もしかして、祖父が私と同じ時代に生まれたら、
私と同じように兄弟でNDスタでモンテの試合を観たかもしれない。
(祖父の家とスタは近いし)

そして、同じように楽しんだかも知れないなぁーなんて思う。

そんな事を思った、終戦記念日。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


別窓 | その他 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
はっじめてっ!の早退→花笠 その2
2009-08-15 Sat 22:28
京都戦、残念…。
でも、決戦は今週の水曜日、ホームじゃー!

と、勢いをつけつつ、

その2でアリマス。


花笠

「あーあーあー、行ってしまう~!」
と名残惜しく思いながら、撮った写真

山車の後にパレードする選手達
花笠

フラッシュたいたのに、暗く写っていて何がなにやら…の写真だが、
こちらから3人目に写っているのは、太田選手。

(色黒のせいか)一際、闇にまぎれているけどちゃーんと写ってますよ。

近くでみると、なかなか精悍な顔だね、彼は。


面白いのは、選手達に掛けられる掛け声。

◆レオナルド→「レーオー!」(親しみがこめられている感じ)

◆石川選手→「せーの、い・し・か・わ・さーん!!」
(女性グループの桃色の掛け声)

◆マサル→「マサルーッ!」 (おじさんのガナリ声、多し)

い、いや…、これねー、ウケを狙って書いた訳じゃなく(笑)
(まぁね、面白い現象だなぁーと思って聞いていたんだけどサ)

マサルに対する掛け声がオジサンばかりだったのは(私が見た箇所では)、
地元選手だからこそ!
それだけ、「息子」や「近所のお兄ちゃん」的な包容感なんだろうなぁと。

ほんと、マサルには頑張って欲しいよね。
あんなに応援しているオジサン達のためにも。


以下、気がついた事を箇条書きで。

1.山車の後ろで、選手達が団扇などを配って、モンテをアピール

植草選手が、道で観ている人達にひとりひとりとても丁寧に対応していて
とっても印象的。
フレンドリーで対応が大人。いい人だなぁーと。

植草選手、頑張れー!
でも、鈴木選手、大志選手も頑張れー!
もちろん、シミケンも!
(GKって、一人しか出られず、切ないポジションだなぁ)

2.やっぱノッテイル選手は

試合に出て活躍している選手は、
自信に満ちた顔をしていた。

やはり、人って充実感が顔に出るものだね。
はてさて、私はどうなのか?と思わず自問自答。

3.ジャジャってば

顔が小さくて、お人形のようだった。
顔が大きく横に広い日本人とは違う顔立ち。

一緒に行った彼氏(半分無理に付き合わせたともいう)の一言。
「あんなに体が小さいなら、もっと運動量無いと山形では厳しいだろうなぁ~。」

…うーむ…。

4.王子様っぽい

写真ではうまく撮れなかったが、
北村選手は、なぜあんなに!かわいいのだろうか。

ずっと手を振っていて、その様子が
王子様っぽかった。
なんかねー、キラキラしていた。

あの笑顔は、女だけじゃなく、目が合った男も「キュン!」としてしまうかもしれんなぁ…。
なんて心配してしまった(←なにを)

で、すごいのは、北村選手はあのルックスをものともしていない感じ。
自分ではなーんとも思っていない感じなのだよね。
自意識過剰なところがぜーんぜん無いのが、すごい。
なんかいい人っぽい感じだし。
(ブログではギャグに走ってるしサ)




モンテのスケジュール&団扇
花笠

スケジュールはジャジャから、
団扇は長谷川選手から、手渡しで貰った。
うふふふふふー。

本当は、長谷川選手の”ど”アップの写真を撮れたのだ。
が、デジカメのカードの容量がいっぱいで保存できず…(号泣)

全国の長谷川ファンのミナサマ!
申し訳無い、ごめんなさいねー!

50cmの距離で見た長谷川選手は、
不思議な魅力がある人だった。

ハンサムとかいうのとは違うと思うけど(ってスミマセン)、
人をひきつけるナニカがあるなぁ。

きっと、ゴール決めたばかりだし、
あれが「選手としての輝き」なんだろうねー。


と、そんな訳で、あいにくの雨だし、見たのはほんの一瞬だったけど
大満足。

わざわざ会社早退して、
山形まで観にいったかいがあったというもんです。
(これを読んだ方へ。「こいつアホだなぁー」と呆れるかもしれませんが、いいんですっ!楽しいんですもの)

付き合ってくれた彼氏にも感謝(主に心の中だけでw)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

別窓 | モンテディオ山形 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
はっじめってっ!の早退→花笠!
2009-08-14 Fri 18:50
キャッホー!!
今日からお盆休みだー!!

…と、いう事で、晴れやかな気分でブログ書いております。

今頃から休みなのは、
ひとえに19日のFC東京戦にあわせて休みを申請したから。
うふふふふ…ふっふっふっ。

今日から、20日迄の6日間でアリマス。

それはそうと…。
丁度一週間前、仕事を早退。
たった、1時間だけだけどねー(笑)

理由は…花笠が観たかったから。
っていうか!モンテが出る花笠が観たかったからっ!

もうね、生まれて初めてですよ!仕事を早退したの(1時間だけどナ)

働いたのは1社じゃないけど(転職してるから)、
1度も休んだことが無いし、早退も無い私。

やっぱ、担当(自分)しかわからない事ってあるので、
下手に休むのも面倒くさかったり(ですよねー、仕事している皆さん)

今の会社は、多少は融通利くのをいいことに、
早速早退(モンテを見にいくっていうのは秘密)

花笠は中学1年の時以来!

今の花笠って、ホテルキャッスルからスタートなのね!?
昔は山形駅前からスタートじゃなかったっけ?

規模も小さくなったような印象…。

近くに居た観光客の女性達の会話↓

「着物や浴衣を着て踊っている団体って少ないのねー。」
「Tシャツばかりで、地味だねぇ。」
「浴衣とかの方が華やかなのにねぇ~。」

聞こえてくる会話に、
ちょっとだけ「そっかー、ごめんよ…」という気持ちに。

なので、その方達がカメラを持っていたので
「撮りましょうか~?」
なんて思わず声をかけて写真を撮ってあげる私。
山形楽しんでくれるといいけど…。

そんな観光客に好評だったのが、下の写真の団体

花笠

やっぱり、コンサバティブな部分も残した方がいいって事かも知れないなぁ、
花笠も。

神町駐屯地の自衛隊
花笠

子供の頃から自衛隊の踊りも楽しみの一つだった。
すっごいんだもん、びしっとしてて。
「お兄ちゃん達、かっこえええ!」とか思っていたマセガキの私。

自衛隊の方達の踊りは、
もう「漢」と書いて、「オトコーっ!!」って感じでアリマッスル、隊長殿!


モンテディオの山車
花笠

花笠

花笠

レオナルド、いい笑顔だねー。

「レオー!!」という掛け声があちこちから。
さすがの人気。

ジャジャと、アンドレ・シルバは慣れていないからか、
ちと表情が硬かったぞー。

ブラジルのお祭りと言えば、サンバ。
「サンバと随分違うなぁー?」とか戸惑っていたのだろうか?(笑)

いやぁ、それにしても、選手達って、ピカピカしているねぇ。
(変な表現w)
充実感が、顔に表れているっていう感じ。


そんな感じで、その2へ続く。

追伸:写りがイマイチな写真ばかりで、スミマセぬ。
アッ!という間に通り過ぎるし、あいにくの雨だったし…。
なかなかシャッターチャンスが難しかったのでした。

「今迄で一番目の前で選手を見て興奮してしまったから」というのが、
本当の理由なような…気がする…(笑)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
初めての試合でどれだけのめり込んで観るか
2009-08-13 Thu 00:02
前回の続きを。。。


「初めての試合にどれだけのめり込んで観るか」

これって、今回、弟が点数が入った瞬間、
立ち上がってしまうほどの歓喜に包まれた理由かなと。


それだけではなく、
この言葉で、自分が何故モンテディオを好きになったか、
それが明確に説明がついたような気がした。


これまで色々、
スタジアムに通い始めた理由をあげてきた自分。


なーんだ!
ものすごーく、シンプルな事だったのだなぁ!


何度もこのブログで書いたけど、
私のNDスタでの初観戦は、"あの広島戦"。

昇格争いのさなか、
広島に1点も取れず大敗した試合。

試合後感じたのは、悔しさでは無く、
「点を一方的に取られて負ける試合が、
こーんなに疲れるなら(試合後の私は大消耗)
勝った時は、どんな気持ちなんだろう?」
「それを味わうまで、スタジアムに通うぞっっっ!!」
と、鼻息、秒速百メートルな勢い(笑)

"勝つ嬉しさ"に対する、猛烈な渇望
そこから、始まった。


そして、今年になって(J1の試合を体験して)
思った事…。

「あの広島戦でハマッタのは、スタジアムが満員で、
ピッチを包む期待感と熱気。
それを体験したからっていうのもあるのだなぁ。
(途中でゾロゾロと人が帰っていくのをみて、
山形ってこうなの?とショックを受けたりもしたが。)」


それまで、他のスタジアムで観た、
他のクラブのいくつかの試合。
(その時に住んだ場所にあるクラブとかね)

どんなにスタジアムが素晴らしくても、
応援がすごくても、
その後、続けて行くことは無かった。
どこか人ごとだった。

だが、あの試合では、
点数を入れられても入れられても、
帰ろなんてチラとも思わなかった。

モンテの選手達が走れなくなってヘロヘロになっても、
その姿も見ておこうと思った。

そして、応援に合わせて膝をたたいていた手が痛くなっても、
何故か、手拍子を止めてはいけないような気がしていた。

上記の事を思い出すと、きっと試合が始まった瞬間、
既に私は、のめり込んで観ていたのかも!

試合後のあの精神的な消耗感は、
そーゆー事だったのだなぁ…。


弟の初観戦は、舞台はJ1だし相手はガンバ。
そのガンバ相手に、点を決める瞬間に立ち会った。

私は、自分の初観戦の時と弟の初観戦の状況の違いを
すごく感じて、そんな試合に連れて行けて良かったなぁーと思った。

…が!

本当は対戦相手も、
相手選手にスターがいようといまいと、
そして勝ち負けすらも関係なく、
弟は楽しんだかも知れないなぁと
今は思う。


で、
のめり込んで観る=モンテの試合を自分の事として感じる

って事かなぁと。

その辺には、やっぱり個人差があって、
初めてでも感じる人もいれば、
何回か通って感じる人もいるだろうし、
目の前で試合を観ても、感じない人は
一生感じないのかも。

そして、何かしらをモンテディオに感じた人は、
きっと次も来てくれるのだろうと思う。


それこそ、世界中つつうらうらどんなクラブにもサポーターがいる、
って事はそういう事なのかも知れないなぁ。


これから、誰かを誘おうと思っている方へ!

「なるべく勝ちそうな試合に連れていった方が…」
「華がある対戦相手の試合の方が…」

とか何とか、考えすぎない方がいいですよー!

次も来るような人は、きっと初めて観た試合がどんな試合でも
きっと来る人だと思うぞー!

で、サッカーの面白さとか、
モンテディオに対する共感というのは
勝ったとか負けたとか、
相手やJ1とかJ2などステージとかとは
違うところにあると思いますよー!

どんな試合でも、のめり込んで観る事を体験したなら、
きっと次も来てくれるはず!

んで、スタジアムの観客っていうのは、
そういう体験をした人が集っていると思うと、
感慨深い。

そして、あなたの初観戦はどんな気持ちでした?




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
初めての試合で…
2009-08-11 Tue 22:19
張り忘れていた写真をば…。

試合後の選手達
ガンバ大阪戦

19歳、山田選手がベンチ入りしていたんだなぁー。

ガンバ大阪戦

あの日のヒーロー、長谷川選手ガンバ大阪戦

これを見た弟、「長谷川って、かっこいいんだなぁー。」と。

浴衣でナイトのイベントのせいか、
スタッフの方も浴衣。

帰り道、スタジアムを出るところでガンバ大阪戦


ブレブレなのは、歩きながら振り向きざまに撮ったから。

だって…帰る人達、ニコニコしていて楽しそうで。
夏の夜の気持ちよさと、試合と選手に対する満足感と、
楽しさの余韻がみーんなの笑顔に溢れていて。

だから、思わず写真を撮りたくなった。

私も、幸せな気持ちで撮った写真。



仙台駅前に着いたのが、10時頃にもかかわらず、
彼氏と落ち合って、飲みにGO!(笑)
だって、土産話を聞かせたかったのだもの。

「点が入った瞬間、私と弟は無条件に
立ち上がって喜んでいたんだよ!わーって。
弟は、誰から教わったでも無く、
自然と一緒に立ち上がってタオルを回していた。」

「私達の周りの人、何故か立ち上がって喜ぶ人は居なかった。
弟と同じように、初めて試合を見に来た人達っぽかったけど、
その部分の反応の違いって何だろうねぇ?
不思議だ…。」

と、私は不思議に思っていた疑問を話した。

「それは、きっと、初めて見る試合にどれだけのめり込んで観るか…だよ。」

という、彼氏の一言に、ものすごく納得。


「初めての試合でどれだけのめり込んで観られるか」


振り返ってみると、思いあたる事が。。。


(スミマセン、長くなったので、続きは次回に)



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ戦 覚え書き 【ユニって…】
2009-08-10 Mon 21:35
のりぴーには、びっくりさせられたが、
下の弟(割とイマドキのニーチャンな格好)が街を歩いていると、
ヤクの売人から声を掛けられるそうだ。

それは東京だから…と思いの山形のみなさん!
ノンノーン!!

私の中学生の先輩とか、
同級生がシャブで捕まったりしてるぞ。
山形で。
で、そういうのって、案外簡単に手に入るもんです。

私が大学生の時もそういう話は聞いたし、
学生でも簡単に手に入っちゃうものらしいよ。

閑話休題!

先週の話になったけど、ガンバ戦覚え書きを。。。

◆独りでどんどん焼き&ウォーキングのオカーサン

ガンバ戦の時、私&弟は母に車で送って貰ったのだが。

ハーフタイムの時。
弟が、カリーパン&ビールを買いにスタジアムの外へ。
帰ってくるなり「ウォーキングしているオカーサンとすれ違った!」

それを聞いて、私は「?????」


母は、私達を送った後、"健康のため"スタジアムの周りを
ウォーキングしていたんだと(笑)

その後、中央広場で、独りどんどん焼きを食べたのだそうだ(笑)

サッカーにまったく興味ないオカーサン。
いつの日か一緒にスタジアムに来られる日が来るといいと
思っているよ、オカーサン!


◆バスの中は、まるでアウェー


ガンバ戦が終了して、仙台に帰るバスの中。

もうね…周りはユニ着たガンバサポだらけ!

ここはどこ?
ホームなのに、アウェー?状態。

隣のカップルももちろんガンバサポ。

私、思わずスタジアムで買った「ラッシュ」を
堂々と広げて読んじゃったよ(笑)

それは、迂闊なこと言ってくれるなよの意思表示(笑)

だって、モンテの悪口とか耳に入れたく無いんだもん。

周りから聞こえてくる話によると、
「山形は飛行機の便が無い…」
「夜、食事するところが無い…」
「ビジネスホテルが少ない…」
等々の理由で、仙台に泊まるらしい。
きっと、朝一番の飛行機で大阪に帰るのだろう。
大阪→山形って交通の便が、案外不便なのかもね。

バスの乗客の半分は、仙台の繁華街で下車、
ガンバユニのまま、繁華街に消えていった(元気だねぇ)

仙台もガンバ的にはアウェーに近いのに
ユニのままの人の多い事よ。
あれはデフォなのかしらん?


で、試合が終わると車の中でユニを脱ぐ私って、
もしかしたらチキンなのかしらん?

◆シミケンと西野監督

シミケンって、千葉の無名高校から
西野監督が(柏の監督時代に)見い出した選手。

シミケン的にも西野監督の前では、
「あまり酷いプレーは見せたくない」
との事。

西野監督が、シミケンの事をたまたま目にしなかったら
今のシミケンはいないと思うと、
人の縁って面白い。

シミケン、君はプロのキーパーになるべくして
なった人なんだね、きっと。


◆前の日 「小馬鹿くさい」→「素晴らしいことだねー」

試合の前の晩、私のレプユニを弟に見せていたら、
父が「小馬鹿くさい…。」

そこで母の「みんなで同じものを着て騒ぐのが楽しいのかもねー。」
というフォロー。

「このユニは、そういう意味もあるけど、クラブにお金が入るから、
そういう寄付みたいな気持ちもあるんだよー。」
と私。

そしたら、父は
「あー、そうなのかー。それは素晴らしい事だねー。」
と。

ユニ着るっていうことは、モンテが好きだ!という気持ちは勿論のこと、
そのお金の一部でもクラブに落としたいという気持ちがあると思うんだよね、
買っている人って。



去年、あと3ヶ月しか無いのだから、
来年レプユニを買う事にしようかなぁ…と迷った時、
○ッズサポが身内にいるある知人に
「ユニとか当たり前でしょ、旗とかユニとかもうお布施!」
と言われた。

「ふーん、やっぱそうかー。」と素直に、注文。

私はだから、「クラブにお金を落とすこと」の意識が、
その辺で明確につけられたような気がする。

ぶっちゃけた話、ユニを着ようが着まいが、
本当は関係ないとも思う。
思いがあるなら。

でも、山形のような予算が限られているクラブにとって、
そういうのはすごく大事だと思うし。

スタジアムを青に染めたいなぁ…という気持ちもある。

それと。。。。

ユニ=自分の意思表示
だと思っていたりする訳です。

自分の気持ちはどこにあって、
どこのクラブに思いが所属しているのか&クラブとともに生きていくぞー。

ユニってそんな事を現す意思表示だ、私にとって。

だから去年、初めてユニ着たときは嬉しかったなぁ…。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村



別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ大阪戦 観戦記 【嬉しかった言葉】
2009-08-05 Wed 23:27
そんな感じ(前回のブログの続き)で試合は進み。。。

以下、箇条書きで。

◆圧倒的に支配していたからと言って…

勝てるとは限らないのが、サッカーなんだなぁー。
だからこそ面白いし、どんなクラブ(のサポも)も希望を持つことが
出来るのだなぁーと、リアル実感。

ガンバのゲーム支配率は高かった。
が、凌いで凌いで、点を入れたモンテは頑張ったなぁ。


◆それでも人は帰る

試合終了10分前に帰る人達。

弟「帰るなんて、もったいないねー。」
私「1-1の試合で帰るなんてなぁ。
駐車場の混雑が嫌だからなんて、その心根がせ・こ・い!

用事がある人も中にはいるだろうし、そういう人の事じゃ無く。
あんな同点で盛り上がっている試合の途中に、
渋滞に巻き込まれるのが嫌で帰っちゃうというのがねぇ…。
そういう人って、あの10分と渋滞に巻き込まれる数十分を天秤にかけて、
試合の10分の方が、軽いっていう価値観な訳で。

まぁ、弟と私じゃ、私の方が口が悪いっつーことで(笑)



◆印象に残った選手は?

と、弟に質問(初めて行った弟がどう思うか興味津々)、
↓がその答え。

・宮崎選手(いい選手だねー)
・長谷川選手(点を入れたのすげー)
・西河選手(試合中34番が印象的だった)
・シミケン(あれこそ守護神だねー)
・マサル(写真で見るよりも、生で見たら顔がかっこよくて驚いた!)
・石川選手(石川は見たかったんだよねー)

…なんで、マサルだけ顔の印象なんだろ…?(笑)
確かに、彼はイケメンかも、あまり気付かれていないけど。

◆前の人に睨まれる

弟が、試合中、シミケンのことを
「キーパーって、清水健太郎でしょ!」

それを聞いた、前の人が振り返って弟を睨む(笑)

私「いやいやいや、それだと捕まっちゃった人だから。
シミケンは、清水健太だから。
おしいっ!途中までは合っていた!あっはっはっ。」

弟、前に人に睨まれたので、
それ以降シミケンの事を話す時、
タオルで口元を隠すように私に小さめの声で言う(笑)

「もしかして、シミケンってめちゃくちゃすごいキーパーなんじゃね?」
「あれぞ守護神だなぁー。」
とか(笑)

◆どこが面白かった?

…と、帰り道、弟に尋ねた。

弟「どこがって、全部。」

ですってー。ヤター!

私「じゃー、また一緒に行く?」
弟「行く!行く!」

ヤター!

後日談:FC東京戦に誘ったが、
お盆休みも終わっていて仕事だから無理との事。
土曜日の試合ならOK!違う試合に一緒に行くことに!

今までは帰省した時に兄弟3人でお酒を飲みながら
モンテの話をしたりしたが、
これからは共通の経験が出来るのが楽しみ。

◆あの感覚を君に

「あの感覚、あの楽しさ、あの嬉しさ」

仕事と家の往復の生活を送っている上の弟にわけてあげたかった。
だから、誘った。

今回、初めて試合を生で観た弟が言ったことで
一番嬉しかった言葉↓

「(しみじみと)○○(下の弟の名前)も連れてきたかったなぁー。」
と。


弟にとって、人に分け与えたいと思うような経験だったのだなぁーと。

そしてそれこそが、スタジアムに来るっていう事なんだなぁーと。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | 試合観戦記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ大阪戦 観戦記2 【鳥肌ぶわわー!の経験】
2009-08-04 Tue 22:52
試合前の中央広場
ガンバ大阪戦

イベントがらみだけど、浴衣っていいねー。
私も着ていきたかったなぁ。

食べ物の所に並んでいる人達のユニ着用率が低く、
今回が初めてとか、最近来るようになった、とかの人が多いと思われ。

そういう人達が、(対戦相手に関係なく)
またスタジアムに足を運んでくれますように。。。

ガンバ大阪側
ガンバ大阪戦

初めてアウェーサポを見た弟。
「あの人数なのに、声出てるねー。」

後半始まる前
ガンバ大阪戦

この写真を撮ったとき、かなりの勢いで雨が。
選手達は、あまり気にするようでも無く。

山形は、走り続けるサッカーだから
暑いよりもいいんだろうなぁーとその様子を見て思った。

試合中、弟は、選手の名前と番号が一致しないみたいだった。
(以前は毎日モンテのオフィシャルとかチェックしていたとの事だが、
最近は帰宅が遅く、そういう暇も無くなってしまっていたとの事)

北村選手と宮崎選手が、丁度目の前でいいプレーをした。
(相手からボールを取って相手選手を1人抜いた)
「あれは北村(宮崎)っていうのかー。いい選手だねー。」と弟。

そうやって目の前でプレーを印象つけながら、
選手を覚えていくのは楽しいハズだ、きっと。


前半、幾度も危ない瞬間。
「このまま前半凌いで、何とか後半に」と
思った瞬間、明神選手のゴール。

私は、無言。
以前は、がっくし来ていたが、だんだん慣れて(?)、
相手の1点では、心が多少しか(笑)動じなくなって来た。

雨が降ってきて、ポンチョをかぶった私。
弟はタオルを頭にのっけてしのぐ(ごめん、私弟の分まで持ってなかった)
「それ、いくらなの?」とポンチョについても尋ねる。
ふっふっふ。
ポンチョも欲しくなったのだろうか?(笑)


だけど、南バックの傘差し率の高い事よ。
出来れば、次回はカッパかポンチョでお願いします。


そして、長谷川選手のゴール!

相手キーパーの手に当たったのが見えた。
その瞬間「あーっ」と悔しかった。
だが、そのボールはネットへ。

その間、1秒あるか無いかなのに、
悔しさと喜びを味わうなんて、
人間の脳って何て高速で動いているんだろう!


あの瞬間。

2人で立ち上がっていた。

近くの人達は誰も立ち上がっていなかったけど。
そんなの構っていられなかった。

立ち上がって喜び、2人で「わーっ!」と叫んだ。

次の瞬間、弟が私の方に腕を差し出して言った。
「ねーちゃんっ!ほら!鳥肌!鳥肌たった!」
と。

弟の腕は、ブツブツブツー!と総毛立っていた(笑)


鳥肌が立つような経験なんて、
日常生活の中では殆ど無い訳で。

だから弟にそういう経験をして貰ったのが嬉しい。

長谷川選手を始めとするモンテの選手全員、モンテディオ、有り難う。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ大阪戦 観戦記 【弟モンテデビュー試合前】
2009-08-03 Mon 22:49
弟のどうしても外せない用事で、
ぎりぎりになりそーっ!
だが結局、スタジアムには30分前に到着。
(オカーサンに送ってもらった)

公園に入ったところ

ガンバ大阪戦

日曜日のナイター、アウェーサポは大阪(で遠い)という事で
殆ど山形の人ばかり。

この時点で、弟は
「おおーっ!人いっぱいだねー。」
とテンションアップ(笑)

野球のように、スタジアムの周りには人があまりいないのを
イメージしていたとの事。

いつものように芋煮
ガンバ大阪戦

ゴメンナサイ、これ、半分程食べた写真。

熱々で、里芋がほっくほくで、しかも夏だからなかなか冷めず。
時間が無いので、口の中火傷覚悟で、
「あつっ!あぢぃ!うぐっ!火傷した!でもうまっ。」
なんつー感じで、バクバク食らう。

そんな私の様子を見た弟。
「やっぱり、山形と言ったら芋煮だべー。」
としたり顔。
買ったのは私で、自分は食べていないべっつーの!

そういや、真夏に芋煮を食べたのは
生まれて初めてかも知れんw

真夏の芋煮で汗かいた私。
弟が「ラフランスソフト」を買ってきてくれた。
ナイス!
弟は「だだちゃ豆ソフト」を一口食べて、
「うまっ!」

ほんとはねー、もっと早く来て、ゆっくり色んなものを
一緒に食べて楽しみたかった。
その点が少し残念。


山形側のゴール裏
ガンバ大阪戦

NDスタジアムに初めて入った弟。
「ピッチが遠いなー。」

…そうだよ、はっきり言って山形のスタジアムはピッチが遠い。
だけど、初めての試合がこんなにたくさんの人が入る試合だなんて、
弟よ、あんたは幸せなんだぞー。


今までもたくさんの客が入った試合はあった。
だが、アウェーサポに頼らず、
山形側の人達だけでこんなに入った試合は
数えるほどだろう。

やっぱ、スタジアムを包む雰囲気が違う。

ビッグフラッグを見て、弟は「おおー。」とちょっと感激。
その姿を見て、「レッズ戦に連れて行きたかったなぁ。」と思った。

あのレッズ戦で初めてあのフラッグを見て、
あのスタンドの盛り上がりをみて、
私が感じたことを体験させたら、私と同じような感想を持つのだろうか?
それとも違う感想を持つのだろうか?


選手入場の前。
オーバーザレインボーの時、
私達が座ったバックスタンド南側は
初めて来たっぽい人がとても多い感じで、
タオルマフラーを持っている人も少ないし、
ユニの着用率も低かった。

周りが誰もタオルマフラーを掲げていないので、
弟は、躊躇していた。

だけど、「ホレ!タオルマフラー上げろ!」
と命令する私w
素直に聞く弟。

「へーぇ」とかいちいち、色んなことに感心して
既に楽しそうな感じの弟。

うーむ、初心者の私がこうやって弟に色々教えたりする日がくるなんて
思いもよらなんだ。

そんな感じで、続く。


追記:弟は、自分の他にも「ただの青いTシャツ」を着ている人を
発見して、「あ!あの人もだ!」と、喜んでいた。

でも、辻スポーツの出店を見て、
「うーん、コンフィットTシャツよりも、ユニ欲しい…。」
などと、早くも発言w
弟よ、君は形から入るタイプか。

だが、その言葉に
「随分、早いなぁ…ユニ欲しがるの。でも、イェーイ!」
なんて、内心喜んだ私であったw

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
弟、モンテデビューなるか?
2009-08-02 Sun 15:44
正月以来に実家に帰省。

山形駅の様子
8/2

いいね、いいね!こういうの!
気持ちも盛り上がってくるよね。
ホームタウンって感じだよね。

千歳こんにゃくの玉こん

8/2

今日、母の買い物に付き合った後、
ちょっと足を伸ばして2人で千歳こんにゃくへ。

ここの玉こんは、ベストオブ玉こん!だと思っているのだ、個人的に。

こんラーメン

8/2

こん冷やし中華8/2

母&私が頼んだものそれぞれ。
こんにゃくの麺なので、ヘルシー。

…でも、それだけだと物足りないので、栄玉堂にて甘味を。

白玉あんみつ

8/2

甘いものが苦手な私。
生まれて初めて食べる(笑)あんみつであーる!
あんこが甘すぎず、私でも食べられた。
自家製あんことの事。
おすすめ!


今回、実に久しぶりに実家に帰ったのは、
ガンバ大阪戦のため。

2人いるうちの、1人めの弟を連れて行こう!
そう思ったから。

弟については、去年の12月にこのブログでも触れたが、
モンテディオに興味がすごくあるのに、
スタジアムに一回も行ったことが無い。

(→その時の記事「沢山集まった」と「それしか集まらない」の狭間で考えた事

弟にも、「あの感じ、味合わせてあげたいなぁー」と
ずーっと思っていた。

でも、なんとなく実家に帰るのがなぁー…めんどくさいというか、
親不孝の私は、肩身がせまいっていうか…。
ということで、伸ばし伸ばしにしていた。

だが、今回は、きっと満員のスタジアム。
「この機会を逃して、いつだよ!?」
と、思ったので、弟を誘ったら快諾。

弟にあげるタオマフ
8/2

去年、私が使っていたタオルマフラーを弟に譲ろうと持ってきた。
このタオルマフラーは、思い入れがある。
初めて買った、モンテディオグッズ。

最初の頃、このマフラーを掲げるの、
おっかなびっくりだったが、私も一員になった気がして
楽しかった事を思い出す。

今、私はファーストチャレンジのタオルマフラーを使っているので、
これは弟へ。

弟ったら、「外国ではタオルマフラーを掲げているよねー。」
というので、
「日本でも掲げるし、山形も掲げるよ。」
と言ったら、
「えーっ!んだのーっ?」なんてびっくりしていた(笑)
おいおいおい…。驚きすぎだろ…。


でね、私が電話した後に、弟はレプユニを買わなくちゃと思ったらしく、
ゼビオに行ったんだって。

そしたら、ナンバー入っていないのでも1万2千円するので、
びっくりしたらしい。

じゃー、という事でモンテのTシャツを買おうと思ったが
売っておらず、その隣にずらーっと青いTシャツが売っていたので
それを買ってきたとの事。

弟が買った、ただの青いTシャツ
8/2

電話で「青い服持ってる?」って聞いただけなのに。

「弟が買った、ただの青いTシャツ」なんて意地悪く書いたけど
こんなTシャツをわざわざ買いに行く程楽しみにしてくれるなんて、
嬉しかったよ、姉は。

でも、「辻スポーツでモンテのTシャツ売っているよ」と
教えてあげたけどねw



このブログ、弟の部屋で弟のパソコンを借りて書いている(タバコくさーっ)

外せない用事があり、帰宅が5時過ぎになるとの事で、
スタジアムにはぎりぎりになりそう。

席はバックスタンド南。
(チケットを買うの遅くなったので、南しか残っていなかった)
ぎりぎりになるので席があるか心配。

弟にとって、思い出深い、そして楽しく、モンテディオが好きになるよう、
努力します!


あと数時間後、みなさん、スタジアムで!!

追伸:去年、初めてスタジアムに行った私は、
今日同じ経験する弟がどんな反応をするか、非常に楽しみ。
ねーちゃんは、観察させて貰いますw

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
いいことばかりはありゃしないけど
2009-08-01 Sat 03:17
「いいことばかりはありゃしない。」
そんな歌がある。




子供の頃から大好きだったRCサクセションの曲。
清志郎が、もうこの世にいないなんて信じられないなー。


「金が欲しくて働いて眠るだけ」…。


「働くのは、金のためだけじゃない」と思っていたんだけど、
幻想かも…て思ったりする今日この頃。


通勤時、満員電車に揺られながら、
ふと「働いて眠るだけ」の毎日を過ごしている事に
気が付いて愕然。

何年か前していた仕事は外聞的には良いらしく、
羨ましがれたりしたが
その内情は外から見るのと大違い!
ヒドイモンダッタヨー。


忙しくて帰宅するのは午前様。
その頃の記憶があまり無い。
空白の数年(ゾゾッ…)

オカーサンに
「仕事のしすぎで体を壊しても会社は何もしてくれないよ。」
と言われた。

だけど、仕事をすればするほど、責任が重くなるほど、
身動きが取れなくなる感じ…だった。

今は、転職をして
(その仕事で身についた専門的スキルが役に立った。皮肉なもんさね)
遥かに楽になったけど、

背中まるめて 帰り道
何も変わっちゃいない事に 気がついて 坂の途中で 立ち止まる


というこの歌の歌詞が頭に浮かび、あまりにぴったり、
呆然&愕然。
空をふと見たら、何故か涙ぐみそうになり、
そんな自分にものすごーくアセッた。


そんな今日。


で、思ったのが
「今週末、モンテディオの試合あるし。とりあえずヤッター!!」

現実逃避している訳でも、
モンテに依存している訳でも無い(と思う)

ただ、働くって事は、
「全くウンザリだぜぃ…。」な事も多かったりする。

そんなヘトヘトな5日間を過ごし、
迎える週末にモンテディオの試合がある事。
それが私にとってどんなに有難いか。


この不景気の時代。
金銭的に大変な中、試合に駆けつけるサポは
きっと少なくないハズだと思うし、
家族を介護している人(ラッシュの「モンテババァにフラッグを」はしみじみ感動)、
仕事が大変な人、恋人に振られた人、
生きている実感がわかない人、人間関係に疲れた人。
いろんな人が、あのスタジアムには集っていると思う。

その数時間だけは、現実を忘れられる人も居るはず。


好きなクラブの試合。
敬愛する選手。

それが、どんなにか人々の日常に活気を与え、
喜怒哀楽の感情を与え、
次の一週間を過ごす活力を与えてくれているか。

だから日常ってものにボーゼンとしても(笑)、
次の試合までとりあえず頑張れたりする。



そんな人達全てに、スタジアムで過ごす幸せを。
そんな試合を。



いいことばかりはありゃしない。
だけども、悪いことばかりもありゃしない。



おお!まるで、モンテディオのようだ!


そっかー、
だから私はモンテディオが好きなのかも。


いいことばかり、悪いことばかり、
つーのはリアルじゃないもんなぁ。


モンテって「人と等身大」なクラブなのかもしれない。



では、今週末、スタジアムで!



追伸:歌詞に出てくる「月光仮面」の意味、検索したらわかった。なるへそ。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ |

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。