スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2010-10-30 Sat 00:01
今、実家。

父が私が帰省したのを喜んで、
熱燗バンバン注ぐもんだから、かなーり飲んだけどまだまだ(5合くらい)

今回、親から、思いがけず、ジュエリーのプレゼント。

あの、びっくり。
これって、モンテのお陰かも。

実家に帰りたくない、
親に怒られるのが大人になってもどこか怖かった私。

だけど、モンテを観に、
年に何回も帰省するようになった。

私は、それを怒られると思っていた。

だけど、喜んでくれた。

そっか。

コミュニケーションなんだなぁ…。

両親は、こんなのを待っていたのかもしれないなぁ。



密かに、レッズサポの方にもご心配をいただいていたが
(ありがとう!)
明日、行きたいと思いマッスル!


明日は台風…。


モンテの事を応援したい気持ちはあっても、
母は、正直、サッカーに興味が無い。


私達が半年前に計画して、
チケット発売日に購入しても、
いつの間にか、次の日に友達との旅行のスケジュールを入れているって、

この、白状さ!!


んもう!怒ったよ!

ひでぇ!と。。。

で、その事を弟に言ったら、

母から、「ごめん、行く」

と電話が…。

結局、次の日は旅行だから日帰りになったが、
(彼氏がせっかくなんだから泊まって遊んできたら~!お金出すよー!と言ってくれたのだが)


今日になって、祖母から母に、
「サッカー見に行くんだって?台風来ているから、行くの止めた方がいいんねが?」
と、止めの電話が来たそうだ。


まぁ、そうだよなー。


でもねー。
私達、行きたいのだ。


家族3人で遠くに、それもサッカーの試合に行くなんて、
数年前は思いもしなかった。


だから、行きたい。



母は心配しているけど。
(ゴメン)



私と弟が変わりばんこに運転するから。


私は、埼玉、土地勘有るし、
連れて行きたい。



母をサッカーに連れて行くだけが目的じゃなくて、
私達家族は、埼玉に、色々と縁が有る。
それは(母にとって)
悲しい縁だけど(それは後日)


私は、晴れ女だ。
母も、晴れ女と言う(自称)


だから、晴れてくれ!!


で、母は、明日、モンテブルーのポンチョじゃなく、
自前の(まるで某クラブっぽい)カッパを来て行く予定w



去年、埼玉スタジアムで、
モンテは大敗した。


あの時の痛みを忘れた訳じゃない。


そして、あの痛みが私を、モンテにとどまらせた。


「モンテと共に歩む覚悟」
を決めさせてくれた試合。



高速で帰る途中、
「また、絶対、来年も、く・る・ぞー!!!」
と、埼玉スタジアムに向けて叫んだ。


叫んで、彼氏に苦笑された(笑)



あの時、思えば、モンテは、
残留スレスレだったのだ。


(ダントツ、降格と予想されたにもかかわらず)



願いが叶ったのだ!!



だから、埼玉スタジアムに、行かねば!

「絶対来るからねー!」

と、叫んだし。

ああ、でも
願いが叶った。


何もわからない母、モンテ大好きな弟。
3人で行くよ!

うん。
この日が来て良かった。
弟は、めちゃくちゃ楽しみだったらしい。


行くぜ!埼玉スタジアム!
おかーさん、いけるかどーかちゅうちょしているけど…。
で、東京在住の弟もどうかわかんないけど…。


(そんで私の好きだった、あの人の面影がある場所へ)



明日、埼玉スタジアムで!


台風だし、あったかい格好でね!

では、明日!

埼スタで会いましょう



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 他のサッカーの事 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
清水エスパルス戦観戦記 【ガックリ…の後、つや姫救われた夜】
2010-10-29 Fri 23:00
試合前、清水サポの女性2人と話しさせていただいて
(@美人のおねーさん2人)

「ここまで何時間位かかるもんなんですか?」

シミサポのおねーさん「休憩入れないと、6時間位かなぁー。」

「残留したら、来年行きたいと思いますんで!」

シミサポのおねーさん「えっ!!残留したら?うちがっ!?」

「…(無言 絶句)山形が…ですよー。」

ちょ…。

清水が残留云々、なんて…。
思うわけ無いよ…。


その突っ込み、びびったぞ(笑)

シミサポのおねーさん
「でも、うち、今が一番弱い時だからねー。」

「前半の貯金使っちゃっている時だもん。」



今が一番弱い時…。

(頭の中でちょっとリフレイン…)



モンテは、清水に一回も勝っていない(よね?)
それも、大差で負けている印象。


だから、ホームだし、今回こそは!
と、思ったんだけど…。


マサル後援会
清水エスパルス戦

(゚∀゚)キタコレ

この黄緑色は、

マサルの後援会の方々!!

ちゃーんと、ダンマクの後ろにお揃いの黄緑色のTシャツを着て、
座っていらっしゃる。

ってことは…。

マサル、怪我治って、復帰したのかな!

…なんて、期待しちまったぜー。


…まだでしたん。
だが、マサルも励まされるであろうね。




試合は…。

弟的には、今年一番のワーストだったとの事…。

(私は、ワーストはやっぱ、アウェーのダービー)


3点取られて負けたのは、アウェーの新潟戦も同じ。

あの試合後、めちゃくちゃ悔しかった。

でも、交代の度にフォーメーションが変わり、
それまでのモンテには無い攻撃にびっくりしたが、
ワクワクもした。

いけー!!
みたいな。

前がかりになったので、点は取られたが、
ある意味、それは納得できたっつーか。



だが、今回は…。

…と言うと、
「選手は頑張っていたんだから。」
と、怒る人が居るけど…。


うん。

事実、モンテの選手は頑張っていたと思う。


だが、プロなんだから
「頑張る」のはある意味アタリマエだと思う…のよ。

頑張ったか、頑張っていないかだけで論じるのは、
プロである彼らにかえって失礼なことかもと思う。


「清水が立ち上がり30分くらい寝てたと思うんですけど、いきなり一発で点が入って、ながれがガラッと変わっちゃったというか(中略)一発で仕留める清水の攻撃力とか個の力というのがあるので、そこが違う部分だった」

と、トーミが言っているように、
前半の立ち上がりは、モンテがすごく良かった!


やっぱ、トーミの言葉にあるように、最後は
「個の力」の差だったのかもしれない。


だが、私に、
サッカーは「個の力」だけじゃないって事を教えてくれたのは、
モンテだ。


「後ろで回してる場合じゃねーだろ…。」
「前にボールあげろよ…。」
という声が周りから聞こえてきた。


確かに、観ていてそう思う場面は多かった(と、思う)


でも、モンテは1人少ないんだし、
攻めるところを見たかったという人は多いと思う。


あくまでも想像だが…。
選手達は、バランスを重視しすぎちゃっている部分があったのかもしれんなぁと。


試合後の監督コメントを読むと、
もっとシンプルにボールを中に蹴って欲しかったみたいな事を言っている。
調子のいい時は、もっとシンプルで豪快だと。


試合後は、そりゃーね、ガックリ来た…。

なんとも表現できない気持ち。


だが、こんな日もあらぁな!!


だが、駐車場、1メートル車を動かしただけで、30分!!

ナニコレ!!

今までのワースト記録だ。

(弟もそうだったらしい…。何がどうしたの?)



皆で実家に寄ってご飯を馳走に。

「負けた。」と言ったら、


母が「なにっ!モンテ、降格するのっ!?」


……いやいやいや…。

そこまでじゃないから…(笑)
どこでそんな話しを聞いたんだか…。


つや姫のご飯が出たんだが、
もっちもっち、むっちむっちしてうめぇー!!

「お母さん、ご飯炊くの、うまいからよ。」
と自慢していた母。

コツは少な目の水で炊く事

…そんなん、私もやってるんだがなぁ…おかしいなぁ。

うちの炊飯器は3年位前のだが、
実家のは最新で、それの違いかしら?

いやぁ、つや姫、
マジで、うんまぁぁぁー!!



で、少し元気が出た日でした。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
清水エスパルス戦観戦記 【モンテもレッドウィングスも】
2010-10-28 Thu 23:59
プレミアムバスに乗った私より早く付いた彼氏は、

既に、「ポトフ」「芋煮」を完食!

汁物を2つも…。

あんた、どんだけNDスタの食べ物好き…(以下省略)



マグロメンチカツ入り
カリーパン

清水、お鮨、美味しいもんねー。


試合後、実家で食事した際に、
清水エスパルスの話しから、

そういや静岡って、イルカを食べるよねーという話に。


で、父と母が、子供の頃、「イルカ汁」食べたと。


鯨が高級品になり、鯨と表記し、イルカの肉を売っていたり、
偽装が問題になったりする今だが…。


両親が食べたのって、鯨汁じゃないかなぁと思うんだが…。

山形って、「鯨汁」を「イルカ汁」って呼んだりするよね?


母の実家では、そうめんの漬け汁が鯨汁だったりして
(こくがあってうまいと、祖父母が好きだったらしい)
母は、それが油っぽくて、嫌で嫌でしょうがなかったらしい。



サッカーに興味ない両親。
だが、Jリーグの試合をきっかけに、
両親が子供の頃の話が聞けたり。


他の家でも、サッカーが
親子の会話の橋渡しをしてくれているといいな…なんて。


もつ入り
カリーパン

おや!珍しい。手書き。

大人の事情でもあったんだろか(笑)


黒はんぺん入り
カリーパン


黒はんぺん好きだー。
普通のはんぺんよりも魚の味が濃いの。

静岡のおでんって、美味しいよねー。

つや姫げんまいちゃ
清水戦前


彼氏が、歳末助け合いに募金して貰った
(千円。みーんな千円を入れていたらしい。えらいなぁ。そうだよなーそういうのって生きるお金だ。)


こうばしくて美味しいのー!

売っているおねーさんにどこで売っているか聞いたが、
わからないとの事…(それってどうかと…)


違う人に聞いたら、
「NDスタとJAのお店」との事。

もっといろんな所で売っていたらいいのになぁ、
美味しいし、安いんだから。

道の駅とかさ!



このマスコットは誰だ?
清水戦前

私達の前をふら~っと通り過ぎたマスコット。

「えっ!あれ、何?誰?」

騒然とする私達(笑)

レッドウィングス
清水戦前

パイオニアレッドウィングスのマスコットでしたー!

パイオニアレッドウィングスの選手達
清水戦前

姿勢良くて、スポーツ選手特有のかっこよさ!

周りの人からは、
「案外、おおきくないんだねー」
との声。


試合前、

私「山形って、よく考えれば、モンテとパイオニアと2つのスポーツクラブがあるんだから、コラボとかして盛り上げて行けばいいのにねー。不況でパイオニア、大変らしいし…。」

私「お試しで、モンテの半券持って行けばパイオニアの試合観戦、割引になるとかしてみたりとかさー。」

弟「でも、バレー観に行く人って多くないと思うけど。」


そうぉ?

潜在的なバレーファンって、
昔から日本はすごく多い気がするけど。


仙台には、バスケのプロチームがあるが、
結構人が入っているみたい。

やっぱ、実業団だと色々と難しい部分が多いだろうねー。



…なんて、思っていたら、キター!!

モンテディオ山形&パイオニアレッドウィングス
「ふれ愛クロストークイベント」開催



号外
号外

昨日、仙台市内で配っていた号外。

野球は野球の楽しさがあるよねー。
(楽天の試合観にいった事があるし)


だが、野球は企業色を強く感じるようになって、
Jリーグの方が魅力を感じるようになった。


野球とサッカー。

比べるのはおかしい。

…おかしいが、
Jリーグは自分が買うチケット一枚も、クラブのためにと思って買う人が多い訳で。

最大の魅力は、支えて行くのは企業より自分達という実感
(そりゃスポンサーも大事だし有難いが、それは観客動員も関係有るだろうし)

…なのかも知れない。
(特に、モンテは社団法人だからなおさら)


まぁ、別にどっちかを選ばなくても言い訳で、
野球もサッカーもバレーも楽しめればいいのだよね。


今回は、試合前にも、そんな事、思った一日でしたん。

続く。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
プレミアムバス乗ってみた!【ろーど とぅNDスタ パート2】
2010-10-26 Tue 01:41
山形市中心商店街の企画・運営 プレミアムバス乗ってきますた!


概要

◆13:00発→14:00着

◆始発 ホテルメトロポリタン山形→歌懸稲荷神社前(ホテルキャッスル向かい)→山形グランドホテル前→山形七日町ワシントンホテル前→終着 NDソフトスタジアム山形

◆Aチケット 1,700円 バス往復座席チケット+特製弁当+ワンドリンク付き
Bチケット 3,500円 バス往復座席チケット+1試合の観戦自由席チケット+特製弁当+ワンドリンク付き

◆お子様にはステッカープレゼント
モンテディオ山形マスコット「ディーオ」との記念撮影
山形市中心商店街参加飲食店での割引



「おお!私、これ、乗る!乗ってみる!」
って、瞬発的にオモタ。


モンテを通して、商店街の活性化に繋がれば!と。

プレミアムバスチケット
プレミアムバスチケット

各試合前日までしか発売されてないので、
仕事で山形に行った彼氏に買って来て貰った。


今回申し込みがあったのは、
7人だけ…という事だった…。

7人…だけ…。
正直、驚いたし、びびりました(笑)

だって、観光バスの中、ガラーン…。


「別に料金、高くは無いとは思うんだけど、告知不足で…。」
と、係りの方は言ってらした。


うん、1,700円という料金は別に高いとは思わないなぁ。



特製弁当
プレミアムバス


ちゃーんと青と白のシマシマで、
モンテ風味のパッケージ。


「応援すっべ!」
の文字が雰囲気出ております(笑)

中身
プレミアムバス

メニューは割りと普通。

しいて言えば、
ちょっぴり入った菊のおひたしが山形っぽいかな。

お茶が付いている心配りが嬉しい。


バスの中で、1人ポツン…と手持ち無沙汰だったので
(弟も試合に。だが、私がバスに乗ったので現地集合。彼氏も一緒に来たが、私がバスに乗ったので、これまた現地集合)
お弁当はスタに着くまでにバスの中で完食!



ディーオがお出迎え
プレミアムバス

駐車場に着いたら、ディーオが元気にお出迎え。

(バスの中から撮影)

こっち、見てくれているような…。

ちょ…www

ディーオ、カメラ目線!!

…さ、さすがだよ、ディーオ。ありがと。

プレミアムバス
プレミアムバス

ちゃんと、「プレミアムバス」と入っております。


お子様用ステッカー
プレミアムバス

子供への特典、ステッカープレゼント。

何故か、私にもくれた、有難う。


往復券だったのだが、帰りは彼氏の車に乗ったので、
実質、半分は無駄になった訳だが、
もったいないなんて思わなかった。


7人しか乗らなかったのは残念だが、
貴重な体験したし、
少しでも何かになれば…と。



……乗ってみて色々思ったので、それを。


◆チケットをわかり易く

1本しか運行しないので、乗りそこなうと大変。

だが、チケットには出発時間、停留所も書いていない。
これは、わかりにくい。

誰もがPCで確認できる環境という訳ではないし。

◆山形ならではのお弁当を

お弁当はそれなりに美味しかった。

だが、山形にちなんだものが入っていた方が楽しいし、売りになる。
(むしろ、それをウリにしてもいいかも)

例えば…ご飯をつや姫にするとか、
いくらでも考えられそう。

◆チケット販売のホテル側が今ひとつ把握していない

チケットを発売しているホテルに問い合わせをしたが、
フロントの人が把握していなかった。


◆山形市中心商店街参加飲食店での割引がわからない

「山形市中心商店街参加飲食店での割引」
の特典があったが…。


彼氏は某ホテルのフロントで購入したのだが、
この点についての説明は無かったらしいし、
私も、割引券みたいなをもらえるのかと思ったが、
結局何も無く、よくわからなかった。


色んな商店街が共同で企画したのだから、
それを生かす方法が有りそう…。


加盟店での割り引きが受けられるとかだと、
食事したり、買い物したりしてみようって気になるし、
商店街の活性化、ひいてはモンテへの関心と、
双方のメリットがあっていいよね。


◆アウェーサポをターゲットに

やっぱり、山形の人だけをターゲットにするのは、
厳しいような…。


(あの日も、清水サポが普通のバスに乗り込んでいた)


前日まで商店街のホテルで購入となると、
アウェーサポには購入が難しい。


ホテルのフロントで販売しているバスチケットなんだから、
ホテルのオフィシャルHPに、
チケットの事を載せてもらう



フロントに、バスチケットのチラシを置いてもらう事。


そして、
「このバスチケット込みのJリーグ観戦宿泊パック」
をホテルで企画してもらう!



何よりこれが一番なような気がする。



アウェーサポって、山形市内でお土産を買ったり、
食事しているのを見かける。

だから、割引の特典も喜ぶだろうし。
(お土産やとかの割引も付くといいよね)

山形駅からのアクセスに難点があるNDスタだが、
ホテルの前からバスが出るというわかりやすさ!


と、言うわけで、内情も知らず、
色々書いてしまったけど…(ごめんね)。


私は子供の頃、旅篭町で育ち、
七日町を庭のように感じて大きくなった。

あの辺りが昔のような活気を取り戻してくれたら…
と思うのです。


嬉しかったんだよね。

山形の商店街とかが、
モンテ関連でこんな風に、動きだした事が。


今回は、赤字っぽいけど、
改善点や反省点もやってみなきゃわからないだろうし、

まずは、動き出した事にエールを送りたい。

応援してます、がんばれー!


★余談★
TOTO

うちの彼氏がtotoビッグに
初めて当たったらしい。

…6億とかじゃなく、5等1770円。

毎回10口買っているみたいなんで、
どー考えても、赤字なんだが。

これは、私のプレミアムバスチケットに消えた。
有難う、うへへ。

別窓 | 山形のこと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
つや姫サンクスマッチだ 【つや姫9割ってすげ!】
2010-10-23 Sat 09:22
清水エスパルス戦。


つや姫サンクスマッチ


みなさん、「つや姫」は、もう食べましたかー?


イエッス!


私は食べましたよん。


去年食べた母は、
「冷めても美味しいというけど、まぁ、別に…。」
なんて、言っておりました…。


新米のつや姫(とベガルたまご)
つや姫

先月、仙台市内の某ヤマザワでゲットした「つや姫」。


どでかくキャンペーンされておりました
(仙台とは言え、そこはやっぱヤマザワ)


おおーっ!!


ぷち興奮で売り場を眺めていた私達(笑)



その間に米を購入する人達、数人。


…みんな、つや姫じゃなく、
宮城県産のひとめぼれを手にとってスタスタと行ってしまう。


宮城県産のお米、サンドウィッチマンを使ってキャンペーンしてたりするし、
こちらではまだまだ「つや姫」のネームバリューはまだまだのようで…。


明日の試合の打ち合わせで、
弟に電話して「つや姫サンクスマッチ」の事を話したら、
「昨日、初めてつや姫食べた。美味しかったよ。おかーさんも美味しいって言ってたよ。」
との事。


去年言っていた事と違うじゃん、母よ…(笑)


従来の山形のお米は、
一等米がだいたい6割位なんだそーだが、

「つや姫」は9割

なんだって!
(彼氏から聞いた話。新聞に載ってたそーだ)


すげーや!つや姫!


あ、つや姫の隣に、
「ベガル卵」が写っているのは、
彼氏が買え買えうるさいから(笑)


当たっちまったが…
ベガルタチケット


ベガル卵のシールを集めると、
ベガルタ戦のチケットが当たったりするんだが、

なんと!当たってしまった…。


こういうクジって、
「欲が無い人が当たる」って言われているが、


まさに…。


うちの弟が
「ユアスタでのベガルタの応援すごいってよく聞くし、いってみてー!」
って言っていたので、一緒に行くかと思ったが、都合が悪くて×。


彼氏はシーチケ持ってるし…。


結局、彼氏の知り合いにあげました。

倍率、すごく高かったらしいし、

なんか私、どうでもいいところで、運を使い切っちゃった?
んだろうか…ort




どんどん焼きせんべい
どんどん焼きせんべい

仕事で山形行った彼氏のお土産。


どんどん焼きせんべい。


味、ふつーのソースせんべいと変わらないんだが…(汗)


もうちっとどんどん焼きっぽい雰囲気をね、
出していただければ…と。
(まぁ、どんどん焼きがソース味っていうのはわかるんだが)


でも、パッケージに書いてある、
「どんどん焼きは商品を売る屋台がどんどんと太鼓を鳴らしていた事からその名称が付けられた」
っていうのは、知らなかった。

なるほどー!



…と、いうわけで、今日は、
つや姫サンクマッチ!

◆NHK歳末助け合い募金すれば、
先着でつや姫おにぎり、つや姫150gパック・つや姫玄米茶が配布!

◆200食限定!!つや姫おにぎり弁当の販売!

◆つや姫の販売もあるでよー!
県内外への配送もOK!(なんで清水サポも是非!)


ご来場の清水エスパルスサポーターへ
遠方から来てくださった清水サポーターへも、つや姫おにぎりを振る舞います!
ですって。

(おもてなしだよねー)


Vリーグ・パイオニアレッドウイングスのイベントも楽しみ。


って言うわけで、みんなで行きませう!!清水エスパルス戦!!



これから寒くなる山形。

つかの間の秋の名残を、スタで楽しみましょう!



では、NDスタで!!




◆おまけ◆

かちベガ

この間、ベガルタの試合に行った彼氏が持ち帰った。
全員に配布されたらしい…(太っ腹だね)

「勝ちベガ」っつー、柿のタネ。

うん?なんか、デジャヴュった(笑)
(「勝ちピー」)

私が、これの写真を撮っているのを見て、
「いいつけようとしている…。」
と、言った彼氏(笑)

あは…。
いや、まぁ、そうなんだけどね(笑)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
シミケンと北村選手の笑顔
2010-10-23 Sat 01:59
◆シミケン的には揚げパンとワカメご飯


ニッカンから。


小学校を訪問したシミケンとキム・ビョンスク選手。


天童市では月1で対戦相手の特産品をメニューにした

「モンテ応援メニュー」

を給食で出しているんだってー。
(東根市をならってとの事)



これって、

給食版 対戦相手を喰っちゃおう!?

だよね(笑)



いいなぁー。私の子供の頃は無かったもん(アタリマエだが)



シミケン的には給食は
「揚げパンとワカメご飯」らしい(笑)



…私、「揚げパン」、食べた事無い…。


昔の彼氏が関東の人で(年下)、
その人も「揚げパン」好きって言ってた。


「揚げパンって何?」っていうと
「ええーっ!?」って驚かれたり…。



シミケン、「ワカメご飯」なんて、
なんかかわいいなぁ。



シミケンは、

ナニコレ!こんな顔、見たことねぇ!

って感じのニコニコした顔。


…この人、子供相手だとこんな顔、するんだなぁ…。


温かい気持ちになった。



◆モンテ応援タクシー

今年の4月、
「ベガルタクシー」(いいゴロ合わせだよなぁ)
が仙台の中で走り始めた。


黄色にベガッ太のでっかいイラストっつータクシーは
すんごく目だって、駅前で見かける度に

「いいなぁー、山形でもあんなタクシー走らないかなぁー」

って、うらやましかった。


だから、山寺観光タクシー、ナーイスっ!


何より「山形を応援したかった」っていう気持ちから
っていうのが嬉しい。


で、ニッカンにはそのタクシーの窓から顔を出している北村選手の顔。

「北村、初めて新車買ったようなすっごい笑顔でさー(笑)」
って、うちの彼氏がこの新聞を持って帰ってくれた。


んもう、満面の笑み!
ピッカピカした笑顔!


顔は王子様的な(と、思う)イケ面だというのに、
本人はぜーんぜんそんな事意識していない感じ。
(花笠の時もそう思った)

「この人、すっごくいい人なんじゃ…。」
って、誰もが思う笑顔。



彼は、横浜FCが昇格した時、
戦力外通告を受けモンテに来た訳だが、
正直、悔しさはあったんだろうなあーと思う。


だが、「その時は悔しかっただろうけど、結果的にむしろOK!」
って、いう結果になったんじゃないかと…思う。


J1というステージで磨かれ、
今やモンテになくてはならない選手の北村選手。



受検の失敗や、失業、転職etc。
一般の私達も人生の転機があって、失望したり落胆したりするけど、
後から考えるとそれで良かった!っていう事がある。


もう、私なんか、挫折もめっさ多かったりするが、
結果的にそれが良かったっていう部分もあったり。
でも、10代の時はその意味がわからなかった…。

何度か経験してみて、やっとわかるもんだね…。


「夜が明ける前は一番暗い」

昔、この言葉にどんだけ励まされたか。



シミケンの柏レイソル時代の顔を見たことがある。


すごく若くて(髪も短いw)
スタメンに対する情熱と渇望が
猛々しく燃えさかっていて、
どこか飢えているような感じ。


それが顔にあらわれていて、
それはある種のエネルギーを感じさせていた。


だけど、今の方が、ずっといい顔をしている!(と思う)



北村選手とシミケンの笑顔を見て、
居場所を見つけた充実感が伝わってくるような感じがした。



一度しかないんだもんなぁー、人生って。

でも、なんかそれを忘れてしまうんだよね…。


だから、短いプロサッカー人生を精一杯送っている選手達の笑顔を見ると、
励まされる。


うん。
応援しているつもりで、励まされている。


でも、それでこそだよね!


きっと、あのスタジアムには、
私なんかよりも大変な日常を送っている人も沢山集って来ているはずで。


それぞれが、それぞれに、
「日常」ってやつから数時間、
切り離されて楽しめるたり、
励まされたりする時間を過ごせますように…。


そんな試合を明日!


では、みなさん、明日、スタで!




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村



別窓 | 選手のこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
かかし祭り備忘録 【モンテ増えたなぁ!】
2010-10-20 Wed 00:47
ちょっと古いけど、
忙しくてアップしそこねたものを。


『第40回かみのやま温泉全国かかし祭』へモンテディオ山形秋葉勝選手参加のお知らせ

というお知らせを見て、行ってきたのは、9月23日。



場所がわからず車でウロウロ…、大幅遅刻…ort


NHK連ドラの案山子
かかし祭り

その当時放送されてた「ゲゲゲの女房」の案山子。
(今は「てっぱん」が始まっている訳だが)


某政治家
かかし祭り

時事ネタの案山子もあったり。


ワールドカップ案山子
かかし祭り

保育園児の製作(すごい!)
ワールドカップで盛り上がった熱が伝わってくる感じが可愛い。


ディーオ!
かかし祭り

ディーオが!!

みはらしの丘小学校、でかした!ナイス!


角が本物より強そうなディーオ(笑)
力作です。


みちのくダービーにパウエル君
かかし祭り

パウエル君は、みちのくダービーで、
どっちを選ぶのか!?



答えは


かかし祭り

モンテでした。

この時、既に、みちのくダービーは終わっていたのだが、
かかし祭りが始まった当初は、
まだ試合前だったんだろうね…。



ワールドカップが閉幕して久しいし、
私、既にパウエル君の事、頭からすっかり消えていた。

だから、おおーっ!ナイスアイディア!と。

このセンス、好きです。

何より、愛を感じたよ、ビシビシと。

上山建設クラブ、ナイス!!



サイン会の様子
かかし祭り

隣に宮本選手も居たのだが、
写真撮るの失敗して、写ってない…ごめん。


整理券配布&トークショーには間に合わなかったので、
様子を見るだけ…。


怪我して試合から遠ざかっている2人が、
決して暗い表情では無く、
にこやかに対応しているところを見られて
何だか安心したなぁー。


このトークショー&サイン会は、
サイン貰った方だけじゃなく
きっと2人にとっても心温まるものだったと思うし、
励まされる部分もあったんじゃないかな…なんて思う。


ディーオ
かかし祭り

イベントを終え、帰っていくディーオ。


「試合の時と内臓の人、違うかも…」
と思った(笑)


何となくだが、いつものキレが…。


(違ってたらごめんねごめんね)


玉こんとディーオ
かかし祭り

ディーオの好物は、「牛乳と小魚」。

玉こんも加えるべしっ!(?)



いも煮
かかし祭り

会場で見つけた芋煮。

さっそく、彼氏が買って食べてた(どんだけ芋煮好き…)


今度、私が作ってあげればいいのかしらね…。
(中学以来作った事無い…)


と、まぁ、かかし祭りはこんな感じだったんだが、
生憎の雨で、人も少なく残念だったなぁ…。



このまま仙台に帰るのもアレなんで、寄り道。


肉蕎麦
肉蕎麦

谷地に移動して(高速使えばすぐ)
いろは分店の肉蕎麦(本店休みだった)。

もち、冷たいのを。

店内には、モンテ関連の物が展示。
こういうのって、嬉しいもんだよねー。


きなこと生醤油
チェリーランド

チェリーランドへ移動。

私は、「きなこ」と「生醤油(きじょうゆ)」の
ジェラートをセレクト。

つるむらさきと塩
チェリーランド

こっちは、彼氏セレクトの
「つるむらさき」「塩」。


私の「生醤油」と彼氏の「つるむらさき」を合わせれば、
「つるむらさきのおひたし」味になるんじゃな~い?

…なんて、言いながら、いただきました。

美味しかった、ごち。


アウェーサポの皆さんにも、
ここのJAてづくりアイスは山形の特産品を使っていて、
面白い物も多いし、味も自然な味で、
お勧めですよーん。
(ただし、結構移動するので車でいらっしゃる方になるが)


かど焼き用醤油
チェリーランド

チェリーランド内で見つけたブツ。

ちょ…「かど焼き」って、山形でしか言わないと思う(笑)
(多分)

私は、山形を出てから、あれは「鰊」と知った…。
それまでは「かど」っていう魚がいるのかと。


母なんて、それを言ったら、
「えええ!そうなの?」
と、驚いていた(笑)


母が驚いたのに、またまた驚いた私(笑)
(大人なら知っていると思ったw)


こういう細分化された醤油が売っていて、面白いなぁと。


冷やしシャンプー
チェリーランド

山形発祥、冷やしシャンプー!

これって、もともと山形の床屋さんが考えたアイディアだよね。

暑さが厳しい山形ならではだよなぁ。

床屋さんて女もオッケーだよね?
私もいつか体験してみたい…。

買ったもの
チェリーランド

ご飯のお供にいいかと。



こんな感じの、秋の一日だった。



で、思うのは。

数年前、かかし祭りに来た事があった。

その時もそれなりに面白かったが、
モンテ関連の案山子は無かった。

今年はディーオ有り、モンテを選んでいるパウエル君有り。



そこに、感慨深いものを感じるのよ。

自然な形で浸透してきているっていうか。



トークショー&サイン会は間に合わなかったし、
雨がジトジト降っていたけど、
仙台へ帰る道中、何だか心がほっこりしてた。

来年は、もっとモンテ関連の案山子、増えるかな?
増えるといいなぁ。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 山形のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
天皇杯観戦記 その3 【背景が見えるゴールってある】
2010-10-18 Mon 21:10
川崎との試合、去年の川崎との試合に比べ、
モンテは進化したなぁと感じる部分が確実にあって、
負けはしたが、次に繋がる試合だった…と思う。

その辺りは、実際に生で見た方におまかせするとして…。



中途半端なままで更新してなかった
天皇杯の試合を締めなければ。



あの長谷川選手のシュート!


胸で受けて、そのまま足で…っていう、

うお!いいシュート!

って頭の中で、感嘆符が付くようなシュート。


シーズン初めの怪我が長かったとはいえ、
やっぱホッとしただろうなぁ…。

初ゴール、おめー!!



その1分ちょっと後には田代選手のゴール!


バイシクルっつー、田代選手らしい
華やかなシュートだねー。







前半30分を過ぎたあたり。

湘南ゴール裏から、
「走れっ!」
「走って取れよっ!」

と、イラついたような声がピッチに飛んだ。



逆に言えば、そんだけ山形のペースだった。


後半、10分も経たないうちに、
宮崎選手のゴール。


あのゴールは試合を決定付けた。



あの瞬間、湘南の選手達は、

ああ……。

と、天を仰いだ。



人間、がっくりすると、天を仰ぐんだなぁ…。


その中でたった1人、下を向いて首をかしげ、
悔しそうにしてた選手が居た。

それが湘南の寺川選手。


おととし、選手年鑑を見て、
湘南の寺川選手のJリーガらしからぬ風貌と、
年齢不詳に見える感じに、

彼氏に、「寺川って、有名?」
と、確認。

彼氏「有名だよ。新潟にも居たし。」


昔の私は、「ええっ!?Jリーガーっぽくない!」なんて言っちゃって、
ほんと、わかっていなかったんだなぁ…。

彼は36歳だそうだが、
湘南の選手の中で、もくもくと一番走り回っていた姿を見て、
そう反省。


現横浜FCの(キング)カズの事、
昔は、なんでいつまでもあんなに沢が騒がれるんだろ?
って理解出来なかった。


だが、今は、すごいなぁ!と思う。



寺川選手とカズに共通して思うのは、
年齢とかじゃなく(まぁそれもだけど)

「労を惜しまない」
ってとこ。

それって、すごいなぁ…と。



今回、宮崎選手がゴールを決めたが、
彼は今年、ずーっと出られなくて随分悔しい思いをだったとの事。


スタメンで出ていない頃、弟が練習を観にいった。
「宮崎、すごく調子いいみたいで、いいプレー多かったよ。」
と言っていた。



思えば、ガンバ戦でゴールを決めた下村選手も、

山形に来たらすぐスタメンで出られると思っていたが、
同じポジションのマサルとかサトケンのプレーを見たら、
自分が出られないの納得した、でも、出れるように努力する、
みたいな事を以前語っていて、
その謙虚で素直、そしてそのガッツと前向きさに
そっか…トーミ…。人としてかっこいいなぁと。




宮崎選手のゴール(なんと3試合連続だもんなー)
下村選手のガンバ戦のゴール(今回の川崎戦のシュート、惜しかった!)



出場機会にめぐまれなくても、腐らず努力する。




あれは、そんな彼らの背景が見えるゴール。

ナイスゴール!




湘南の寺川選手、横浜FCのカズ。

モンテの宮崎選手、下村選手。


それぞれ、選手としてのプライドが有ると思う。


プライドって、使い方を間違うと、
ふて腐れたり、現状に不満を持つだけで努力を止めたり
してしまう訳だが、彼らにはそんな事が無い。


そして、私はそんな事を感じさせてくれる選手が好きなのです。

がんばれー!




余談:川崎戦でのあの喪章。山田選手のお父様が亡くなられたから…だったんだね。
まだお若いであろうし、山田選手もJ1のピッチに90分立った姿を見せてあげたかっただろうなぁ…。
心よりお悔やみ申し上げます。

山田選手、今は辛いだろうが、頑張れ!
きっとお父様は、君が夢をかなえプロのサッカー選手になった事、
誰よりも喜んでいたであろうから…。



◆おまけ◆


その日、実家に泊まったら、
あけびが出た。

天皇杯後

彼氏もうちの実家で食べていったんだが、
山形出身じゃないので、あけびを食べた事無い。

母が食べられるか心配していたが、大丈夫だった。


因みにこれは、中に味噌とかが入っているのだが、
山で取ってきたあけびだそうで、皮が緑。


栽培されたあけびはのように、
皮が紫なんだって。

天皇杯後

お店であけびが売られているのを見ると、
山形に帰ってきたなぁーと実感する、この時期。



別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
天皇杯 観戦記その2 【たった1人の仁王立ち】
2010-10-13 Wed 23:44
サッカーの試合は、
すべからく対戦であり、勝ち負けであり、戦いである。



だが、応援する側には
”共通の気持ち”のようなものが有る…と思う。



そんな事を天皇杯で感じる場面が有ったので、その事を。


天皇杯

今回、声出して応援する湘南サポ達は、
ゴール裏の小島に陣取った。

そうじゃない湘南サポ達は、
思い思いのところに、
(例えばゴール裏、例えば南バック)
に座っていた。



天皇杯

湘南のゴール裏、
湘南カラーの傘をさしていた人が。

「湘南カラーの傘!そんなのあるんだー。すげー。」
と思った。


(山形のスタッフに傘を注意され、傘をしまっていたところが写ってしまっていた…ごめん)



湘南のオフィシャルを見てみたら、
やっぱ傘なんて無いのね。

だからあの湘南カラーの傘は、
自分で湘南カラーに近い色を、
お店で一生懸命探したんだろーな。

それもひとつのクラブ愛の形だなぁ。


天皇杯

南バックに1人座っている
(どこからどーみても)
湘南サポ。


選手入場の時。

タオマフ掲げながら何気なく南バックを見たら、
の人が全身湘南カラーを身にまとい(バッグまで湘南カラー)
湘南のタオマフを掲げていた。

(写真は、残念ながら入場時じゃないけど)



仁王立ちで!

両方の手で天を突くような感じで、
力の限りタオマフを掲げて。





頑張れ!頑張れー!って、
タオルを掲げ、立っていた。




あの日、モンテは強かった。
そんな湘南の気持ちを打ち砕く位に。
(その事は次回に)



あの人は、何百キロも離れた湘南から1人で山形に来て、
雨にぬれて観戦し、
そしてまた何百キロも1人で帰っていくのだろう。



だが、そういう人達っていうのは、
例えどんな厳しい状況になっても、
どんな辛い思いを味わっても、
きっとクラブを見捨てない人なんだろうなと思う。





湘南サポだからとか、どこのサポだからとか、
そういう事じゃなくて…。


うまく言えないけど、

Jリーグのクラブって(もちろんモンテにも)
こんな人達がそれぞれ居て、
それぞれクラブを支えているんだなぁー…と。


そういう「人の想い」みたいなのに、
私は感動するし、共感する。



日本中で、試合の日、
泣いたり、笑ったりしてる訳で。


でも、それはみんな好きだからこそ
続けていける訳で、それは幸せだなぁーと。

それって、強いとか弱いとか、
勝った負けたなんて
(そりゃそれもすっごく大事だし、めちゃくちゃ気持ちも左右されるんだけど)
凌駕してしまう感覚。


私、モンテが存在してくれて良かったってほんと思う。



今年の試合も残り少なくなったが、
精一杯楽しんで、
やっていきましょう、みなさん!!


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 他のクラブ・サポの事 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
天皇杯 観戦記その1 【私がおばーちゃんになっても(森高千里のメロディーで)】
2010-10-12 Tue 21:53
第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会
(っていうんだねー、天皇杯のフルネーム)


太平洋岸では大雨注意報が出ていたあの日。

山形に着いたら、空はなんとか持ちこたえていた。


中央広場
天皇杯

さ、寂しい光景ではある。


(おおっ、宮沢キャプテンのナンバーのユニだー)

カリーパン
天皇杯 カリーパン

閑散とした中央広場で気を吐くカリーパン屋さん。

えびかまぼこバーガーなんつー、
特別メニュー(50円高い)も有ったり(笑)

しらす入り
天皇杯

おととし、この間のリーグ戦に続き、
自身3回目のしらす入り。


落花生入り
天皇杯 カリーパン
天皇杯 カリーパン

落花生と言うと、千葉のイメージが強いが、
大磯あたりは、落花生栽培発祥の地らしい。

茹でた落花生がぼりぼりして、不思議な食感。

でも、茹で落花生って、美味しいよね~。

シロコロホルモン入り
天皇杯 カリーパン
天皇杯 カリーパン

この日、天皇杯観戦後、実家に帰ったら、
ちょーどテレビで「厚木名物シロコロホルモン」の事を放映していて、
その偶然にびびった!

厚木出身の知人が居るので、
シロコロホルモンの話ししてみようっと。


エビかまぼこバーガー
天皇杯

バーガー形式だけど、そこはやっぱりカレー風味なの(笑)

エビの香りがかなり感じられて、
美味しかった。


ベガルタは、天皇杯敗退しちゃってるので暇な週末…。

と、いう事で、NDまで送ってくれました、彼氏が。


2回戦で負けたのを忘れて、
「天皇杯、次ベガルタどこだっけ?」
と、何回も聞いてしまう私。

その度んもー!みたいな顔されたけど。

わざとじゃ無いんだよ、
ほんと、わざとじゃないんだよー。

失念しちゃってただけなんだよ…。


上記のカリーパンは、2人で半分ずつ食べたもの。
まさかねー、こんなに1人では…。


彼氏、
「サポーター有志の店無いの?無いのかぁー…。」
と、残念な顔。

芋煮食べたかったらしい。

まぁね、今の時期こそ、芋煮が美味しいもんなぁ…。


と、言うわけで、後で待ち合わせする事にして、
私は1人スタジアムの中へ。


いつもと違う旗
天皇杯


財団法人日本サッカー協会主催なので、
八咫烏マークのフラッグ。

リーグ戦だと、互いのフラッグが掲揚してある訳だが、
それは無し。


湘南側ゴール裏
天皇杯

生憎の天気の中、
遠くから、ありがとー。

「俺達はどんな時でも君の闘志を信じている」
のダンマクが印象的だった。


天皇杯カップツアー
天皇杯
天皇杯


天皇杯カップが巡業の旅(笑)

この純銀の独特の輝き。

(シルバーのカップってティファニー製のイメージだが、このカップは何処で作られたものなんだろ?)

幾多の汗と涙が染み付いているんだろうなぁ。



これを手にするのは、たったひとつのクラブ。



いつか、このカップをモンテが手にする時が来るんだろうか。

何年後でもいい。
死ぬまで1回でもいい。


元旦に、あの、国立のスタンドに立たせておくれ。

どんなにおばーちゃんになっていても
行くから。
絶対行くから。



天皇杯のカップって、
人々をそんな気持ちにさせるものが有る。


まずこの湘南戦!と思いつつスタンドへ戻る。


そんな訳で続く。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村








別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ大阪戦 観戦記その3 【12min】
2010-10-08 Fri 23:59
後半60分。

ガンバの先制点。


ワンタッチ、ワンタッチ、ワンタッチと繋いだ
ガンバのパスの速さ…。


速すぎて、目で追うのも大変なうちに、
ゴールが決まったって感じ。


ああいうのをきっと
「ガンバらしいゴール」
っていうんだろうな…すごいね。



小林監督、
「山形は2点も3点も取る攻撃力は無い。」
と、以前はっきり言っていた。

事実、得点数は、
J1ではぶっちぎり低い(のね、エルゴラの表見てビックリ……)

(だが、それを補う失点が少ないという長所があるけど)


先制点を取られるのは、
かなり辛い状況。


でも、あの日は違った。


失点のすぐ後。
(公式な発表では4分後)

長谷川選手がつぶれ、「ああっ!」
と思った瞬間、右からトーミが走ってきた瞬間。


瞳孔が開いた。


うおおおおおおっ!


どばーっ!
と興奮と喜びが雪崩のように襲う。
(あれって、アドレナリン?)




喜び、立ち上がり、タオルをまわしている私達を
近くに座っていたカップル(多分初めてスタに来た感じの2人)の女性が
指差した上に、タオルまわすマネまでした後、
鼻で笑ったのが目に入った(みんな同じように喜び、叫んでいたのに)



しょーじき、ちょっと傷ついたよ……ええ。




でも、いいの。
喜べる事に、
むしろ幸せを感じる……もーん!


その人、あの時喜んでいた人を
「ばっかみたい。」
って思ったのかもしれないが、
ゴールの喜びって、そういうもんです。


でもね、そんな事って、
どーでも良くなるんだよね、試合観てると。
ほんの些細な事でしかないって。



あの時は、スタジアムの歓声で、
確かにスタジアムが震えた(様な気がした)



「ありがとー!トーミ、ありがとー!ありがとー!トーミ!」

って、叫んだ、聞こえるはずも無いのに。


スタジアムの温度が上がったような4分後。


宮崎選手のゴール。

あれは、すごく宮崎選手らしいゴールだ(と思う)

落ち着いていて、コントロールしていて。


ありがとー!コーヘー!すげーぞ!


歓喜が周りの喚声と一緒になって、
ごおぉぉぉ。
という渦になっていた、スタジアム全体が。



ガンバゴール裏をチラッと見たら、
何かボーゼンという感じだった。

きっと、負ける気なんて、
ぜーんぜんしていなかったんだろうなぁ。


でも、そんな事が起きるから、
サッカーって面白いんだ。

そして、こんな体験、こんな気持ちを味わう瞬間があるからこそ、
どんなに勝てない時期が続いても、
どんなに怪我人が多くて目の前が暗くなっても、
スタジアムに通ってこられるんだ。

しみじみそう思ったなぁ。




この一試合で、白飯、何杯も食べられる!!
っていう試合。



「ベストゲームだね、ねーちゃん!」
「ホームでダービーに勝った時と、今日の試合が、今年のベストゲームかもしんない。」
と、弟が言った。


うん、そうだよね、
確かに、そう。


でもさ、まだまだベストゲームを決めるのは、早いぜ、弟よ!

こんな事があるんだもん、
これからだって、そんな試合があるかもしれないぞ。
…なんて思う。


山交ビルまで送って貰う時、
私と弟の話しが止まらなかった。


トーミとコーヘーのインタビューを聞いた後スタを後にして、
ギリギリ高速バスの最終に間に合う。
あぶねぇー。


ナイターの時は、スポーツ県民歌まで居ると、
仙台にバスで帰ってこれない訳で注意が必要なのね…。



ガンバ平井選手のゴール

トーミのゴール

コーヘーのゴール



その間、12分。



たった12分…。



まるで、ジェットコースターのような12分だった。


そして、最高の90分だった。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村



別窓 | 試合観戦記 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ大阪戦 観戦記その2 【椅子と拍手】
2010-10-07 Thu 23:55
スタジアムに入ると、眼下に広がる緑の芝。

肌寒さを感じる秋の空気は澄んでいて
星が見えそうな位。

だが、星は見えない。

ライトが星明りを消すほどに
煌々とスタジアムを照らしているから。

あの光景が好きだ。



そんで、やっぱ、ナイターっていいなぁ。


おニューの椅子
ガンバ戦

パイプ椅子じゃなくなりました!



ある大好きだった女性作家が書いていた。

「今は買いたいものが値札を見ずに買える程経済力はある。
だが、本当に楽しかったのは、
ダンボールをテーブルにして始めた結婚当初、
今月は椅子、次の月はテーブルと限られた予算で揃えていった頃」

…と。



私達は、もしかしたら、とても幸せな時期を
モンテと過ごしているのじゃないか。

発展していく過程に立ち会う幸せっていうか。



パイプ椅子だと、疲れるのか、
選手達は前かがみになっている事が多かったが、
この椅子になってからはそんな様子も無く。


提供してくれたダイユーさん、
ありがとー!





ビッグフラッグが北バック(は上から)と、
ゴール裏(は下から)からするすると広がる。


パチパチパチパチ!


えっ、何?


と見たら、ガンバサポ達が、
ビッグフラッグに向けて一斉に、
拍手を送っていたのだった。



そんな光景、初めて見た。

そんで、嬉しくなった。



ありがとー!


去年、レッズサポは試合前、山形の応援を静観。
J1に初昇格したモンテに敬意を示して…との事だった。


レッズサポの静観、
ガンバサポの拍手。


それは彼らの余裕なのかもしれない。

強者の余裕っていうよりむしろ、
サッカーを楽しむ、
対戦を楽しむ気持ちが生む余裕…
なのかもしれないなぁーと。


でね!
対戦相手の立場で考えると、
すごくわかる気がする。


ビッグフラッグ掲揚、
観客の入場数、
試合前の熱気。


対戦相手のそういう
やれる事は全部やる」
みたいな熱気っていうのは伝わってくるし、
おおっ!と嬉しいもの。


熱気と勝ちたい気持ちがあふれているスタジアムに
アウェーサポとして行くのは、
光栄な気持ちでもある。

そんだけの相手、
もしくは、勝ちたい!頑張れー!
…と、いう事だから。






試合前、両選手達の円陣が2つ。



弟「今日、増田、違う…。すっげ、気合入ってる。」

私「シミケンいつもと違う。あれは200試合出場だからなんて以上の気合。」


弟と私見ていたのは違う選手だが、
全く同時に出た言葉。
シンクロ




ずーっと勝っていないと、
見るほうも、どこか自信が無くなる。

頭ではどんな相手にも勝つ可能性は有る、
ってわかっていても、どこか奥深いところで、
自信がなくなっているというか。


でも試合前に、そんなの、
見事にふっとんだ、
払拭してくれた。


うん!イケる!かも…
って。



よーするに、そんだけ、モンテの選手達は、
違っていた。試合前ですら。



そんな感じで始まった前半。



モンテの選手は、
セカンドボールをものすごくひろっていた。


集中力と予測。

何より、惜しみない運動量。


ほぼ、イーブンな感じで終わった前半。









続きます。



追伸:古橋選手、全治4ヶ月かぁ…。
湘南戦時、スタで見かけたが、そんなにおおごとだったとは。
無事、手術終わったようで良かった。
待ってるよ!貴方のプレーがまた見たい。
焦らず治しておくれ。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ガンバ大阪戦前 【ブルー&ブラック、ブルー&イエロー(ホワイト)】 
2010-10-06 Wed 02:17
ガンバ戦、前日。

東京に住んでる下の弟からのメール。

「ブログやってるんだって?」


何その不意打ち!



「ブログやってて良かった~。」
つー、劇的に嬉しい事があったんで、
上の弟に言ったら、下の弟に話したらしい。


弟、早速検索し、わからなかったから、
私のメールIDを使って再検索したそうな。


怖っっ!


…まぁね。
私も調べたいなら、そうするもん。


結局、見つけられなかったらしい。

弟にとって、私のブログは
「読みたい様な、読みたくないような。」
って事らしい。


だ・よ・ねぇ。

身内のブログなんて、気恥ずかしくってなぁ、
シラフじゃ読めないよなぁ…(って、私だけ?)


……どうしたらいいもんやら…。



10月2日。

期待と不安の入り混じった気持ちで高速バス。


バス、ガラガラ。

いつもは山形から買い物に来た人で満席になるのに。

アウェーサポ、仙台に前泊する人も多いらしく、
タオマフを意気揚々とぶら下げている人と一緒になるんだが、
今回はそれも無く。


県庁前で下車、弟と待ち合わせ。

県庁前のつや姫かかし
ガンバ戦前

で、ぶっとんだ!
県庁前にでっけー案山子!


山形はつや姫の新米の季節なんだなぁ…。

山形に来て初めてその事に気が付く自分に
どこか寂しさを覚える。



だし巻きたまご入り
ガンバ戦前

玉子焼き、大好き!うまかった!

タコ焼き入り
ガンバ戦前

タコ焼きの部分が、「むちむち」して
美味しかった。

串揚げ入り
ガンバ戦前

串揚げは二度付け禁止!とか、
カリーパンは関係無いわけで。

見て、このカリーパンに串がぶっささっている様子!

ウケル!!

こういう大胆さ、好きだー。


串揚げ入りの中
ガンバ戦前

豚肉(多分)の串揚げ入り。

ちゃーんと、串がブッスリ、刺さっておりますがな(笑)




げそ天ラーメン
ガンバ戦前

げそ天ラーメン、
どっちかと言うと苦手な私…
(某県の友達をげそ天ラーメンで有名な某店に連れて行ったら不評だったトラウマも有ったり…)

でもNDスタだと、
おおっ喰いたい!

と無条件で並ぶ私w

こういうお店のチャレンジ精神は、楽しー!
ありがと。



あの日、ガンバ大坂サポは、
他のアウェーサポと違う動き。

アウェーサポって、牛串に並んだりするんだが、
(私が見た時は)岩のりうどんに並んでいる人が多かった!



おおおー!
さすが、うどんの国の人。


そういう、アウェーサポの違いって面白い。

あれ、飛び魚の出汁なんですよー。

たいき君
ガンバ戦前

たいき君も。

結構、可愛くない?可愛いよね?
(半ば強制的に)

フレンドリーな対応で、素敵でしたよ、たいき君。

この雰囲気、ラブ
ガンバ戦前

暮れなずむ、スタジアム。


そこに浮かび上がる、
青い「NDソフトスタジアム山形」のロゴ。


人々は、それぞれのユニを着て集まる。
和気藹々と、楽しそうに。
食べ物を食べたりして。



この瞬間を愛している。



この平和な雰囲気。



初めて山形に来たって感じのガンバサポの家族連れ。
モンテサポに囲まれたディーオと写真を撮りたがっていた。


遠慮して、結局やめていた。


「写真撮りますか?」って言えば良かったなぁ…。


山形は、アウェーサポでもディーオと写真撮れるのだから。

ごめんね…。



その家族は物珍しそうで、
楽しそうだった。



試合前、弟にその事を話したら、
「今日は、天気も良かったし、ナイターだし、試合の前に山寺とか観光して来たんねが?」
って。

ああ、そっかー。
空気の澄んだ秋。
山寺はとても気持ちよいだろう。

遠い大坂から来てくれたんだもの、
試合前に山寺とか行って満喫してくれていたなら嬉しい。

山形が、サッカー以外にも、
家族の思い出になりましたように…。



あの日のガンバ戦。
最後のナイター。


青とブラック(ガンバ)、
青と白、青と黄色(モンテ)、
それぞれの色が、夕闇に沈む(青って夜に馴染んじゃうんだよね)頃、
それぞれの期待とワクワクは膨張して、
山形の短い秋を惜しみ、楽しむ最後の雰囲気に沸いていた。


これから山形は秋に&雪で覆われる冬に突入する。


その前のつかの間の秋を楽しむようなスタの空気。


長い冬があるからこそ、
この瞬間がこんなにも愛おしいのかと思える雰囲気。


あの日、ガンバという大きな対戦相手に、
立ち向かう雰囲気があったね。

そして、あれは間違いなく、
モンテサポの今年のひとつの思い出になるだろう。

(続く)






にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
オシムの言葉で思った事(たまには真面目に)
2010-10-02 Sat 14:14
「サッカーの1ゴール、1試合に、
私達は何故、あれ程うなだれたり、歓喜したりするんだろう…」
ってずーっと思っていた。



「サポータは(クラブの事を)自分の体の一部、分身として考えてあげる事。」
多分、このオシムの言葉がその答えなんだ。




この間の湘南戦。


あんな喜びが世の中にあるのか!
って位、喜んでいた湘南。



モンテの同点弾。


湘南サポの応援は続いた。

だが、その声は小さくなっていた。




モンテとの試合前、たまたま、
湘南サポの方が書いていらっしゃる文を目にした。


「J1怖いところだ、こんなんだったら昇格しなきゃ良かったのかなぁ。10年かかって昇格したんだから、次の昇格はきっと10年後とかだろうなぁ、でも、その時は今年よりも長くJ1に居たい。」

大体そんな内容だった。

そんな…。
試合前に、そんな悲しいこと、言わないでおくれよ……。




湘南は、J1で山形の先輩。


だが、10年かかって昇格したのは、同じ。


だから(と、いう程、私はスタに通っていないが)、
昇格がどんなに嬉しいか、わかる(つーか想像できる)



2年前の41節 湘南戦(ブログ書き始めた頃ね)


それまで観たどの試合よりも、
中央広場に活気があった。

ディーオは、湘南サポに囲まれて、大人気だった。


(その後対戦した熊本サポはディーオをしっしって追い払っていた…)



9月からスタに通い始めた私にとって、
それは、とてもとても嬉しい光景だった。



アウェーゴール裏で、湘南カラーの傘を見て、
「わぁー、傘、くるくる回ってるよー。」
と驚いた(ウブだったあの頃)



劇的なゴールにわく山形。
呆然として立ち上がれない湘南サポ。


あの時、狂喜しながらも
「クラブを愛するってこんなにも辛い思いをするもんなのか…。」
と、湘南サポを見て生まれて始めて思った。

あんな辛い経験をいつか私もするんだろうか…と怖くなった。




だから、あの時の湘南サポは、
私にとって忘れられない印象を残した。



去年、湘南は甲府に劇的な勝利で勝って昇格を決めた。

きっとあの瞬間死ぬほど嬉しかったんだろうなぁ。
前に人が押し寄せ、小瀬の柵壊しちゃてたもんなぁ。


あの喜びを見て、山形の昇格した時の喜びを思い出した。



平塚競技場って、いっつも芝が青々として綺麗だ。

あの青々とした芝にクラブの真心を感じる。


大きなクラブでは無いだろうけど、
地道ないいクラブだと思う。



湘南のその方が書いていたように、
確かにJ1は怖い。

どこも強いし…。


それはほんと実感。


だが、J1は、最高のステージ。


怖いけど、楽しい。
ひりひりするけど、わくわくする。




湘南の喜びようと落胆。
山形の悔しさとゴールの喜び。



自分の体は、どこも痛んでいないのに、
胸が痛み、どこか失ったような喪失感。

心臓が高鳴り、爆発的な喜び。



あれが、オシムが言う、
「自分の体の一部、分身として考える」
って事なのかも。




昇格したくて、昇格したくて、
ほんと、心の底から昇格したくて!
昇格したんだと思う、山形も湘南も。


選手、クラブ、サポ、
どれかひとつ欠けていても、
昇格なんて出来なかった(と、思う)



だから、昇格しない方が良かった…なんて、
言わないでおくれよ…。




山形も結構厳しい状況になってきて、
他のクラブの事を考えたりする余裕無い。



でも、これまで、同じ痛みを経験して来たクラブ、
というシンパシーを感じるんだよねー(スタも似てるし)。




J1というステージで戦う事を楽しみ、
今年の最後の1試合まで、信じてあげること。

(オシムの言葉、そんな風に解釈した)


これ、肝に銘じて、今年の残り試合、スタに行きます。


どんな相手だって、勝つことを信じて、
今から山形に向かいます。


では、山形のみなさん、数時間後、NDスタで!






にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村





別窓 | 他のクラブ・サポの事 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
湘南ベルマーレ戦後に 【草の根元】
2010-10-01 Fri 01:57
前回の続き。

◆何一つ当たっていないんですケド…。

実家に帰ったら、テーブルの上にがドーン!

湘南ベルマーレ戦

母はあの日、大事な商談で(実家、商売やってるの)
NDスタの近くに行ってたらしく、
帰りに寄ってこれを買って来たらしい。
(多分5時過ぎ位かと思われ)


母「おかーさん、よくわからないから、焼いている肉を、これ下さい!って指差して買って来た。」

「米沢牛串って書いてあったから美味しいかと思って。」


……しばし絶句。

の後、大笑い(の私)



「米沢牛」じゃなくて「山形牛」だもん、あれ。

しかも、母が買って来たのは
山形牛串を売っているお店の「牛タン串」


おかーさん、何一つ、当たってねぇー!!


◆弟と語り合う日が来るなんて

父とお酒を飲んで、寝ようかと思った12時頃、
仕事から弟が帰宅。

4時近くまで2人で飲み明かす。


今回、母に
「○○(弟の名前)何だか最近、すごく楽しそうで、サッカーに誘ってもらってほんと、ありがとねー。」
とお礼を言われた。


この間のダービーの時、
「弟さん、ねーちゃんとモンテの話している時、すごく楽しそうだねー。」
と彼氏。


一昨年迄だったら、2人で酒を飲んで語り合う事なんて無かった。
兄弟3人揃った時ばっかだったよ。


やっぱね、歳が近い異性の兄弟って、
どっかね、遠慮があったりしません?
少なくともうちはそうだった。


だから、こんな日が来るとは…。


ごめんねぇ…弟よ、子供の頃、虐めて。

「ねーちゃんに誕生日のプレゼント買って来い!」
と、お金なんて全然無い弟に命令したり。

なけなしのお金で弟が買って来たトム&ジェリーの消しゴム見るたびに、
ちくりと胸が痛んだ小学生の頃。
(他にも色々虐めたような気がするけど、酷いことに覚えていない)


仕事と家の往復っていう毎日の中に、
モンテという楽しみが出来たのなら、嬉しいなぁ。
彼の人生のために、ほんと嬉しい。


◆みやぎチャレンジリーグ

弟は、私と一緒に行くつもりだったみたいで。

「あきばやで蕎麦食べて~、その後試合観て…」
と。

ごめんよ…。
私は母と
「おくりびと原作者の講演会に行く」
という先約が。

講演会はなかなか良かった。
あれ程、生と死について考えさせられた事は無かった、
「死とは生きている者とのバトンタッチ」なんだなぁと。


でもチャレンジリーグも行きたかったよー(泣)

試合から帰って来た弟から、詳細を聞いた。

最初に出場したモンテのGK(非公開なので名前は控えさせていただく)
いいカバーをした選手にはジェスチャーこみで誉めたり、
すごく丁寧なコーチングだったとの事。


◆小林監督とモモ

母の知り合いの方が、スタの近くでモモを作っているらしく、
そこで小林監督の奥様がモモを買って行った…との事。

わー!
何だか監督の奥様に親近感わくよなぁ。

そんな話が日常的に転がっているって
地元だなぁ…と羨ましいっす。


◆スモモ話、アゲイン


母にマッチデープログラムを見せて、
2人の選手が誰だったの?と母に尋ねる。


母いわく
「他の選手達とは別に数人ちょこちょこって何かしていた選手達」
(調整中の選手の事だよな…)

「清水健太じゃなくて(シミケン知ってるんだ!)色黒くなくて(と太田選手を指差す)、この人でもなくて(永志選手を指差す)この辺の人は皆違う(と、園田選手から左を指差す)」

「大きくなくて、にっこにこしてて、まだめんこーい感じの選手。」

あ…。その2人、検討がついた。


※選手の名前を言うのは興ざめだろうし、以下省略


私「おかーさん、むしろ小林監督の方が気軽だったんじゃない?」

母「小林監督だなんて、恐れ多くてムリ…。」

だってー(笑)



◆試合は行かないけど

両親の知人(かなり年配の人)の車に
モンテのステッカーが貼って有ったので、母が尋ねたら、
「試合は観にいかないけど、協力すねど…って思って。」
と。




「サッカーが地域に根付く」って、言葉、
よく聞くよなぁ。


それってこんな風に、
サッカーに興味が有る・無しに関わらず、
気軽に世間話レベルで、
皆の口から”モンテ”という言葉が出る。

そんな事なのかもしれんなぁと。


この間の湘南戦の入場は8,000人にも満たず、
J1という事を考えたら、
あの数字にさびしい思いをした人も多いと思う(私もその1人)


モンテがちょっとずつ浸透しているのを感じる。
それが、観客数に結びついてくれれば…と思う。
(やっぱ、クラブ事情を考えると、観客動員というのは深刻な問題だと思うし)



草の根っていうけど、
草の根元って、土に隠れていて目には見えない。


その見えない部分の根っここそ、
水分や養分を吸う大事な部分。


今はまだ、そんな根っこに
水分と養分が染みようとしている過程なんだ…と思う。



だから、まだまだこれから。
もっともっと変わっていくと期待を持ってますよ~。



資金も運営も大事!選手もすんごく大事!

でもその根っこでクラブを支えていくのは、
”人”なんだなぁ…なんて思った1泊2日。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | サッカーについて思うこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ |

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。