スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
残留が決まって 【どんな風でもゴールするっていうこと】
2009-11-30 Mon 01:04
太陽が沈んだ。

「偽善」と捉えられるかも知れないが、
残留争いのライバルクラブの負けを祈りながら、
その試合を観るのが嫌だった。

出来れば、名古屋に勝って”自力”で残留を決めたかった…。
だが、現地に行けなかった私がここで名古屋戦の事を書くことは止めようと思う。

結果的に、「太陽王」柏レイソルが引き分け、
モンテの残留が決まった。

おめでとう。
来年もJ1で戦える。

みんなよく頑張ったなぁ…と思う。

今回も怪我人が多くて、紅白戦も出来なかったとの事。

今年、怪我人が多くて「紅白戦」が出来ない」って何度聞いただろう?

モンテは”常に”満身創痍だった。
だけど、J1に残留できた。

ほんと、よくここまで来たなぁ。
おめでとう。

そして、ありがとう、頑張ったよなぁ。有り難う。

口の悪い人には、「モンテのメンツをみると、J1のチームと思えない」とか言われたりした。

だが、残った。

小学生の頃のマラソン大会をふと思い出した。

途中でぶっ転んで、
溝があるコンクリートに膝の皮膚が引き裂かれ、
血が止まらなかった。

それが恥ずかしくて、かぶっていた赤白帽子で膝を隠しながら走った。
怪我が恥ずかしくてコソコソしながら、変な格好で、へっぴり腰で走った(笑)
結果は学年入賞の10位にわずかに届かない11位。

何故、あんな風に怪我を隠しながら走ったのか。

アホか!子供の頃の私!www


膝から血を流しながらでも堂々とゴールしたら良かったのだ。
変な自意識が無かったら、入賞出来たかも知れない。


モンテは、今年、かっこ良く走ってきたとはいいがたい。

J1のクラブで初、大学生に負ける、
J1初、シュート0本、
一ヶ月前の柏戦以来、1点も入れていない。
いつも怪我人で四苦八苦。

マラソンに例えるなら、何度も転んで、
鼻血を出しながら、膝がガクガクになりながら、
山道に体力をそがれながら、
それでも走り続けてきたようなものだ。

でも、ゴール出来ればいい。
かっこ良くない走り方でも。


そのゴールにどれだけ価値があることか。

今考えると走り続けながら、
コツコツと積み上げてきた勝ち点があったのだと思う。


子供の頃に私に、その「モンテ魂」みたいなものがあれば
何かかわっていたかも知れない。
流れる血などそのままにゴールする気概があれば。


今節にあたって、柏のあるサポーターのコメントを読んだ。

「山形に負けて、(J2に落ちる)覚悟は出来ていた。だけど、こんなに最後まで楽しませてくれるなんてほんと有り難う」
みたいな内容。

愛を感じた。

柏レイソルが好きなんだなぁと。
好きで好きでたまらないんだなぁと。

「覚悟が出来ていた」とは言え、
その瞬間、柏サポーターは呆然としていた。

そうか…、やっぱそうだよな。
辛いよなぁ。

「好きだから辛い」って事もあるのかも知れない。

「好き」っていうならば、それこそJ1もJ2もJFLも
社会人リーグにも好きで好きで応援しているっていう人達がいる。
そしてそういう人達を観てきた。
そこに「好き」っていう感情の差は無かった。
だからこそ、サッカーっていうのはすごいのかもしれない。
私達も好きだ。モンテが。

また、闘おうよ。
私は、日立台に、フクアリに行けて良かった。
勝ったから楽しかった、
とかそういう”セコイ意味”で楽しかったのでは断じて無い。

「自分とこのクラブが好きで好きでたまらない」
雰囲気がスタジアムにあったから。

早くても再来年。
それまで、モンテもJ1に居なくちゃね。
石にかじりついてもJ1に居なくちゃね。

モンテに関わった全ての人、
おめでとう。

今年は忘れられない年になるなぁ。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大宮アルディージャ戦 観戦記3 【あの時のマサル】
2009-11-27 Fri 23:17
試合終了後、読○新聞の取材を受けた。

弟が、私よりも早く、取材から逃げる。

くぅ…、ずるい。
意気地なしめー!



「ホームで残留を決めたかったですけど…。」
と、いいつつ、記者の方が手にしているノートをちらっと覗き見。

私が話した事がそのまま書かれているではないの!

それを見たら、何故か急に緊張して、
そこから先に言う言葉が浮かばず。

人間、とっさの時って
気が利いたことが言えないものですね…。


そうとも知らず、記者の人は、
「ここ2試合と今回の試合はどういう風に違いましたか?」
とか、難しい質問。

結局、何一つちゃんと答えられなかった私…。

普段口数は多いのに、
こういう時駄目だなぁ。


前回、予告したマサルの事を。

私達が間近でアップを見ている時、
マサルの応援歌が。
「アーキバマサル、アーキバマサル、アーキーバーマサル」@鎌田行進曲

「おおお!マサル、Jリーグ出場200試合なんだった!」
と、テンションup。



思えば、試合前、200試合記念のトロフィーを受け取るマサルに
笑顔は無かった。

それだけ、試合前に集中していたのだろう。


試合終了間際、交代で下がったマサル。

あの時、私達のすぐ横を通っていったが、
その顔を見て、目が釘付け!

あんなマサルの顔を始めてみた!


悔しさなのか、自分に納得していなかったのか、
ちょっと近寄りがたい程の雰囲気。

あのマサルの表情は…?
と、ずっと印象に残った。


試合終了後、他の選手達と一緒に挨拶に来たマサルが
また私達の目の前を通った。

「もしかして、涙ぐんでる?」

と、一瞬思った。

マサルの目の縁が赤くなっていたから。


あれは、もしかしたら、
寒さのため…だったかも知れない。


だけど、私には、
マサルの表情は、悔しくて、悔しくて…!
というような表情に見えた。


マサルっていう人は、
すごく山形県民らしい人だ。

積極的に目立つようなことは苦手で、
シャイな部分が多くて、
先頭に立って何かできる程起用じゃない。
でも、胸に秘めたものはある…みたいな。

私が勤めているところは東北支社なんで、
いろんな県の人が集まっている。
県民性みたいなのがよくわかるのだが、
山形の人って、明るさはあるけど
やっぱどこかおとなしい。

青森の人のように、最初から捨て身の明るさがあるわけでは無く、
秋田の人のように、絶対曲げない自意識みたいなのも感じない。

岩手の人と山形の人は、
心に溜め込む人が多いような気がする。
(まぁ、一概には言えないけど、大体の印象として)

マサルって、いつも「どもー。どもっす。」みたいな風に
ハニカミ加減で頭をちょこりと下げて挨拶する姿をよく見るが、
あんなに心に秘めたものがあるアツイヤツなんだって
事がすごくわかった。


わかって嬉しかった。


自分の記念すべき出場200試合に
残留を決めたかったんだろうなぁ。

だけども、自分の事よりも何よりも、
純粋に残留を決めたかったのだと思う。


あのマサルの表情。

私が見たあの顔を皆さんにも伝えたい。
が、うまく言葉では表現できない。
それが残念。

あの時、
「この人、まだまだ先に行ける!」
と確信。

「まだまだマサルは選手として伸びしろがある。絶対成長する!」
と思った。


今までは、ユース出身のはえぬき、
地元選手という部分で応援してきたような気がしたが、
最近、マサルの事、”めんこい”と思ったりする。

そうなのだ、”めんこい”やつなのである、マサルは。

大分戦も芝かぶり席で見たが、
そん時、後ろのメインスタンドから、

「マサルー!」
「マサルゥー…(声がかすれ気味)」


と、女性の声の(同じ人)声援が聞こえていた。

それも五分おきに!

それが、なんつーか、
「マサルを心配しつつ、応援している姉」
みたいな雰囲気の声援だったので、微笑ましい気持ちになった。


なにか、マサルってそんな選手だよね?

そして、やっぱり私の中では、ホームジェフ千葉戦、
あのマサルのゴールが、
今年のゴール、トップ5に入るのです。


明日(今日)の試合、
マサルは風邪でお休み濃厚らしい。

なんだよ、マサル…!
残念だ…。

ゆっくり休んでおくれ。

私はこれからもアナタの成長を見守っていきたいと思う。

そしてね、弟は来年、ユニを買ったら、
19番をつけるかもしれないとの事!!


今年、山形が昇格して、まだまだ知名度の低かった山形の選手。

マサルも「秋葉とかいう選手」とか言われていた。

だけども、きっと全国区の選手になる!なっておくれよ!
と思っておりまする。


(これじゃー、大宮アルディージャ観戦記ってよりマサル観戦記だよなぁ…)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村















別窓 | 選手のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大宮アルディージャ戦 観戦記2 【サッカーって格闘技とか言われるが】
2009-11-26 Thu 11:59
試合が始まってみると、弟のやつ、
ものすっごーく真剣に観ていて、
私とあんまりしゃべらず。

もうちっと2人で和気藹々とみたかったけど、
そんだけ弟は本気&真摯な気持ちで観ていてくれていたので、
だから、まぁ、それはそれで良し…としよう。

客観的には、見せ場があまり多くは無かったと
言っていいかも知れないかもしれない試合。

だが!
今回、改めて「すごいなぁー。」と思った事があって。

よく、「サッカーは格闘技だ」とか言う。

それを実感!
マジで実感!

大宮の藤田選手には、西河選手がついていたのだが、
その2人が飛んできたボールをヘディングで競り合った時があった。

それが丁度目の前。

バキッ!!

って、すごい音がした。

痛そうな音でもある。

だけど、藤田選手も西河選手も別に痛がる様子もなく。


例えば、コーナーでのボールの取り合いというか、
体を入れたりする場面。


間近で見ると、スタンドではわからなかった迫力が。

すんごい、体をぶつけ合っているのだ。
相手のユニを引っ張ったり、掴んだり、
ファールにはならずとも、そのせめぎあいのすごさ。

あんなに、ユニとかひっぱったりしているもんなのね…。
あんなに、相手の体、押したりしているもんなのね…。
と。

大宮の石原選手とモンテの石井選手。
ボールが来ているわけでも無いのに、
お互いに手をかけ、牽制しあい、相手を突き飛ばしたり。

おお……。
そっかー、やっぱ、サッカーは格闘技でもあるんだなぁと。

いや、格闘技と言ってしまうのは、違和感がある。
だがそれに近い程、体を張っているんだなぁ…と。

そりゃ、怪我もするよなぁ…。

試合後、しばし弟と、その話で盛り上がった。

(大宮の2トップって、去年、J2で活躍していた2人。鳥栖も湘南も選手を引き抜かれる悔しさ、あっただろうなぁ…)

残念ながら、引き分けに終わった試合。

試合中、目の前の大宮戦を観ながら、知らず知らず、
去年の今頃の熊本戦の事を思い出してしまっていた。

ヒリヒリするような、昇格戦のまっただ中の熊本戦。

あの試合とデジャヴった。
(よね?ピカちゃんさん)

あの時も、試合前に雨が降って、
でも、今回みたいにバックスタンドに西日が当たっていたなぁ…と。

熊本戦 観戦記 その1はこちら
熊本戦 観戦記 その2はこちら

あの時、熊本戦観戦記に書いたように、
「シミケン!大丈夫だぞーっ!!」
「大丈夫だぞー!次は取れるから!絶対大丈夫だから!」
とか、1人でシミケンに向かって、叫んでいた自分を思い出す。

シミケンはプロのGK。
そのシミケンにむかって、
そんな励まし、今となっては「大きなお世話」だったかもしれず、
っていうか、シミケンに聞こえてはいないんだろうし…。

…なんて、あの時の自分を思い出すと、苦笑してしまう。

あの時、私は若かった(笑)
っていうか、ウブでした(笑)

それでも、あの時、マジに必死に励ましの言葉を叫んでいた自分を思い出すと
苦笑しつつも、懐かしい。
でもね、何だかそれはそれで良かったような気もしてしまう。

そんな事を色々思い出しながら、試合を観ていたら、
何故か涙が出そうに。

色々なことがあったなぁ…と。
(たった1年の若輩者だけど…)

ホームで残留を決めたかった…という、心残りのまま、
芝かぶり席を引き上げる途中。
ディーオが居た。

その時、私はどんな顔をしていたんだろうか…。


ディーオは、私に向かって、
”いつもの決めのポーズ”ではなく、
両手をグッっと、拳にして、ガッツポーズをしてよこした。

「大丈夫!」
と、ディーオが言っているような気がした。

おざなりなポーズではなく、
心がこもっているような気がした。

きっと、それは私の思い過ごしでは無い…
と思う(多分)。

だって、それによって、
ものすごく励まされた気がしたから。

ディーオ(っていうか、内臓の人)、有り難う!
本当に良いヤツだよ…(泣)

着ぐるみのキャラクターの励ましに、
こんなにマジに感動してしまう自分ってどうなのよ?
と、思いつつ、
「それでいいんだ!っていうか、むしろ、それでこそいいんだ!」と、思う。


と、言うわけで続く…。

次回予告、「マサルのあんな顔初めてだ」


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村







別窓 | 試合観戦記 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大宮アルディージャ戦 【弟モンテ好き作戦総仕上げ】
2009-11-25 Wed 23:48
ご心配頂いた方、ごめんなさい&有り難う!

お陰様で、無事大宮アルディージャ戦、
観戦することができました。

今回は、弟が山形駅まで迎えに来ると言うことで、
高速バスで山形へ。

バスが奥羽山脈、県境にさしかかると、
あれ程天気が良かったのが嘘のように、
空が暗くなって行く。

迎えに来た弟。
弟の会社のモンテ好きな方も、
休みを取ったらしいとか、そんな話を車の中で聞きつつ。
(もうさ、地元企業なんだからさ、モンテの試合がある土曜日は休みにしちゃえ!ばいいのに…と思う)

NDスタの駐車場に着いてみると、
風ビュービュー!

ぎょえ!!

と、震え上がる程の寒さ。


今回は、芝かぶり席。

弟は、この試合が今年最後の観戦。

どうしても、この芝かぶり席を体験させてあげたかった。

だから、サプライズプレゼントとしてチケットを購入。

いつもより近くで選手のプレーを見て、
その迫力を味わって貰い、
今年の「弟をモンテ好きにする作戦」の総仕上げにしたかった。

仙台を出発する前に医者に行ったので、
スタに着いたのはギリギリ。

芝かぶり席では飲食禁止なので(あそこはほぼピッチだもんなぁ)、
弟と2人、中央広場でカレーパンを焦りつつ食べる。

かも&ネギ入りカリーパン
大宮アルディージャ戦
大宮アルディージャ戦

ちゃんとねぎとかもが入っているのがおわかりになりますでしょうか?

…しっかし、「かも&ネギ」ってwww

この試合にかけるカリーパン屋さんの意気込みが伝わってくるよなぁ。

思い切ったネーミングっていうか…
駄洒落かよ!っていうか…
あっぱれです!(笑)

もうひとつ、「やきとん入り」も買って食べたけど、
写真を取り忘れた。

ちゃんと豚肉が炭火で焼いてあるようで、
香ばしい味。

一番人気はその「やきとん入り」っぽかった。

もうひとつは「サツマイモ」(買わなかったけど)。

これは、川越のサツマイモからと思う。

来年もレッズにアルディージャと2つ埼玉って事で、
カリーパンの中身、大変そう(まぁ、大宮も山形も残留が決まったわけでは無いのだが)


恒例のアップ見学
大宮アルディージャ戦

この時はまだスタジアムがらがら…。

がーん…!
ご、五千人位…!?

と、暗い気分になりかかるが、
寒かったから、みなさんぎりぎりにスタに入ってくる人が多かったみたい。

試合が始まる頃には、
この写真よりもずっとスタンドは埋まっていたのだった。


大宮側ゴール裏
大宮アルディージャ戦

大宮アルディージャ戦


残留争いをしている中の直接対決、
という事もあって、沢山の大宮サポーターがいらっしゃっていた。

ごめんね…、よりによって、
試合が寒い日にぶつかってしまって。

寒い中、山形にいらしてくれて有り難う。

山形ゴール裏
大宮アルディージャ戦

ぎっしり!

寒いのに…。

ゴール裏の底力を感じる。

農繁期が終わったっていうのもあるんだろうなぁ。

でもなにより、ホームで残留を決めよう!という
意気込みが伝わってくる。

大宮アルディージャ戦
大宮アルディージャ戦

アップを間近で見学出来るのが、
芝かぶり席の楽しいところ。

でも、あんなに近くでも、
先月行った日立台のがピッチに近いのだ。
…ってどんなに近いんだ!日立台w

ここに来て、柏レイソル、恐ろしいヤツになっているよなぁ。
柏レイソルってあの確変に入った時の恐ろしさが怖い…と思っていたが、
それを遺憾なく発揮している。

あの時、勝って良かった…。

改めてそう思う。

あの勝ちの何て大きいことか。

モンテカラーのゴールネット
大宮アルディージャ戦

今回初お目見え!

ピッチの上もJ1らしくなってきたねー。

サポーター有志の方、有り難う!

私達、毎回のように(夏も)芋煮食べていたので、
あのゴールネットの3cm四方位は、足しになったかしら?
なーんて、勝手に喜んだりw

これからも美味しい芋煮、
食べさせていただきますっ!

「あと今回を入れて、ホームは2試合かぁ…。」
と、試合前、ふと寂しくなる。

残留争いのまっただ中なので、
そういう寂しさを紛らわせていられるが…。

みなさんも、そんな感じないですか?

今年、ほんと楽しくて…。

あまりに楽しくて、それが終わってしまうのが
嘘みたいな気がしてしまう。


続く。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ではNDスタジアムで!
2009-11-21 Sat 10:30
医院から帰宅。
(1時間近く待たされたあげく、診療は5分位で終わった…)

大丈夫でした。

…っていうか、風邪ですらなかった。

アレルギーですって。

アレルギーとかって、
寝耳に水!なんですが。

体調不良は、疲労によるものとストレスによる
自律神経の不調の可能性が高いとの事。

と、いうわけで、あたたかいメールをいただいた方、
どうもありがとうございます!

心配してくれて、スタに来られるように願ってますという
メールを読んで、心がポカポカになりました。

ご心配かけて申し訳ないです。

んでも、急にアレルギーってなんなんだよね。
ちとブルー。

しかし、モンテの試合に元気で行けること、感謝だ。
それってとても有り難いことなんだなぁ…と再確認。

あわわ。
遅刻してしまう。
これから仙台を出発します…。

弟に今、電話をかけたら、「雪の予報がでているから
あったかくして来て。」
とのこと。

マジでか!

みなさんも風邪などひかぬように、あたたかくね。
そして、数時間後、スタジアムで!



にほんブログ村 サッカーブログ

にほんブログ村 モンテディオ山形
別窓 | その他 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
つまんないただの人でも何かを与える事が出来るってすごいかも…と。
2009-11-21 Sat 00:01
明日は、大宮戦じゃ。

…あの…。
体調悪くなってきたんですが…。

ナニコレ!嘘だ…。

よりによって、何故今?
嘘だろ、お願い!嘘と言って!

まさか、インフルエンザ?
ちょっと熱ありそうなんだけど…。

ブログ書いてないで早く寝ろ!って感じでもあるw

さっき、ツレともんじゃ食べに行ってきた。
そん時、聞いた話。

ベガルタのシーチケをもう何年も買っているのだが(6万ちょっと位らしい)、
そのシーチケ所有者の人にチケットのプレゼントがあったのかなにかで、
そのチケットを会社の同僚にあげたんだって。

もちろん、私にはくれないわけでwww
だって、貰ってもねぇ…。


そしたらその「同僚にチケットを貰ったから初めてベガルタの試合に行った人」は、
「試合行ってみて、ユアスタのスタジアムの雰囲気がすごく良くて楽しくて、来年、シーチケ買おうかと思うんですよ!!」
と、報告してきたそうだ。

一枚の自分があげたチケットで、
そんな風に喜んで貰えて、それがすごく嬉しい。
そう言っていた。

まぁ、来年、ベガルタはJ1だし、
ベガルタはシーチケを買わないと
チケットを取るのが難しいだろうなぁ。
(今年は宮城スタジアムで開催した事も多かったため、入場者数を大幅に減らしたそうだ。そんでも平均入場1万6千人ですって)

…って、そんな事が言いたい訳じゃなくて!


「たった1枚、”たまたま貰ったチケット”がその人の運命を変えたりする事もある」って事。

それって、すごいよなぁと。

んで、そんな魔力みたいなもんがスタジアムにはあるのかも。



彼は、残念ながら、
ロックスターじゃない(当たり前だけど)

私は、残念ながら、
作家じゃない(当たり前だけど)

2人とも政治家のセンセーでもガッコのセンセーでも無い。


だから、人に影響を与えたりする事は何一つ無い。
つまんないただの人です。


だけど、モンテ(ベガルタ)の試合に誰かを誘うことによって、
その人の日常にちょっとだけ、
モンテ(ベガルタ)という影響を与える事ができる。


んでね、
それって、すごい嬉しい事だった!

そんな事ができるって事が嬉しかった。


そういや…。
弟には、今まで殆どプレゼントらしいプレゼントなんてしたことは無い。
(私が働き始めた頃にお年玉あげたくらいかなぁ)

だけど、モンテの試合に誘って、
弟があんなに楽しそうにするのをみて、
「物より思い出」だと思った。

そしてもう1人!
明日、久しぶりに誘った友達。
楽しんで欲しい。
(毎日大変な介護という仕事を頑張っている人だから、たまには息抜きして欲しいなぁと)


1年間観て(って、たった1年っぽっちだけど)思うこと。
「どんな試合でも(例え負けても)見に行って後悔する試合なんて無い」

あと残り2試合しか無い。

まだ行ったことの無い方がいる方はまだ間に合うよん。

一緒に行ける人は誘ってみましょう。


明日、山形は雨って本当?
太平洋側はめっちゃ晴れるとの事。
日本海側も、晴れて欲しいよなぁ。

っていうか、ヤバ…!
マジで熱が出そうな予感。

神様!お願い…!
明日の朝、
起きたら治っていますように…。
(こんな時、普段の行いが試されるのかしら?っていうか普段の行いが悪いから熱が出るのかしらw)

それでは、寝ます。


では、明日、スタジアムで!!!


追記:みなさん、おはようございます!
晴れで気持ちの良い朝。
山形の天気はいかがですか?

起きてみたら、熱も無いしばっちりな感じ。わーい。
でも鼻がグスグスいうので、
念のため、近所にある医院に朝イチで行ってきまーす!


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
私はここには居ません。って感じは…ある
2009-11-18 Wed 22:50
唯一無二の試合

毎回、そう思うのだけど。

で、やっぱり今週末の大宮アルディージャ戦もきっとそう。

初めてJ1に昇格したからかどうなのか、
今年、入場の入りが良くなかったのは、

・京都サンガFC
・大分トリニータ
・ヴィッセル神戸

あたりかな。

どこも、「元J2」。

案外、心理としてはそういうのもわかるような気がするが、
ナンというか、それってどうなんだろ…
とも思ったりする訳です…。

こちら側にどんな理由があったとしても、
(農繁期や仕事が休みじゃないとか、対戦相手とか)
選手にとっては、それは関係無い訳で。

スタジアムの入り=期待感

と、選手は受け取るのでは?と。

もちろん、どうしても都合がつかなくて行けない方はいらっしゃるだろう。
(私だって京都戦、天皇杯3回戦は行けなかったし人のことは言えないが)

そういう方は、他の方に託すのもアリだと思う。

「俺のかわりに行ってくれ」と。

「行こうかなぁ…、どうしようかなぁ…。」
と迷っている人が、そう託されたら、
「あ、そー。んじゃ、行ってみるか!」
と、来てくれる人も居るかもしれない。

今週末、私は久々に弟とスタジアムに。

で、友達も誘った。
その人、以前一緒に来てくれたのだけど、
「しばらく行くのは遠慮しておく…。」
となった人。

ハーフタイムにお腹が空いたので中央広場に食べ物を食べに行ったら、
バックスタンドの席に戻った時は既に後半が始まっていて…。

バックスタンドに戻るには、ゴール裏を通らねばならない。
そこに居た女性に「試合始まってるのにうろちょろしてんじゃねーよ!」
と、怒鳴られたのだそう。

色んな人が居るわけで、
そういう人はきっとすごく一部の人。

気にしなければいいって言えばそうなんだろうけど、
その友達、初めてだったからねぇ…。
誤解というか、残念だった。

だけど、おっかなびっくり誘ったら、
今回は来てくれるとのこと。

よかったー!

楽しんでくれるといいなぁと心から思う。

そりゃ、試合が始まってからうろうろされるのは邪魔。
だけど、まだ慣れていない人もいるのだから、
多少は大目に見て欲しいなぁと。

よろしくお願いします。

(私も、昔、ハーフタイムにトイレに行ったら長蛇の列。席に着くのが遅くなり試合が始まっていて、
後ろの30代半ばくらいの男性に怒鳴られ、とても嫌な思いをした@メイン北。どうすりゃいいのよ!という気分。)


あと数日しか無いけど、
モチベーションの上がるコメント募集します!

「今回、友達誘ったよ!」
とか、
「両親を初めて連れていきます!」
とか、
「思い切って、会社の人を誘いました」
とか…。

誘った成功談とか(失敗談もアリ)、コメントいただければ
読んだ方の参考になるかもしれません。

どうぞよろしくお願いします。

みんなで、いいホームにしませう!

ホームって、”私達の帰る場所”だと思うのですよ。

以前、「千の風になって」という歌が流行った。
あの歌詞の中に「私はそこにいません。」という言葉があったけど…。

なんかそれをフト思い出す。

私のような県外在住が長い人とかも沢山いらっしゃるだろう。
そんでもモンテサポの心は、
NDスタにあるのかも知れないなぁと。

住んでいるのは違う場所だけど、「私はそこにいません。」と。
「あのスタジアムに自分の魂の一部はあります。」と。

(クサすぎ…。でもそう思うのよ。はははのは…)

追伸:そんで思い出したが、
中村俊輔が居たセルティックのサポは
亡くなった後、スタジアムに遺灰を撒いて貰う人もいるそうだ。
すんごいクラブ愛だよなぁ。


※コメント下さった方。うまく反映されていない方がいらっしゃるようで…。
実は、私のコメントも反映されていませんでした。
ブログのせいか私のせいか不明ですが、ここでお詫び申し上げます。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
弟の会社の”ある1人のモンテサポ”の話
2009-11-16 Mon 01:12
主人公のモンテが居ないNDスタでは、
天皇杯が有った訳ですが。

「炎のカリーパン」のお店、出ていたと。

カレーパン屋さん、男気だよな。

あれって、元々、「対戦相手を喰っちゃおう!炎のカリーパン」と
いうコンセプトなんだもん。

今回はなぁ…。どっちを喰えばいいんだか…。
そして、この週末の寂しさ…。


仙台、FC東京に3-0で勝つって何?
ちょっと…。本当に強いんだね。今年は強いなぁ…と思っていたけど、
ほんと強いんだなぁ…。私的には複雑な心境ではある。

あと、岐阜。岐阜!恐ろしい子!!!
去年のあの恐怖は、伊達じゃなかったってことかぁ…。


弟は、このブログの存在を知らないみたい。
(私が事有るごとに写真を撮っていても不思議がらない)

だから書く!わりーが、書く!書かせていただく!

弟の会社の人の話。

その人は弟よりもんのすごーく年上だそうだ。

で、今年、私と一緒にモンテの試合に行った弟は、
それがきっかけで、
もともとモンテサポのそのオジサン(失礼)と、
たまに話をするようになったとの事。

あの、ホーム大分戦。

あの日、弟の会社は接待(つーか、取引先も招待しての)の
「芋煮会」だったそうだ。

って事は、仕事な訳で。

そんな「仕事な芋煮会」を全力で断った男、それがその人(だったらしい)

とーぜん、会社の人は怒る。

会社の上司は怒り、
半分喧嘩に。

だけどもね、その人は、
断固として断ったそうだ。

あの試合、結果としては、
その人の期待に添う内容では無かったけど…。

聞くところによると、その人は、
モンテのGM、中井川さんと中学の時、
一緒にサッカーをしていたのだそうだ。

(中井川さんって、一中なのね、私の中学と隣だわwww)

で、その人は大学も、サッカーで入った、
ある意味サッカーエリート。

だが、今はふつーのサラリーマン。

サッカーの栄光と挫折の両方を味わって来たであろう人。

(思うんだけど、昔サッカーやっていた人って、
案外、Jリーグには無関心な人って多い。
うちの弟その2もそうだし…。
周りをみてもそう。不思議だ…)




弟の勤める会社は、地元企業。

だったら、モンテの試合がある時ぐらいは、
多少の融通くらいはきかせてくれてもいいのにね。
そもそも土曜日って休みだろうーが!って話。

その人は、あの大分戦の事、
「大事な大事な一戦なんです!」
と、きっぱりいいきって、会社の会長と喧嘩したらしい。

ずーっと、ずーっと昔から応援して居るのだそうだ。
だから、昔からの願いが叶った今年は
やっぱりその人にとっても特別であろう。

その話を弟から聞いて、印象に残った。
っていうか、「大事な一戦なんです!」という言葉に、泣けた。

つらつら思うに、そのオジサンがサッカーをやっていた時代は、
今のようにJリーグとか無かった訳で。

世が世なら、プロになっていたかも知れない。


だけども、今はモンテの1サポーターとして、
スタジアムに通っている。

どんな気持ちで観ているんだろ。

一緒に中学でサッカーをプレーした人は、
クラブのGM。

本人にはある程度、サッカーでは挫折感はあるのだろう。
でも、そうやってスタジアムに熱心に通っている。


そんな話って、きっと世間的に考えると、
掃いて捨てる位ありふれた話かもしれん。
でも、私には、そういう話こそが、
Jリーグっていうか地元にクラブが有るっていう事を
実感させてくれる話だし、
クラブと人生って事を考えさせてくれる話なんだもん。

あのスタジアムには、私のような初心者もいれば、
自分が叶えられなかった思いを心に秘め、
スタジアムに通う人もいるんだなぁと。

それぞれ違う人生経験、違うサッカー体験。
そんな人達が、同じ「モンテが好き」という思いで
NDスタに集っている。

弟の会社のその人のように、
自分が叶えたかったであろう、
そして世が世なら自分が立ちたかったであろうピッチに、
選手としてではなく、サポーターとして集ってくる人も居る。


プロの選手として戦える喜びっていうのは、
昔から有ることでは無かったわけだし、
モンテの選手は、
その幸せを理解してくれているといいなぁと思う。

今週末の大宮戦、その人はどんな思いでスタに来るのだろう。

きっと、サッカーもやっていなかった私と、
案外同じ様な気持ちなんじゃないかと思う。


モンテの選手は、私達の夢なのです。

私のようなサッカー初心者だけでは無く、
弟の会社の人のようなサッカーが
人生の大きな部分を占めてきた人にとっても、きっと。

そして、選手って、ある人にとっては、
自分のかわりに闘ってくれる人でもあるのかも。

だから、大宮戦,
みーんなで勝とう!


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村







別窓 | モンテディオ山形 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ワタシが行かなきゃ!っていう怒濤の勘違いもアリかもと。
2009-11-10 Tue 21:02
鹿島戦…。

実は、当日、鹿島スタジアムに数時間ほどの所に居た。

何とか鹿島vs山形の試合に行けぬもんかと
色々調べたが(のっぴきならぬ事情も有り)やっぱ無理。
後ろ髪引かれる思いで帰宅。

ぐやじいぃーー!

その時のことは、シーズン終了後にでも
書こうかと…。
(今はそんな気分じゃないのよね…)

先週のTGの後、あまりの寒さに天童の日帰り温泉、
「ゆぴあ」へ。

ゆぴあと言ったら露天風呂ですよん。

雨の中、ぼけーっと温泉に浸かる。

考えるのは、モンテの事ばっかし…。

その時、急に頭の中に浮かんだことを。

明治大学に負けてしまった天皇杯。
あの時、私は家で寝込んでいて、断念。

だから、何人スタジアムに入ったか知らない。

天皇杯2回戦、日本文理大学との試合は、
弟と楽しく観戦出来た。

あん時、何人入ったっけ?
あまり多くなかったと思う。
天皇杯ってあんまり人が入らないよね。

で。温泉に入りながら、ハッ!と思った事。

明治大学との試合が、沢山人が入っていたら、
もしかして違う結果だったかもしれない…と。

そりゃーね、プロなんだから、人が入るまいが入るまいが、
アマチュアに勝つのは当然だ。

だけど、圧倒的にホームの雰囲気だったら結果は
違ったかも知れない…と思ったりするんだよね。

あの後、彼氏に、
「私が試合を見に行っていたら勝ったかもしれないのになぁ…。」
なんて思わずつぶやいた(もちろん、冗談半分よ。でも1/3は結構本気だったりするところがこえええ)
たまにはいい気になって(山形弁的にはあがすけつかすって感じ?)言って見たかっただけ。

そしたら!
「そう思うだろ!だろ!だから俺はホーム全試合ベガルタの試合に行っている。俺が行かないと負けるから。」
と、抜かしやがったのである(笑)

アホか!(笑)

あんた1人が行こうがいくまいが、
ベガルタの勝利にはかんけぇねぇよ!
と今まではせせら笑っていた。
そんな言葉、鼻で笑っていた。
ふんっ。へそで茶を沸かしちゃうよ!と。


だけどねー…。
今回、そんな気持ちがすこーしわかった…。
っていうかかなりわかった。

「俺が行かなきゃ負ける」
なんつーこたー無い。

だから、あの天皇杯の時、予定通り私がスタに行っていれば、
モンテが勝っていたなんて、非科学的過ぎて言えない。

だけどもね、そういう気持ちって”アリ”なんだなぁーと思う。

そして、この勘違いは”正しい勘違い”かもしれんと。


皆さんも、無いですか?
そういう気持ち。

スタに毎回来る、誰もがちょっとずつ、
そういう気持ち(オレがワタシが行かなきゃヤバイ!という勘違いも含め)
を持ち合わせているような気がするのよ。


サッカーってそういう気持ちを持たせてくれるスポーツ、
そういう幸せな勘違い(?)をさせてくれるスポーツ。

さっき、スポーツ21から来たメール。

>モンテディオ山形ではJ1残留を目指し、サポーター・選手・クラブが心をひとつにして共に戦う「モンテ絆リボンプロジェクト」の一環として、県内市町村を窓口とした「モンテ絆応援チケット」を、下記の通り、販売いたしますのでお知らせいたします。
販売価格:
2,200円(当日券の30%引価格)
取扱市町村(順不同):
対象試合/11月21日(土)大宮アルディージャ戦
山形市、村山市、天童市、西川町、大石田町、新庄市、金山町、大蔵村、戸沢村、南陽市、白鷹町、飯豊町、鶴岡市、三川町、庄内町、遊佐町


これが何を意味するか。

チケットの売れ行き、
スタジアムの入りを懸念しての決断だろう。

モンテは財政的に厳しいクラブ。
だから、チケット定額で売れればいいにこした事が無いのに…。

でも、折角クラブが用意してくれた応援チケット。
活用しよーではありませんか!
(ワタシは、その前に買ってしまっていたし、どうせ県外在住者で対象外だしなぁ…)

泣いても笑ってもあとホーム2試合。

大宮戦で勝って残留を決めるために。
絶対的なホームをつくるために。

鹿島戦の後の小林監督のコメントでは、
上位のチームと対戦すると、厳しいので中盤の補強は必要との事。
恐らく、このメンバーでの試合を観るのは今年のみ。

だから、目に焼き付けよう!


「ゆぴあ」の露天風呂の中、素っ裸で、
「ごめん…行けなくて。」とか、
「勝つのを見に行くじゃ無いって事か?勝たせるために私達はスタに行くのか!」
などとボケーッと考えていた、ワタシってwwww


温泉で体も温まると、
シンプルだけど気が付かなかった事もハッ!としたりして
血流が良くなったって事なんすかねぇ。
いい湯だな、あははん♪

行こうよ!大宮戦!


みんなで「勝たせ」に行こう!

あなたが来なけりゃ、勝たない!…(かもよ)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村







別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:12 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
TDK TG その2 宮崎選手大ファンのオバサマ
2009-11-06 Fri 23:14
えーと。前回からちょっと日にちが空いてしまった。
体調不良だったので、お許しを。

TDKとのTGその2。

私の隣に座ったオバサマ。

「モンテ絆リボンプロジェクトを手伝いに来たけど、
もうやってなかった」との事で、その帰りだそう。

リボンと言えば。

遡る事、9月のアウェー、ジェフ千葉戦。

ジェフのサポ達は、黄色いリボンを手に巻いていた。

試合前にはリボンを貰うためのながーい列が出来ていた。

ジェフの色のリボンが巻かれていた手。
みんなでその手と手をつないで選手を向かい入れていた。

あれはある種、凄味を感じさせる風景だった。

もしかして、今回のモンテのリボンプロジェクトも
ジェフ千葉とかのを参考にしたのかも知れないなぁと。

話は、オバサマに戻る。

TGが終わってちょっと話をした。

オバサマ「J2の頃から20年ずっと見ているのよー。」

…20年って…(笑)

大分、見ている年月を上乗せしちゃってるなぁ(笑)
J2すらその頃、無いよ…。

オバサマの気持ち的に、
20年応援しているカンジ…って感じなのだろう。

私「好きな選手とか、居るんですか~?(ミーハーな質問ダナ、オイ)」

オバサマ「宮崎!!好き?(と、私の事を指さす。有無を言わせない感じ)。」

私「弟が、試合見てすごく誉めていました。」

オバサマ「あらそー!」(と、してやったりの顔)

オバサマ「あの何も考えず、ボールに突っ込んでいくところがいいのよねー、何も考えず!」

ちょ…w

宮崎選手、考えてプレーしていると思うぞ。

まぁ、その辺は解釈の仕方が人によって違うという事で(笑)


でもねぇ、私の母よりも年上っぽいそのオバサマ。
1人で来て、楽しそうにTG見ていたなぁ。

「まぁ!」とか「あら!」とか。

そういう姿を見るのは楽しいし、嬉しい。

「こういう市井の人によってモンテは支えられているんだなぁ…。」
と、しみじみ実感出来るから。

TGの方は、選手を公表していないのでここでは詳しく書かないが、
初めて見る若手、それも「ピッカピカの○年○(昔のCMね)」選手が見られて、
行ったかいがあった。

つや姫とつるりのアイス
チェリーランド

TG後に行ったチェリーランドにて。

モンテのユニでおなじみ、「つや姫」初めて食べた。
アイスだけど…。
上の方のがそれ。
プチプチしたのが米のつや姫だよん。

したの「つるり」というアイスは、
ぬわーんと!里芋のアイス。

味はわからず…。
でも何となくつるりとしていて里芋っぽかった。


胡麻味の油あげ
チェリーランド

油揚げ一枚、450円というちょっと躊躇するお値段。

これ、オーブンでさっと焼いて食べたら、
ベリベリうまかった!

お勧め!
こんなの旦那さんにつまみにささっと出してあげたら、
喜ぶぞー、きっと。

味付け納豆てんこ盛り
チェリーランド

妙に、私にコヤツが
「買って!」と訴えかけていたような気がしたので…。

味付け納豆とあるが、納豆の他にも
何か入っていてしっとりしている。

因みにこれは唐辛子味。

ほかほかご飯にかけると、もうね、
ご飯がエンドレス。

サッカー観て、飲んで、食べて。
…こうして秋の夜更けがふけていくのであった…。

(いやぁー、それって何て幸せ!!)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


別窓 | モンテディオ山形 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ノボリゲット(でもどうしよ…)TDK TG(さわりだけ)
2009-11-04 Wed 01:10
31日の天皇杯は、あまりの体調不良のため断念。
次の日、朝10時頃にやっと体調が回復。

もんもんと見に行けなかった天皇杯のことを
考えていてもしょうがあんめぇ。
TG見てこの目でモンテがどんな状況か確認しよう。
山形に行こう!と。

デート(なんて言うほど初々しい間柄じゃ無いんだけどサ)先を山形に勝手に変更w

まずは、注文していた物をナナビーンズへ取りに。

ノボリ
のぼり

先月、注文したノボリ。

注文する時、周りの人はほとんどがタペストリーを選択。

だが。私は最初からノボリにしようと心に決めていた(笑)

「大は小を兼ねる」じゃ!!根性入れてノボリだ、ノボリ!

…なんつー感じで、即断。

ノボリって、そもそも戦国時代の軍旗。
だから私の中では闘うシンボル的イメージ。
現代においては、店先にあるもんだったりするけど…。

ノボリのポール
のぼり

別売りのポールもしっかり購入。

あのね…、これちゃーんと鉄製なのよ…。
受け取ってずっしり重くて、
かなりビビる(「あ…タペストリーにしておけば良かった…」と一瞬後悔…。)

お店とかやっていない私は
このノボリセット、どうしようかねぇ。

ノボリには、「モンテディオ山形を応援します」とか書いてあって、
いかにも商業用な感じ。

普通に部屋の中に飾るとするか(笑)

でも、どーん!
ノボリがコンニチハ!
な女の部屋ってどうなんすかね?(笑)

誰のノボリにしたかはナイショだ、ふふふ。

受付の母と同じくらいの年齢のオネーサマが、
「あらまぁ…。仙台からわざわざ…。じゃ、これも付けますねー。」
とか言って、Jリーグ百年構想のビニールバックを付けてくれた。

そんな一言が嬉しかったするんだよね。ありがとう。

屋根のないNDスタでは、
天気が悪いとバッグがぐしょ濡れ。
次回からはこのビニールのきんちゃくを活用させていただきます、ヤター!

ナナビーンズ スポーツプラザ21展示
ナナビーンズ

NEC時代から、チームカラーは青なんだなぁ。

そっか…。

チームカラーってものの大事さっていうか、
思い入れ、歴史みたいなものを感じた。

モンテディオは青。

だから、それは簡単には変えられないものなんだね。

NECのユニに袖を通していた人達、
どんな思いなのかな。

喜んでくれてるよね、今のモンテを。
そうだといい。心からそう思う。
そして、ありがとう。


パネル等
ナナビーンズ

柏から来たばかりの初々しいシミケンが写っていたり。
一緒に今は仙台にいるGK、桜井選手も。

桜井選手が大学卒業してモンテに入ったばかりの頃のパネルも。

きっと、”はえぬき”のGKは、
サポーターにとって愛着が深いというか、
可愛いんだろうなぁ…と。

桜井選手はものすごく人気があったそうだが、
それは彼のグッドルッキングだけでは無く、
はえぬき選手という理由も大きかったんだろうなぁと。

パネルを見ていて、
そんな気持ちがわかるような気がした。

そしてGKって、そういうポジションだなぁ…と。

練習場に着いて
TG

うわ…。
写真、逆光でスマン。

寒い中、結構な見学者。

単にTGを見に来たという人ばかりではあるまい。

前日の天皇杯の屈辱的な敗北を心配して駆けつけた人も
多かったと思われ。

中に入って早速見学。

対戦相手のTDK。

TDKが手を引くと言われており、今後が心配なクラブ。
不況の余波はこんなところにも…。

TDKのサポーターは20人位来ていたなぁ。
遠い秋田から、ご苦労様。

そして、プロ、アマチュアに限らず、
どんなクラブにもこうして熱心に応援するサポーターが居ること、
やっぱそれってすごいよなぁ…と思う。

TG中、隣に座ったオバサマの話は次回。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏レイソル戦 観戦記 その5 【無事脱出できた?って何だよなぁ(笑)】
2009-11-01 Sun 22:50
昨日の天皇杯の後、
「今日から一週間メディアの報道、目にしないようにしよ…。」
と決めた。

だが今日、彼氏が読んでいたニッカンを横目で見たら
あまりに大きくモンテの記事が載っていたので、
やっぱ読んでしまったよ…。

「クラブ史の汚点」とかいう言葉よりも、
「J1で史上初、大学に負けた」という言葉の方が、
私にとってダメージ大きく…。

そっか…。
キツイな、この現実。

残留濃厚になったので、
天皇杯勝ち進んでくれる事に夢を持っていたのだけど…。

いいことばかりはありゃしないなぁ…。


さて。
もうね、かなり「今更感」たっぷりなんだけど、
柏レイソルの観戦記が終わっていないので、
最後の1回、いかせていただきます!


ほんと、今更だけど、ドゾー!


スタジアムから出る人の流れの中で、
「理事長!」「理事長!」と、何人かが近くで叫んだ。

私のすぐ傍に海保理事長の姿。
傘さして、人ごみの中、ふっつーにみんなに混じって
帰るところだった理事長(笑)

「理事長としてのプレミア感無し」とか言うなかれ!(笑)

理事長すらこんなに身近な存在ってのは、素敵な事だ。
そして、それは海保理事長だからこそ。

みんな、
「理事長、おめでとう!」
「おめでとう!!理事長!」
と、声をかけ、理事長の肩を叩く。
(私も背中をポンポン♪と触っちゃったもん)

そしたら、理事長は、
「みなさんこそ、おめでとう!」
と、その場にいた人達に声をかけていた。

心温まる風景。

みんな、理事長の肩を叩き、背中を触り、
まるで理事長は「刺抜き地蔵のよう」だったな(笑)

神社仏閣にある、
触るとありがたみがある像みたいなさw

こーんなに身近で、親しまれている理事長。

フロントとサポのこの関係が山形の強みだよなぁ。


朝日スポーツキッズ 号外
朝日スポーツキッズ 号外

日立台から帰る途中、レイソルロードで配っていた号外。

朝日新聞の販売所で独自に作っているものらしい。

雨だったので、ちゃーんと一枚一枚、
ビニールでパッキングしてあるの!

「タイトルは願い霞む悪夢の3連敗」

朝日スポーツキッズという名の通り、
レイソルサポの子供達の応援コメントが沢山。

「大津と実と小林と近藤のハエヌキ選手には超ガンバッテ欲しいです。レイ君にもガンバッテ欲しいです。」

…「レイ君にもがんばれ」って、可愛いなぁ、子供は。

そんなコメントが沢山載っていて、
こういうのって、地元っぽくていいなぁと思う。
こういう取り組み、好きだなぁ…。


柏駅に付く頃、
パブリックビューイングに行っていた弟から電話が。

その第一声にぶったまげたぞ!!

「無事に、日立台から脱出できた!?」

…はぁ!?

何の事やらわからなかったが、よくよく聴いてみると、
山形が勝ったので、
日立台が恐ろしい雰囲気になっていると思ったらしい。

ちょ…www

なーんか、サポーターについて、サッカーについて、
色々と誤解してるんだがw

「ここは、イングランドやイタリアじゃないよ。
大丈夫だよ、全然。
柏サポも山形サポも一緒に柏駅に向かって歩いているよ。」

と言ったら、ホッとしてた。
なんだなんだなんなんだよ、弟…(笑)

弟、すごく嬉しそうで楽しそうで、
話が長くて。
シミケンは代表クラスのGKだ!とか熱く語っておりましたん。


モヒート
柏

柏の人に事前に教えてもらったお店にて。

モヒートはヘミングウェーも好きだったカクテル。

フィッシュ&チップス
柏

この店、アイリッシュパブなので、
何はともあれフィッシュ&チップスを。

今まで食べたどこのアイリッシュパブのやつよか美味しかった!

ムール貝
柏

ムール貝って、微妙なのが多いけど、
マジで美味しかった。

1リットルビール
柏

1リットルシリンダーみたいなのに入っているの。
もち、1人で全部飲み干しましたん♪

この店、すごくクオリティが高いアイリッシュパブだった。
また行きたいなぁ…。
だから、柏には何とかJ1に残って欲しいなぁ…。
日立台の雰囲気、すごく好きだし…。
(何て虫のいい話はないのだろうけど…)

このお店、店員はみんなレイソルのユニを着ているのだ。
お店の中はレイソル一色。

スクリーンには生放送のアフターゲームショー。

レイソルサポもいっぱい。

彼らは、アフターゲームショーのレイソルvsモンテの試合部分、
じーっとみていたな。
宮沢キャプテンのインタビューとかも。

他の試合の場面になると、
多少笑顔を取り戻したりもしたけど。

めちゃくちゃ活気がある店で、
おまけにすんごくレイソル一色。
レイソルサポじゃない一般の人も沢山飲みに来ていて。
ああいう店の雰囲気、ちょっと羨ましかったなぁ。

この店で試合の話、色々していたんだが、
私は、嬉しい!ヤッター!という感じでは無く、
色んな思いで感慨無量だった。

そりゃー私は、モンテが勝つところを見に来た。

しかし、目の前で、
”太陽が沈みかかっている”
のをみたからかな、敵ながらシンミリしてしまった。
ちょっとだけ、その気持ちが想像できそうな気がしたから。


何気なく自分が言った言葉に初めて、
「残留という夢が叶うんだなぁ…。」
勝った実感がわいて、心からほっとして
涙が出そうになった。


柏駅の雑踏の中、
「この人達は、柏レイソルが負けたのも知らず、
降格しそうなのも知らないんだなぁ…。」
と思うと、不思議な気分だった。

だが、そういうもんだよなぁ…。

どこのクラブの地元も、それとは関係なく過ごしている人は
沢山いるわけだもんなぁ…。


ビジネスホテルにて
ポンチョとタオマフ

11過ぎに店を出て船橋まで戻ったら午前様。


雨に濡れたポンチョとタオマフを眺めたら、
「勝ったんだなぁ…。」
という実感がわいてきてシミジミ。

千葉日報
千葉日報

ジェフ千葉と柏レイソル。
2つもJ1のクラブがあるのだものなぁ…。

新聞の扱いは割と淡々としたものだった。



あんなに切実で、
あんなに真剣な試合。

今回の、柏戦はきっと忘れられないものになると思う。

あの夜はまさか1週間後にこんな事が待っているとは
思いもしなかったのだけど…。

そんでも、モンテに関わりが出来てよかったな…と。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ |

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。