スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
京都サンガF.C.戦観戦記 【スタジアムと月】
2010-11-30 Tue 23:05
FC東京との試合。
先制された後の同点ゴール!

この試合前、
「残留争いの中FC東京はラッキー。優勝が決まった名古屋、残留が決まった山形との対戦。」
という報道を見かけた。


なんかね、ちょっとシャクでもあるよねー、
そんな風に言われるの。


だが、モンテは残留を決めた気の抜けようも全く無く、
むしろ来年を見据えた部分も感じた。


そして、
伊東俊君、初スタメン、おめ!

シャイだが、にこにこしているイメージの彼。
(近くで見た時そうだった)

あの日、おとーさん、おかーさんに電話したんだろうーなぁ、
「今日、俺、出るよ!」って。
想像すると、ほほえましい。


試合後、FC東京の選手は、
芝にがっくりと膝を落とした。

毎年だが、この時期になると、
目にする風景。

人間て、落胆した時、膝を落とすのだなぁ、
万国共通で…。


「ああ、うなだれるのがモンテという状況じゃなくて良かった。」
と、思いつつも、
やっぱ人事じゃないのだ、身につまされるのだ。


勝負の世界は厳しいね。


楽しみの中に、ぽつんぽつんと苦しみと悲しさがある…。


しかし、だからこそ、
サッカーは楽しいのかもしれない。




それにしても、FC東京戦、
モンテは成長したなぁー。



アップしていなかった京都サンガF.C.戦の事を。





月

山形の弟からは、
「すっごく寒いから温かい格好で。」
という連絡。

わかってはいたけど、車を降りたとたん、
冷たい風がぴゅー!

きゃああああ!何この寒さ!

と、ビビる。



公園に入ってすぐ見えるこの↑光景。

暗闇の中に、スタジアムの柵の向こうに見える、
明るいスタジアムの中。


スタジアムの中が四角く切り取られ、
写真のように見える。

まず、始めに、ここから見える風景で、
”今日の客の入り、スタジアムの雰囲気”
をチェックする人も多いのでは。

ここから見る風景が、青く染まっていると、
嬉しいんだよねー。

おおっ!って思いながら、
中央広場、スタジアム入り口に向えるんだよねー。



満月の次の日。


スタジアムの上にぽっかりと丸い月。


スタジアムと月って、こんなに絵になるとは。
(私のお粗末な写真の事じゃないのよ…)


この写真を撮った時、
何故だか、月が微笑んでいるような気がした。

続く。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セレッソ大阪戦観戦記3 【スタジアムがあたたかーくなったんです】
2010-11-26 Fri 23:59
23日、残留決定おめでとう!

あの試合の事を書きたいが、
セレッソ戦の試合前だけ書いたまま…てぇのもね…。


いや、ごめんね。



箇条書きで。


◆マサル

マサルが帰ってきた。


サブメンバー発表、
マサルの名前が呼ばれた時、
スタジアムの中から、「おおーっ。」とどよめき。

復帰した日にベビーが生まれるって、
彼は(運っていうか)”何か持ってる”感があるよなぁ。



◆ハンドとか色々

あの66分のゴール。

「あっ。ハンド…。」
と正直その瞬間思ったし、そういう人も多かったようで、
ゴールの瞬間は、喜んでいる人半分、様子見の人半分な感じ。


主審が認めたという事は、
堂々と喜んでいいって事はわかっていたが、
だけども、なーんとなくのどの奥に小骨がひっかったような感じ。


なんでかっつーと、
ハンドがどーのこーのじゃなくて、

サッカーって、ジャッジで随分結果が左右されるんだなぁ…

っていうのを改めて感じたから。


「それも含めてサッカー」ってのも言えるんだろうけど。


でも長谷川選手の得点したいという強い気持ちが、
得点に繋がったとも言えると思う。



◆初めてのハイタッチ


何となくスタジアムに漂っていたもやもやのようなものを
払拭してくれたのは追加得点の3点目。



私と弟、わーわー、キャッホキャッホ喜んじゃって、ハイタッチ!


弟とハイタッチするのは初めて。

…まぁ、異性の兄弟って、そんなもんっす。

普段は照れくさくて出来ないであろうことも、
嬉しくて、出来てしまうこの不思議…。



◆あっ!それ言っちゃった

モンテが3点目を入れた時、
弟が言ったのよ。

「これで勝ったね!」

って…。


その弟の言葉に、「あっ…!」って、思った。


サッカーほど何が起こるかわからないものは、無い。

だから、逆に弟の「勝った。」という確信が、
逆に悪い予感を思い起こさせた、
まぁ5秒程だけどさ(笑)

だって、
「いかんいかん、心配性すぎるだろ、自分。この時間帯で2点差…。まぁ勝つでしょ。」
って、すぐ振り払い、思い直したから。



「サッカーの2点差ってコワイ」という、巷では。

……ほんとーに、そのコワさが、わかりましたデス…はい。

ほんと、あれよあれよと2点……。


駐車場への道すがら、
周りの人の怒りの声なんかも聞こえてきたりして。

引き分けという結果の割には、苦い試合になった。



◆スタが温かーく

交代でマサルが入ってきた時、
スタジアムからは、拍手と声援が。

それは、珍しい事では無い。

でもね。
あの時、スタジアム全体が、
なーんか温かい雰囲気になったんだよね。

みんなでマサルを温かく迎えて見守る感じ、っていうか。

熱さというより、
ほんわかとした温度、炬燵の暖かさみたいな。

ああーっ、うまく言えねぇ。


弟も、
「おおーっ、マサルの復帰って、スタジアム、こんな感じになるんだねー。」
と言っていたので、私が感じたのは幻じゃないはず。


◆今だから


私は、2点リードから追いつかれるなんつーの初めて経験して
「どーすりゃいいの、この気持ち。」
なんて、試合後しばらくもやもや。


Jimi Hendrixの曲(「The Wind Cries Mary」とか「Little Wing」あたり)聴きながら、
強い酒ひっかけたい気分。



それにしても、あのもやもや…。
そういうのって、経験するうちに慣れていくもんなんだろうか。

気持ちの切り替えがだんだん早くできるようになるんだろうか。


慣れたいような、今はまだ、慣れたくないような…。



いよいよ、ホームはあと1試合かぁ…。
寂しい気分もそこはかとなく感じる季節だねぇ。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村




別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
みーんなで!
2010-11-23 Tue 15:57
色々書きたいことがあったけど(セレッソ戦観戦記も途中だし…)
時間が無いので簡単に。

泣いても笑ってもあと3節。

ホームはあと2試合。

今日の夜はとても寒いらしいけど、
NDスタの中だけ温度が高く感じるようなそんな日にしましょう。

11月下旬、7時30分からのナイターという
なかなか厳しい条件の中の残留争い。

観客数的にモンテサポの真価が問われる日。


私達は、モンテを誇りに思ってるんだぞー、
モンテが好きなんだぞー、
って、観客でうまったスタで証明しませう。


みーんなで行って、
みーんなで残留をものにしましょう!




それでは、出発します。


数時間後、NDスタで!!



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セレッソ大阪戦観戦記 その2 【冬が来る前のひと時】
2010-11-22 Mon 23:55
ペロリン
セレッソ大阪戦

初めてペロリンを見たのはいつだったか…。

その時、このデザインに”度肝”を抜かれた(笑)

だが、最近目が慣れたのか(?)、
「あれっ?ペロリンって可愛い
と思うように(笑)


色んなところに出没するフットワークの良さは、
東のコバトン、北のペロリン…って感じ?



佐藤屋のまんじゅう
セレッソ大阪戦


はい、皆さん、ご一緒にCMソングどぞー↓

♪のしうめ~は、さとうやで~、さとうやで、どうぞ~♪

…いやぁ、懐かしいなぁ(って、私だけ?)


ほっかほかの湯気に、
お菓子苦手の私もそそられそうになった。


スタジアムで、まんじゅう売ってる風景って、
試合前の緊張感がふっと和む。



佐藤屋のブース
セレッソ大阪戦

のし梅って、昔は進物の定番だったみたいで(今だと1箱3千円位みたい)
よく祖母の家にあったなぁ。

桜をテーマにしたお菓子が売られているのは、
季節はずれとかじゃなく、
対戦相手のセレッソにちなんだんだろうなぁ。




紅葉の下で
セレッソ大阪戦
セレッソ大阪戦


紅葉の下、それぞれがそれぞれ買ったものを食べる。

たったそれだけの風景なのに。


何故か胸に沁みる気がするのは
雪に閉ざされる長い冬前、
つかの間の期間をみんなが楽しんでいるような気がするからかな。


ああ…また、冬が来るんだなぁ…。
(まぁ、今も冬なんだけさ)


永劫不変のものは無く、この風景も、
モンテの試合も1試合1試合、同じものとて無い。


だからこそ、前回の試合がどんなのであって、
新しい気分でスタジアムに行けるのかもなぁー
なんて思う。


と、途中だが、ここで、どりぶる山形の事を。


J1モンテで“山形ファン”づくり協議会
(天童商工会議所)が作ったポータルサイト。

モンテサポ&アウェーサポに、
山形の観光・食べ物等の「おもてなし」で、
地域の活性化を図ろうとするものらしい。


ウケたのは、

◆山形を周遊する人(サポーター)ドリブラー
◆どりぶらーをおもてなししてくれるお店やイベント、観光地コーン店



っていう”基本用語”(笑)


コーンって、あの工事現場にあるみたいのでそ?
ドリブルの時、よけるやつ。

いやぁ、このキホンヨーゴ、私的にツボだ。



どりぶる山形→こちら


アウェーサポの方も是非活用してくださいませ♪



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セレッソ大阪戦観戦記 【レディース堪能しましたん】
2010-11-18 Thu 23:55
そんな訳で、腹イパーイ!状態で、
NDスタに入った私達。

レッズ戦、大宮戦と続いたので、
ホームが久しぶりに思えるなー。



献血マスコットとディーオ
セレッソ大阪戦

献血のマスコット、可愛いけど、
真っ赤なのが、なんかこー生々しいっていうか、
血そのものの色っつーか(笑)


そういやさ、
デートとか合コンの時に、血液型聞いてくるような男の人は、
そんだけでイイ男度が6割減なのだ(私的に)

人間を4種類に分類しちゃうってなぁ…。


ディーオは「シュワッチ!」ってしてる訳じゃなくて、
近くの子供に「おいで。」してるとこ。

ディーオって、ちゃーんとしゃがんで子供目線。

その気遣いたるや、ディズニーランド並み
えらいなぁー。


カリーパン屋さんの張り紙
セレッソ大阪戦

セレッソ的にはACLまだまだ狙える位置だったので、
モンテとの試合は勝ちたかったはず。

因みに、この張り紙にあるように、
大阪でソース二度漬けすると、かなりマジに怒られます(笑)



注意書き
セレッソ大阪戦

桜餅の注意書き、こりゃギャグ?と思ったが、
きっとガチ(笑)


言われてみりゃ、桜餅のあの香りとカレーって、
めちゃくちゃ合わなさそう。


人間、「駄目」って言われると買いたくなるもん
私が買おうとした時、既に売り切れ!

ちょ…w
どんだけみんなチャレンジャー…
(笑)


でも、私もそっちタイプの人間です、はい。


ハム入り
セレッソ大阪戦


セレッソ大阪戦

副社長に「何故、ハムなんですか?」と聞いたら(張り紙に書いてあったのに気が付かず…ort)
「セレッソユニの背中スポンサーが日本ハムだから。」
「ちゃーんと、日本ハムのハムを使っています。」
との事。

おおせの通り、ごろっ!とした、
ちょっと高級そうなハムが入っておりました。


お好み焼き入り
セレッソ大阪戦


セレッソ大阪戦

炭水化物×炭水化物系カリーパン(笑)


串カツ入り
セレッソ大阪戦



セレッソ大阪

あのねー、この串カツの棒がさ、
紙袋をぶち破って、飛び出していてさ、バッグの中でびょーん!って。

それ見たら私、一人でウケちゃた。


レディースデー くぢら餅
セレッソ大阪戦

先着1,000名って、すごいや!

くぢら餅何本分なんだろ?

焼きたてです
セレッソ大阪戦

くぢら餅って、色んな種類があるんだなぁ。

しっかし、1000切れをその場で焼くのって大変そうだ。

その心意気、あっぱれ。



いただきました
セレッソ大阪戦

くぢら餅、殆ど食べた経験無かったんで、興味津々。

そーかそーか、お菓子なんだねー。

くるみがアクセントになっておりました。


そういや、くぢら餅って、私ね、子供の頃、
「鯨が入った餅」
だと思っていた(笑)


そういう人、私の他に全山形に3人は居ると思う…。


いやぁ、ごちでした、いい体験した。ありがとう!

女子鍋
セレッソ大阪戦

女子鍋っつっても、ぴちぴちの女子エキスとかが
入っている訳じゃございません(あっ、オヤジっぽい事言っちゃった)

コラーゲンタプーリ!な鍋なんでした。

もち買ったぞ
セレッソ大阪戦

岩手産鶏肉の肉団子、フカヒレと野菜入り。

肉団子ふわっふわっ、フカヒレちゅるるん!

「いやぁー、ますます美人になっちまうわー!」
なんて、ベタな事言ってしまいそうになる程、
美味しかった!


弟の芋煮
セレッソ大阪戦

弟はサポ有志のお店で芋煮を。

「みかんとバナナ、どっちがいーですか?」

と、聞かれたので、

「バナナ…。」

って答えたら、バナナをくれたそーである(笑)


夏に、手作りきゅうり漬けをサービスで付けてくれたけど、
こういうのって、いいよなー、うん。


なんつーか、みかんくれたり、きゅうり漬けくれたりって、
近所の人や親戚の人のよーな感じ。



弟は私がブログをやっているって知るようになったんで、
何も言わなくても、
「はい。」
って、芋煮とバナナ、スタンバイ(笑)


曰く、
「ねーちゃんは、写真のアングルとか考えず、パシャ!パシャ!(って、1秒で構えて1秒で撮るそぶり)って感じだもんねー。」
だって。

うっ…(汗)

まぁね…。





セレッソ大阪サポーターにはシベール製スイーツをプレゼント!

セレッソサポの方、しっかと貰いました?

日曜の夕方開催…。

遠方から来ていただいて、有難う!



今回は、中央広場に活気があって、良かったなー。

だから、中央広場の活気の割には観客が少なかったのは残念。


もうすぐ冬の気配がする肌寒い山形。

でもね、何だか中央広場は暖かい雰囲気だった。



NDスタって、煮込み料理系が多いので、
今の季節ありがたいよね。


はっ!

私たちって
同じ釜の飯、同じ鍋の汁
を食った仲間達?


ホームはあと2試合。
みんなで、寒い山形の中でNDスタを熱くしましょう!


長くなったので今回はこの辺で。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セレッソ大阪戦の前に寄り道 【っていうか天皇杯ぶらぼー!】
2010-11-17 Wed 22:25
「セレッソ大阪戦の前に、大石田に蕎麦食べに行ってみねぇ?」
と、弟に誘われた。

昔は、上の弟と2人きりでどこかに行くなんて事無かった。

一緒にサッカーに行くようになり、
弟も私と2人で出かけることに慣れたのかも…(しみじみ)


大石田 美登利
大石田

大石田駅で蕎麦屋パンフを貰い、
その中からチョイス。

鴨せいろ
大石田

お店お勧めの、かもせいろそば 、
1,050円ナリ。

せいろが2段になっているので、
お腹も満足。

鴨の漬け汁と、通常のつけ汁の2つが付いている。

鴨漬け汁の方は温かいので、
蕎麦のこしを楽しみたいなら、
冷たい付け汁の方がおすすめかな。

味は、普通に美味しかったって感じでしたん。


最上川千本団子
大石田

ここ、4回目位の訪問なのだが、
行列が出来ていたのは初めて。


大沼デパートのフェアで1,000本の販売を達成した記念に、
「大石田だんご」という名前を
「最上川千本だんご」と改名したそう。

原料のお米は、「あきたこまち」。

店内商品
大石田

豆腐とかの他に「青森納豆」(何故か青森…)なども…。

「えご」、久々に見た~!!

「えご」子供の頃、食べたっきりだ…。
からし醤油で食べた記憶。


えご、知っている人いますよね?
でもって、食べた事ある人も多いよね?

(山形の知人は「えご」知らない人ばっかなので不安だったり)


「ずんだん」と「くるみ」
大石田

しょうゆ、ずんだん、ごま、あんこ、くるみの中から、
「ずんだん」と「くるみ」をチョイス。

1本90円から100円と、とても安いので、
20本とか30本買っていく人も…。

固くなってしまうので、当日しか食べられないとの事。
持ち帰る際はご注意を。

ひろしの餃子
セレッソ大阪戦

弟が、評判を聞いて一度は食べてみたいということで、
「ひろしの餃子」お持ち帰り。

30個入り1,000円。

大石田の日帰り温泉
「あったまりランド深堀」でも売っていたよ。

早速作ってみたが、
カリッと薄めの皮で、んまかった!


…と、言うわけで見もお腹も満足して、
NDスタに向かった私達。


「スタへ行く前にちょっとお出かけ」っていうのも
楽しいものだねー。



と、ここまで書いて、天皇杯 延長 同点…。

PK……。ゴクリ…。

………。

!!

キタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

PK5-4で勝ち!


もうね、鼻血ブーッな感じ、ですよ。


伊東 俊君、スタメンおめ!!
山田選手、太田選手もスタメン!


彼らは、フレッシュでまるで”若鮎のよう”だったかも…
なんて想像して嬉しくなってしまう。


いやぁ、ほんとこの勝利は嬉しい。

明るい気分になった。ありがとー。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 山形のこと | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大宮アルディージャ戦 観戦記2 【アウェーは楽しい。が、ホームあってこそ】
2010-11-16 Tue 23:53
セレッソ大阪戦、ほんと残念だった。

そっちを書きたいとこだが、
大宮アルディージャ戦が半端なので…すみません。

ボールパーソン
大宮アルディージャ

この日のボールパーソンは、
地元の中学のサッカー部の子達。

部活の子がボールパーソンをしているのを始めて見たが、
地域とのつながりを感じていいなぁなんて思った。


写真の子、最初は、
モンテの旗が自分のすれすれに振られているため、
(彼の髪の毛がその度にファサーファサーとなびいたりしてたw)
びびっって、肩をすくめていた(笑)


だが、旗を振る人は、
もちろん当たらないように気をつけている訳で、
「大丈夫」と安心したみたいで、
その後は堂々とボールパーソンを務めていた。


彼にとっては、試合とサポーターの熱気を
傍で感じられる貴重な経験になったんだろうねー。


オレンジの人達に夕日が
大宮アルディージャ

とっても暖かくて、一週間前の同じ埼玉で、
あんなに寒い思いをしたのが、まるで遠い昔の事のよう…。


オレンジ軍団に橙色の夕日が…。


暮れなずむスタジアムっていうのは、
独特の美しさがある。


そしてブルーとオレンジのコントラストは、
とても綺麗だった。

アルディ君とミーヤちゃん
大宮アルディージャ

選手入場時。

大宮側のゴール裏には、ユニ型のビッグフラッグ。


アルディ君とミーヤちゃんって、
商業的なというか、
垢抜けたデザインのマスコットだよなぁ。



そんな感じで始まった試合。


前半は、お互いあまり動きが無い感じ…。

どちらかと言えば、モンテが優勢にも感じたのだが。


このまま0-0で折り返してくれれば、モンテの勝つ時のパターンだ!
とか、思った矢先。


ラファエルのゴール。


…なんか、「前半はとりあえず0-0で、勝負は後半」と、
気持ちは後半に向かっていただけに、
唖然・ぼーぜん。


でも、後半があるさ!と、
すぐ気持ちを立て直せるわけで。




セグウェイに乗るマスコット
大宮アルディージャ

ハーフタイム時、アルディ君だかミーヤちゃんだか
(遠くてわからなかった。でも多分ミーヤちゃん)が、
ファンサービスに。

(後姿のしっぽがゆさゆさゆれて可愛い)


それも、あのセグウェイに乗っているではないの!

すごいなぁー。
セグウェイ、100万位するのに…。

セグウェイジャパンが提供してくれたのか、
アルディージャが購入したのかわからないけど、
リッチな感じだなぁー。

ほぇー…と、
驚きつつ眺めておりました。



絶対ゴールを決めてくれる!

そんな気持ちで始まった後半。

フリーキック後、喜ぶ選手達
大宮アルディージャ

シャッターチャンスが遅れて、
みーんな背中のみ…ort
(雰囲気だけでも伝わってくれれば…)


選手達、嬉しそうだったー。

あのフリーキックは、
是非とも石川選手に蹴って欲しかった。


石川選手なら、直接狙ってくれそうな位置だったので。


石川選手らしいフリーキックだった。

ボールが意思を持ってネットに吸い込まれたのかと思うほど。


とても、とても、美しいフリーキックだった。


あのフリーキックを間近に見られて、目の保養になったー。


そういやコーナーキック時、石川選手は蹴る前、必ず、

ふぅっ!

と、一息大きく吐いてから蹴るのだねー。


そういう選手の生の息遣いまで感じることが出来て、
NACK5スタジアムって、いいスタジアムなんだなぁーと思った。

来年も来たいな。

落胆する選手達
大宮アルディージャ

結局試合は、その後、1点を入れられて負けた。

今更言っても仕方が無いが、残留争いの直接対決、
痛い敗戦だった。

たった1週間前、あんな大変な思いをして勝ったのに
(それは台風の中だったからそう思っただけかもしれんが)
ぽろっと点を決められて負けてしまい、
サッカーの勝ち点3って、不思議なもんだなぁ……。

アウェーは楽しいが、負けると、
帰りの足取りが重くなるような気がするねー。


それについて弟と話した事があって。


アウェーは楽しい。

でも、それはホームあってこそ。



これが、私と弟の共通の結論。




※是非とも書きたい後日談とかもあるのだが、
それはまた別の機会に…。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大宮アルディージャ戦 観戦記 【わーい。初NACK5】
2010-11-13 Sat 18:12
NACK5スタジアムは、氷川神社の傍に有るので、
参道を通って向かう。

参道のお煎餅屋さん
大宮

参道の入り口にあった手焼き煎餅屋さん。

海苔の「京美人」とおかきの「さざれ雪(うろ覚え…)」を
50gずつ購入。

こういう昔ながらの量り売りって、
必要な分だけ購入できて、実に合理的なんだなぁー。


試合前にスタジアムで食べたが、
パリパリしてとーっても美味しかった!



氷川神社参道
大宮

天気がよく、ぽかぽか。

スタジアムに向かう道が、こんな緑いっぱいの神社の参道だなんて、
なんだかいいなぁー。

犬の散歩させている人や散歩の人と、
スタジアムへ向かう人が、違和感なく交じり合い、すれ違う
和やかな雰囲気。


氷川だんご
大宮

ここのお店は有名だよなぁー。


昔ながらのお茶屋さんの雰囲気もある。
中ではあんみつとかを食べているグループも。


手焼きです
大宮

値段もお手ごろでびっくり。

醤油のこげる匂いが食欲をそそる。

オレンジのユニを着た人達も、並んでいた。
お土産にするのだろうか、スタジアムで食べるのだろうか。



氷川神社
大宮

スタジアムへ行く前に、お参り。

埼玉の人と付き合っていた頃、
初詣にここに来て、正月早々、大喧嘩。

お互いブリブリ怒りながら帰りは別々に帰った…
なんて思い出がある場所。

でも、こういう思い出って、
不思議と嫌な思い出じゃないんだよなぁ。

歳を取っていくって事は、そういう思い出も
いい思い出に変換されていくって事なのかしら…。


そんな事を考えつつ、
ちょっと寂しさを感じるのは、秋だからかねー。


アルディージャマークの車
大宮

ロゴ入りの車。

こういうのを見ると、アルディージャは資金力あるんだなぁ…
なんて思う。



車椅子専用エレベーター
大宮

車椅子専用のエレベーター。

他の場所にもエレベーターがあったり
改装したばかりのスタジアムはさすが、
福祉面が充実しているなぁー。

やっぱこういうバリアフリー面って、
大事だと思う。


手すりとかあるだけで、
年配の人にもだいぶ優しいスタジアムになると思うし。


野球場がすぐ近く
大宮アルディージャ

NACK5のすぐ隣は野球場。
その間、数メートルしか離れていないの。

公園の中に体育施設が集まっていて、
昔の山形の霞城公園に、ちょっと似た雰囲気。


街の中心部にこんなスタジアムが有って、
人々が集まって来る雰囲気がなんかいいなぁー。

団子
大宮アルディージャ

海苔付きと普通の。

甘いのが苦手なので、みたらし団子嫌いなのだが、
この団子は、べったべたに甘いみたらしじゃなくて、
さっと醤油をくぐらせた感じ。

磯辺餅みたいな味。

すーっごく美味しかった!

これは、次来る機会が有ったらまた買おうと思う。

お勧め!

マッチデープログラム
大宮アルディージャ

新潟とかと同じ感じの新聞形式。

「橙想心」だなんて、なかなかうまいスローガンだねー。

戦力分析
大宮アルディージャ

大宮を上回っているのは、クロスのみとか書いてあった。



私達は気が付かず残念だったが、色々企画があったみたいで…。


■山形の芋煮(200円)、玉こん(100円)の販売

TENDO推進協議会がPRに来たみたい。
頑張ってるなぁ。何だかそういうのって嬉しいね。


■限定企画 スタジアムグルメを食べつくせ!

通行制限無しで、スタジアムの飲食店て購入できたみたい。

各種ラーメンとかあって美味しそう。


GK達
大宮

あれっ?植草選手は?
と、思ったら怪我だったのか…。

本人はさぞや悔しい怪我だろうが、
焦らず治して欲しい。


雄太君、すっかり大人の男って感じの風格が出て。
日々、競争で磨かれているのだなぁ。


陽が傾いて肌寒くなってくるのとは反対に、
だんだん期待と楽しみが大きくなって来る
試合前のこの時間。


あの時間って、好きだなー。

だってさ、みーんな、楽しそうなんだよね。
ニコニコしててさ。


続く。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ROAD to OMIYA 【ある夫婦を見て思ったモンテが有る意義】
2010-11-12 Fri 23:55
今回は、弟は仕事で無理なので、彼氏と2人。


家を出たのが11時。3時には着いた。

埼玉はとっても行き易くて楽だー。


途中の高速で、モンテのステッカーを大小4つ、
”寸部の狂いも無いくらい左右対称”に張ってある車が。

で、速度は100kmきっかし。

すごく几帳面だなぁ…
と、追い抜く時にちらっと見たら、
白髪のかなり年配の夫婦。


その夫婦、
ニコニコと楽しそうに話ていて。


それみて、超和んだ。


SAでその夫婦の車を見かけたが、
SAにあまり慣れていないのか、
駐車する所を探して駐車場内を何周もしていた…。

あの様子だと、あんまり高速で遠出した事無いのかもしれない。


無事に試合に間に合ってくれたならいいのだけど…。



歳を取ると、遠出自体が億劫に感じる人も多いだろうに。

だが、モンテという存在があるお陰で、
お年を召した夫婦があんなに道中楽しそうに、
遠いスタジアムを目指す。

きっとモンテの話ししながら。

会話が無い夫婦も多い中、
夫婦共通の話題が有るっていういうのも素晴らしい事だよね。



私、その夫婦のニコニコした顔を見て、すごく思ったのよ。
「モンテが山形に有る意義って、こういう事かもしれんなぁー…。」
って。



掲示板
大宮

大宮の中心部で。

3年位前よりも、こういうの増えたなぁ、浸透してるんだなぁーと。

そういう雰囲気を感じるのって、好きだ。

オレンジスクウェア
大宮

大宮アルディージャクラブショップ オレンジスクウェア。


オレンジのだるま
大宮

だるまの「目」は、何の時に入れたのだろう。

だるまのグッズとか、サッカー界広しとは言え、
世界中で日本だけだろうなぁー。

なんかいいな。


オレンジ・オレンジ
大宮

「アルディージャのユニはかっこいい」と評判だが、
グッズのデザインも垢抜けていてかっこいいものが多かった。

で、店内にはたっくさんの人!
活気あるなぁー。



■余談■

今日の事。

機嫌が悪い私(体調不良で)に、
「ほらっ!ほらっ!マサルだよ。」
と、機嫌を取るような感じで、彼氏がニッカンを渡す。
(ライオンに肉を与える飼育係のよーな感じで)

…私って、もしかして、怖いのかしら…?がるる…。



おおっ!
マサル 14日 セレッソ戦に出場!!の可能性。


記事には
「山形一筋9年目、1年目は出場7試合、05年は怪我もあり11試合。7季ものJ2を経験した苦労人」
と。

そして、私的にツボ→マサルの足は24cm

私より小さい…何だか可愛いなぁー。


あの火の玉のようなミドルは、
24cmの足から繰り出されていたのかー!


お店にもなかなか合うスパイクが無いとの事。
サプライヤー契約になっていないのかな…。

記事では、「練習ではホーム仙台戦以来のゴールも予感させた。」だってー。

セレッソ戦、楽しみだねー!




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
浦和レッズ戦観戦記6 【長かった観戦記も終わり】
2010-11-10 Wed 23:29
すんません、5で終わらなくて…。


◆ごめんね…

埼玉スタジアムで”巨大な赤”を見せたかった、
弟にも、母にも。


だが、あいにくの台風。

残念ながら、対:山形というカードはそれほど人気がないんだって…。
(と埼玉の人に聞いた)

そんな訳で、レッズの人達の入りは少なかった。
(と、言っても2万人超え)



私「おかーさん、ごめんね、立ちっぱなしで座れなくて。雨降っているし寒いし。」

母「でも、雨が山形に有利に働いたんじゃないの?雨だから勝てたのかもしれないし。」



おおっ!まるでサッカー見慣れた人のよーな発言じゃーん。

で、少し気が楽になった。


うん。モンテは天候が悪いときの勝率高いもんね。




◆さよなら、浦和レッズ、また来年

弟が言っていた。
「(レッズのゴール裏)あそこだけがまるで外国みたいだった。」
って。

残留して、またみんなで行きたい。


その時は、あの”圧倒的なホームの雰囲気”のスタジアムを
楽しみにしている。


さよなら、レッズ。また、来年。

(o・-・)尸~~


◆みんな心配してたのね

電車乗って携帯確認。

(その時点でもまだ指がかじかんで、操作しにくいったら)



父・彼氏から、沢山のメール&着信履歴が…。


彼氏からの「オ~!」というびっくりしたようなメールは、
きっとモンテゴールの時、寄こしたんだろな(笑)


みんな、台風の中行った私達を、
心配していたんだなぁー。



◆宇都宮に寄り道

試合後、東京に住んでいる弟と待ち合わせて、
4人で山形へ。

弟は、1泊2日のプチ帰省。


弟が宇都宮で餃子を計画&お店もチョイス。


宇都宮餃子って、何回か有名店にも行った事有るけど、
正直、フツー…なイメージ。


だが、そこは色んなお店が集まっていて、
食べ比べできるし、とっても美味しかったよ!

弟、ナイス!


浦和戦

栃木と言えば、レモン牛乳ですよねー、って事で、

レモンヨーグルト!

中に黄色いヨーグルトが入っているの!



◆旅のしおりw

今回の遠征をめちゃくちゃ楽しみにしていた弟。

事前に、「旅のしおり」を作っていてワロタ。


写真でお見せしたかったのだが、
肖像権とか著作権とかにアレしているシロモノで…。


表紙がね、
モンテの「前へ!」と、モンテのロゴ


次のページに、

7:00 出発
8:30 ○○SAで食事
(中略)
2:00 埼玉スタジアムで食事

とか予定が書いてあって、
右上には、小林監督の顔写真がドーン!(笑)


で、その小林監督からフキダシが出ていて、
「トイレとか車酔いとか、何かあった時は言ってけろなー。」
というセリフ。


ちょ…www 小林監督、添乗員?しかも山形弁… みたいな…(笑)


盛大にウケた。


弟、小林監督、だいっ好き!なんだよね。

だから、小林監督、許してね。



◆午前様でしたん

実家着は、深夜12時40分。


父がその時間には珍しく起きて待っていた。


父は、何故か、とてもとーっても!嬉しそうだった…。




兄弟3人で、3時まで大酒盛り大会→家中の酒、飲み尽くす。

その後、下の弟と4時まで飲んで語り合う。


疲れてへとへとで床に就く。

だけど、この1年で一番幸せな気分&全てに感謝したい気持ちだった。


きっと、私は笑顔だったと思う、眠りに着くとき。


モンテが勝った事も、そりゃー、一因。

だけどね、あの気持ちは、勝ち負けだけじゃない、
なんかうまく言えないけど、もっと大きな事。


「モンテが私達にもたらしたもの」

それって、私達家族にとっては今回のような事。

ありがとう。


そして、たった1つの試合観戦記に長らく付き合って下さった方々、
ありがとう!


次回から、大宮アルディージャ戦 観戦記、いきマッサル!
(マサル、怪我から復活したねー)





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
浦和レッズ戦観戦記5 【青いの着てるの誇らしいねーと紫で】
2010-11-09 Tue 22:48
あわわ…。
6日大宮戦の前にアップしそこねた…。


すんません、続き。


◆厳粛な気持ち

近くに居たモンテサポ達は、ハーフタイムに帰っちゃっていて、
私達の周りはガラガラ。


試合終了10分位前あたりから、
ある種、不思議な気持ちにとらわれた。


寒くて、体はぐちゃぐちゃ濡れて不快だったにもかかわらず。



ひどくなった雨は、まるで靄のようにピッチの上を覆っていた。

ピッチ上の雨がライトにあたって、キラキラしていた。

懸命にプレーするモンテの選手達。


何だか、すげーや…。

ああ、サッカーの持つパワーってすごいんだなぁ…
って。


ある種、神聖な、厳粛な気持ちになった。


そして、突然、胸から温かいものが流れて、
涙ぐみそうになった。


あー、なんか幸せだ…と。


もしかして、ナチュラルハイだったのかもしれない、
寒くて。

でもきっと、生であの場所にいたから
味わえた気持ちなんだろうと思う。


去年の日立台でも勝利の瞬間、喜ぶというより、
色々な思いが押し寄せて、ぼーぜんとすくんだが、
それともちょっと違う気持ち。


この光景と、この気持ちは、
きっと忘れない、という予感。



◆墓参りに来るぞーと

笛が鳴って、モンテが勝利した瞬間。

母が叫んだ。
「来年も、墓参りに、来るぞー!!」
@ちょっとテンション高い感じで


多分、母が来年観戦できるのは1試合か2試合だろう。

家の仕事やお茶を教えたりで忙しいし、
サッカーを観にいくのはあまり乗り気じゃないようだ。


だけども、それでもいいのかもなぁ…
母は母ナリのモンテとの関わり方でいいのだ、
と、思っている。


年に数回だけでも、
3人とかでモンテを観にいくようになるなんて、
一昨年は考えられなかったのだから。


母にとって、埼玉に来るのがお墓参りメインだとしても、
モンテがJ1にいるお陰で、埼玉に来られて
妹のお墓参りできるのなら、
私達にとってやっぱ意味がある事かもしれん。



◆ブルイズ

ブルイズの時、母は、1人で来ていたおんつぁんに
いつの間にか肩組まれていたw

「あのおとっつぁん、肩組む相手、おかーさんでがっかりしたべねー。」
なんて後で、母は言っていたが(笑)


私も母と肩を組む。

生まれて初めてだ。母と肩を組むなんて。


思えば、私、母とスキンシップした覚えが殆ど無い…。


…不思議な気持ち。

だが、不思議と照れも抵抗も無い。


弟は、私と方を組むのが恥ずかしいのか、
離れていた(ムッ)


◆青が誇らしいねー

浦和美園駅の入り口で、ポンチョを脱ぐ私達。


ポンチョの私達は、濡れて手もふやけていたのに、
母はぜーんぜん!すげーな高機能カッパ。


母はモンテブルーじゃなかったが、
結局、防寒重視で身支度してもらって良かった…ほっ。




周りにはレッズサポばかりの中、

「今日は、青いの着ているの誇らしいねーぇ!!」

と、嬉しそうに、”紫の(まるで)サンフレッチェカラーのカッパ”を脱ぎながら、
割と大きな声で言う母(笑)


わわわ…赤い人達の中でそんなでっかい声で…ちと焦ったけど、


いやいやいや…おかーさん、それ、紫だから!

ってフイた。


だけど、ほんとそうだ。
誇らしかったよねー。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
浦和レッズ戦観戦記4 【モンテが勝つようにと素手で…】
2010-11-05 Fri 23:16
ハーフタイムに母がビジター側のトイレへ。

試合が始まってもなかなか戻ってこない…。


の続き。


後半開始後10分位してから戻った母。

私「寒くてこっち戻るの、嫌になっちゃったの?」

母は座って見たかったはずだし、
雨のため、息が白くなるほど寒かったから。


母「ううん、トイレ行ったら、マナー悪い人が多くて、床にトイレットペーパーのちぎれたのとか沢山散乱してて。」

「後で手を洗えばいいんだから、床に落ちているトイレットペーパーを全部手で拾って綺麗にしてきたのよ、モンテが勝ちますように…って。」


………。

そっかー。

トイレを綺麗にしたからモンテが勝てる訳じゃないけども。

でも、私、その時(母は毒親の部分も多いけど)
「この人の娘に生まれてきて良かった…」
って思った。


◆レッズの応援につられて…

母を、試合中にふと見ると、
レッズの声量につられて、手拍子してたり(笑)

(特に「Go REDS Go」と「Come on URAWA REDS」の時が顕著。)


最初は「おかーさん!それ向こうの応援だよ、敵だよ敵!」
とか注意していたけど、途中から止めた。


たまにしか来ない母だし、こんな台風の中だし、
レッズの応援につられちゃっても、
好きに、楽しく見てもらおうと。



◆向かい風&雨なのだ

モンテ側は向かい風、
時折、ポンチョの裾が雨風でめくりあがる。

ポンチョのフードが何度もめくれ、
バタバタバタ…と風でなびく。

袖の中には雨が振り込み、肘から手首まで濡れ、
履いていったブーツの中も水浸し、
靴の中がぴちゃぴちゃ音がするほど。


顔には、直接、雨が降りかかる。


手はかじかみ、ふやける。


もう、顔を伝っているのが、雨なのか、鼻水なのか、わからない。


辛かった。


でも、一昨年の最終戦、水戸との試合。
みぞれの中観た試合に比べればまだまだ!



そして…80分。


セットプレーから田代選手のゴール!


あんな瞬間があるからこそ、
観に行くんだ…。


あの時のビジター席の雰囲気。


空はいつの間にか、真っ暗。


降り注ぐ冷たい雨の中、
ビジター席には、喜びと幸せがあふれていた。


(因みに母は、ゴールが決まったのがわからなかったらしいw)



◆アディショナルタイム=追加時間

アディショナルタイムが5分と発表された瞬間。

母が「きゃーっ!!」と悲鳴を上げたので、ビクーリ。

私「なに、おかーさん?」

母「追加タイム5分もあるって事だべ?」


母、侮りがたし…。


私はといえば、不思議な気持ちで立ちすくんでいた。

続く。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村

別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
浦和レッズ戦観戦記3 【白いタオル、雰囲気壊さねべか?】
2010-11-04 Thu 22:52
美園駅から埼スタへ向かう道。

屋台が出ているのを見て、弟、
「おーっ!美味しそうなのいっぱいあるね!テンション上がってキターッ!」

食べたくても、生憎の台風。
買うのも食べるのも大変で、断念。

マッチデープログラム
マッチデープログラム

去年もびっくりしたレッズのマッチデープログラム。

もはや、これはひとつの雑誌です。

モンテのページには、
宮沢キャプテンが元レッズという説明と、詳しい経歴が。

宮沢キャプテン、レッズが自分の事、
忘れないでくれて嬉しいって言っていたもんなぁ。

ありがとう!

宮沢キャプテンは、私達の宝なんです。

それは彼の人柄も大きい。
山形で、どんだけ愛されているかって、
もうねぇ…説明できない(笑)

(余談:このマッチデープログラムの裏表紙の赤ちゃん、「ふぅ、撮影だりぃ…。世の中大変…。もっとうまい乳飲みてぇ…。」みたいな哀愁漂った表情で、すっごく可愛いのw)


バックナンバー
浦和戦

マッチデープログラムのバックナンバーを売っているの、
始めてみた。

すごいなぁ…。

カード
カード

入場時に貰ったカードは平川選手。

こちらもモンテと同じ、JA提供。

新米のキャンペーン。
そういや、埼玉って知られていないけど、
地酒、案外美味しいんだよね。


黒豚ホットドッグ
浦和戦

雨がすごくて、外で買うのは断念。


弟は、埼玉スタジアムで食事するのを
何ヶ月も前から楽しみにしていたので、ほんっと、残念だ!


アップ&スタメン発表
浦和戦

さあ!いよいよです!!

燃えるレッズvsモンテ
浦和戦

モンテはシャキーン!と刀の音でサムライっぽいイメージだが、
レッズは炎。
ベギラマって感じ。


目が燃えている
浦和戦

ちょっと巨人の星風味。

ビジョンの映像、
解像度高いっていうか、綺麗だよなぁー。

母、タオルを…
浦和戦

私と弟はモンテのポンチョ。

母、ジャンパータイプにズボンがセットになった雨具。
二重になっており、すごく機能性に優れたもの。


だ・け・ど、紫色。

サンフレッチェ広島カラー!!(笑)



開幕戦…”湘南カラーのダウン”を着てレッズ戦、
今回…”サンフレカラーの雨具”でレッズ戦。


ごめんねー、空気読めないみたいで…。

だが、母はサッカー観戦に慣れていないので、
防寒&暴雨対策優先してもらった方が安心だし。

結果的にはこの雨具のお陰で私達よりも
濡れていなかった。


入場時、モンテはオーバーザレインボーを歌って、
選手を出迎える訳だが。

テンポアップしてタオルを回すところで、
母が雨を拭くためのタオルを手にしていたから、

「おかーさん、タオル、回せば?」
と言ったら、

「ええー。白のタオルなんて、雰囲気壊さない?」
と、母。

「いいよ、いいよ!白のタオルでも!気持ちの問題なんだから!」
と私に言われた直後の写真が

でも、ブルーのタオルじゃないから雰囲気壊さない?
なんて、わかってるじゃん!母!

いやぁ、びっくり。



……でもサ。


っていうか、おかーさん…。
雰囲気、気にするなら、そもそもタオルよりも、
紫のカッパの方が面積大きいじゃん(爆笑)



前半、攻められる場面が多く、
モンテはなかなか前へ行けない。

30分あたりから、ペースをつかみ始め、
惜しいチャンスが。

シミケンのすっばらしいセーブ!

キャプテン、惜しかった!


ハーフタイムに母が、
「モンテ、真ん中から前に行く時間あんまり無かったねー。全然攻撃できないのねえ…。」
って。

まぁなぁ…。

とりあえず、苦しいながらも前半0-0で折り返したんだから、
勝機はあるかもなんて弟と会話。

メンテスタッフ
ハーフタイム

弟、ハーフタイム時、
芝のメンテナンスするスタッフの数の多さに驚く。

そういや、雨が強く振っても、
ばちゃばちゃしていない。
いいピッチなんだなぁー。


ハーフタイムに母がトイレへ。


……だが、試合が始まってもなかなか戻ってこない…。


寒くて、雨が強くて、サッカー見るの嫌になったのかなぁ…。
と、心配し始める私達。

長くなったので、続く…。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
浦和レッズ戦観戦記2 【約束の地】
2010-11-03 Wed 23:52
お寺から近い鳩ヶ谷駅に車を駐車。
試合後、東京に住んでいる弟と待ち合わせしやすいので。


私達を、駅員さんがハァハァと
走って追いかけて来る。

母が切符を改札で取り忘れ。

「改札で切符を取らなきゃいけないのは知っているけど、
ここは取らなくてもいいと思った。あははは。」
だって…。

ちょ…どーいう事かわからん。

でもいいや、おのぼりさん気分で楽しそうだし。

うちの母、昔、東京で働いていたのになぁ…。


山形戦撃破スペシャル
浦和戦

美園駅で。

「山形戦 撃破スペシャル」

お店の人が
「うらーわレッズ!」
と叫んでたので、買いたかったが何となく躊躇。

母だけが「買ってみっか!」
とスタスタ。

母は対戦相手も何も気にしないから怖いもの無し!

だが、写真の女性が最後だったよーで、
売り切れ!

来たぞー!
浦和戦


「カクテル光線、かっくいー!」

弟も母も次々写真を撮り始め、
かわりばんこに記念撮影状態(笑)




この場所に立って、
来たぞー!!
と、胸に湧き上がるものが…あった。



モンテのような規模のクラブにとって、
昇格するのは並大抵な事ではなかった訳で。

昇格したらしたで、
メディアを始め色んな立場の色んな人がほぼ全員一致で
残留不可能と予想。


一昨年の昇格、去年の残留。

世の中では、”奇跡”と言われた。


えっ?そうなの?あれは奇跡だったのか…。
なんて、後から思った。



一昨年は、ヒリヒリするような昇格争いで、
サッカーを楽しむ余裕は無く。


去年は、J1の全てが新鮮で、
全てが喜びに溢れていた。
(「J1すげー!」の連続の日々 笑)



だが、実力の違いを目の当たりにさせられた試合も多かった。

あれは、がっかりというのとも違う。

…ひたすら痛みに耐えるような試合。



だが、その痛みを含め、サッカーをモンテを、
満喫できた。

楽しさも痛みも全てひっくるめてサッカーなんだ、
サッカーの魅力なんだ…
と、知った1年でもあった。



前にも書いたが、去年の埼スタは、
連続で失点、特に3点目は
延髄蹴り決められたように意識が遠のいた。


(3点以上取られた試合なら、その前にも経験していたんだけど…ね)

こんなに実力が違うものなのか…とも、思った。


上位チームの強さを目の当たりにして、
降格がチラッと頭をよぎったあの日…。


だから、
残留して、この場所に来るのだ!と、
祈るような…
誓うような…
気持ちで、帰りの高速から埼スタを眺めた。



今年、新潟のビッグスワンに立った時も、
宮城スタジアムに立った時も、
何の感慨も無かった。

埼玉スタジアムだけ…なのだ。

(日立台とフクアリも感慨深いと思うけど、ちょっと意味合いが違う)


それは、私が(テレビでじゃなく)生で
”喜びとつらさ”を、
”笑顔と涙”を、
味わったアウェーの場所だからだ(と、思う)



そんで、他の人にも、
そんなアウェーのスタジアムが有るのかもしれないなぁ…なんて思う。

あるサポは入れ替え戦で涙を流したスタかもしれないし、
あるサポにとっては、残留争い、昇格争いを繰り広げた相手かもしれないね。


ひとそれぞれ、1年に1回、
思いを噛み締めるスタジアムが有るのだと思う。
(あなたのそんなスタジアムはどこですか?)


約束の地なのだ。
私にとって埼玉スタジアムは。
(大げさ?でもそうなのっ)


続く…。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村





別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
浦和レッズ戦観戦記1 【Load to URAWA(&お墓)】
2010-11-02 Tue 00:05
1つ前のブログ。

父と熱燗飲んだ後、帰宅した弟が、
私に500mlのビールを2本買って来た。

これがキイタ…。

「あの人の面影が…なんて、出来損ないのポエムかよ…ort」
と、後で、大赤面

訂正したかったが、
出発が早朝、無理でしたん…。

お目汚し失礼いたしました。
拍手してくれた心優しい方々、ありがとう。


試合前に母が埼玉で寄るところがあるので、
7時、いざ出発!



早朝からがっつり
浦和戦道中

SAで朝飯。

弟と母……蕎麦。
私……豚汁定食(どんぶり飯)

豚汁定食と言えば…。
去年のアウェーレッズ戦の帰りにも
福島あたりのSAで食べたんだった。

疲れて疲れて、
意識が遠のきそうに食べた豚汁定食。

ねぇ、何故…?
試合に大敗すると、あんなにヘトヘトになるんだろ…?



弟は新車が来たばかりで運転楽しそう。

順調に川口へ。



母の妹が川口の墓地に、眠っているのだ。



次の日に旅行がある母は、
疲れが残るからと、乗り気じゃなかった。
(まぁ、もともとサッカー観戦に興味は無い母)

だが、妹のお墓参りをしようという事で、
来てくれた。


埼玉へは、そうそう来れないし、
元気でいるうちにお墓参りに来ておきたい…と。


お寺の住職の方はとても若い方。

母が「モンテの試合を観に来たんです。」と言ったが、
モンテを知らなかったらしい(…ガクッ)

「わざわざ山形から来ていただいて…。」
って、立派な輪島塗のお品をいただいた。
(私達も一応、果物を山形のデパートで買ってお土産に持っていたけど)
私達は、その気持ちが嬉しかった。



お墓を雨の中掃除したのだが、
タオルが全然汚れないの!

見渡せば、周りのお墓もみーんな綺麗。


これだけの状態を維持するのはお寺の人の努力だ。

そういうのって、嬉しいし、ありがたかったなー。
いいお寺さんだ。



私が、川口にお墓参りに来たのは2回目。
だが、何故亡くなったかは知らなかった。


叔母は、出産の際に亡くなったのだそうだ、
お腹の赤ちゃんと共に。


母が、紙コップに牛乳を注ぎ、
キャンディーと一緒に墓前に供える。

祖母が「赤ちゃんも亡くなったから牛乳を供えて」
と託したらしい。


生まれたばかりの私を、
ニコニコとだっこしているお腹の大きな叔母。

私は写真でしか、叔母を知らない。



男の兄弟しかいない私にはわからないが、
女の兄弟って、大人になると友達みたいに仲良いよねー。

母もそうだったんだろうなぁ…。
そして、孫と娘を同時に失った祖父母は辛かっただろう。

逆縁の不幸。


赤ちゃんは生まれていたら、私と同じ歳だったらしい。


「生きていたら、レッズサポだったりしたかもなぁ…。」

「そんで、今回の試合も一緒に行ったりして…。試合後、泊まったりして、和気藹々だったりしたかもなぁ…。」



…なんて、牛乳に雨がぴちゃぴちゃと降り注ぐのを見てたら、シンミリ。


母がお墓に手をかけて、叔母に語りかけたので、
1人にしてあげようとその場を離れた。



正直、最初は試合前にお墓参り、メンドクサ…
なんて思ったけど、
うん。また連れて来てあげようと思う。


残留して、来年また、埼玉へ。


昔の彼氏の兄弟は、アウェーも全て行く程の、
ゴール裏レッズコアサポだったし、

何だか、レッズとは縁みたいなのを感じるなぁ。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ |

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。