スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
みちのくダービー観戦記延期します
2011-05-23 Mon 11:06
昨日のダービー。

結果にはとても悔しいものもあるし、試合内容には憮然とした。

それぞれのサポの心境は、試合後のあのスタジアムの雰囲気に表れている。
(喜び狂喜するベガルタサポ達とは対照的に、ブーイング、叱咤、黙っている人も憮然とした表情のモンテ側)


昨日、生まれて初めて、サッカー観戦をした父。
(おそらく最初で最後だろうなぁ…とは思うが)


「行って良かった」

と、言っていた。

私にとって、それはとても嬉しい事で、昨日の辛いダービーの中での
ひとつの明るい出来事だった。


試合前のこと、試合の事、試合後の事、色々書きたかったんだけど。




今日の早朝ね、母から電話がきたのよ。


「○○子(私の名前)…、かぁちゃん(うちの母は祖母の事かぁちゃんと呼ぶのだ)昨日死んだんだじぇ…。」


「おととい会った時は元気だったのに…。お母さん、かぁちゃんにもっと生きていて貰わないと困んのよー。お母さん、かぁちゃんにやり残したこといっぱいあっから…。だから、昨日からずっと泣いて泣いてよ、お母さん泣き通しでよ。」


私は、突然の悲報に、びっくりして、
ただ母の言葉を聞いているしかできなかった。


私だって、祖母にやり残したことある。
もっと会いに行ってあげればよかったとか、
いやぁ…辛い事だね…、取り返しがつかないって事は。

ほんと、後悔ばっかですよ。



昨日、ダービーの後、実家で、うちの家族と彼氏と、
試合の事とかあれこれわいわいと話しながらすき焼き食べ、
「ダービーの結果は悔しいけど、そうやってダービーに行けたり悔しがったり出来るのも家族がみんな元気で、私たちも元気で生きているからなんだなぁ…」
なんて思いながら、帰ってきたばかりだった。



祖母が亡くなったと聞いて母達が叔父の家にかけつけたのは、
その数時間後の深夜だったらしい。


前にも書いたけど、NDスタの近くに祖父達の畑はあった。

(去年の「母と選手とすももの話」は、そんな訳で起きた事なのです)


ばーちゃん達の畑仕事についていったりした小学生の頃は、
今思えば、なんて楽しい日々だったんだろう。




ほんとはまだぼーぜんとしている
(祖母は寝たきりだったわけでも何でも無く突然の死だった)

何も手に付かないのでこうやって、
文章を書いて自分の気持ちの整理をつけようとしているんだけど、
うまくいかないや。


そんな訳で、観戦記は延期でお願いします。


遅くなるけど(その頃には次の試合も終わっているかもしれん、もしかしたらその次の次の試合も終わっているかもしれんが)


きっと、絶対、更新します。


では、ね。


今年は色んな事が起こる年だなぁ…。



スポンサーサイト
別窓 | その他 | コメント:20 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
「汝、隣人を愛せよ」って 【ダービー前夜に】
2011-05-22 Sun 03:12
遠い昔ガッコーの宗教学とかでベンキョしたのにそういうの(タイトル)があった。

(広い範囲では自分の事、自分をわかる事、なのかもしれんが、まー不出来の私にはわからん)

モンテにとって”隣人”は、
新潟でも無く(隣だけど、なんかちょっと地区が違うイメージ)、
札幌でもなく(まぁ、海を隔ててるしな)、
ベガルタなのだ。


「汝、隣人を愛せよ」と聖書は言うけど。
「自分に敵対する者を愛せよ」とは言うけど。


ダービーにおいて、そりゃ…無理だべ!なんである。
(きっと、相手も同じ気持ちだろう)


ベガサポの中には、お亡くなりになった方もいると聞いた。
今も困難の中、応援しているベガサポもいらっしゃると思う。

明日(今日)のダービー、ホームは山形だけど、
スカパーでは、仙台のパブリックビューイングには平ちゃんが来るそーである。

山形ホームなのに、仙台からって…。
まー、世の中の関心は、山形よりも、被災地の仙台にあるという事だろーね。



仕事先で○○さんが、津波にさらわれたらしいよ…とか、
知り合いの○○さんの実家が全壊したってよ…とか、
実家が、半壊しちゃって…とか、
ふつーに、ごく、ふつーに誰もの会話に出てきてしまう程の被害が出たほどの震災。

私達は、ただ幸運なだけなんだと思った。

なんだか、「ラッキーだった」とか言うのも後ろめたさを感じる程に。


3月11日の夜、他の避難した人達、
数百人とすごしたあの避難所の天井の光景。

あの辛い辛い、寒さ。
あの不安。
あの恐怖。


そして、ぼーぜんとした中にも確かにあった、
生への感謝、配給される物資への有り難さ、
見ず知らずだった人達とのコミュニケーション。


山形に避難して仙台に帰る時に、母に言われた。
「困っている人が居たら、一生懸命助けてあげなさい。」

難しい事だけど、その事が私のこれから先の課題になった。
ボランティア活動、これからもずっとずっと、やれることをやっていこうと思う。


あの日以来、私の心は、被災した宮城の人と共に有る。




だ・け・ど…だけどだ!

ダービーは別だ!わなー。
それとこれとは違うんである。



どこよりも負けたくない試合。
それがダービー(なのだとわかった、この2年)


たかが、1試合。
たかが、ローカルダービー。




それなのに、何故、こんなに楽しみで、
こんなに期待と不安で(!?)いっぱいになるんだろう。


ダービーはアイデンティティそのものだ。

なんでだろーね?ほんと、不思議だ。



片や無敗の仙台。
片や、1勝の山形。

今や順位の上では、随分違う双方だけど、

何が起こるかわからない!!
それが、ダービーだ。




アルゼンチンのダービー、リーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズでは、
チケットを購入できたファン達は、チケットをトロフィーのように天に掲げ、
キスをするそうだ。

そういうものらしい、ダービーのチケットって。

だが、何故か、今回のモンテのチケットの状況は思ったほどでも無く…。
今回、メインスタンドS北・S南ホーム・ビジター、ビジター自由席以外は、
まだチケットはあるのとの事。

ビジター席の方ばかり完売って、
ダービーがこれだと、ちょっと寂しい気もするよね。

行こうかな?と思っている方、まだ間に合いますよ!
青いスタでダービーをしましょう!
満員のスタで選手を迎えましょう!


今回は「千年に一度あるかないかの震災」
と、言われている大惨事の後のダービー。

人生80年(アバウトね)なのに、千年に一度に遭遇するなんてね。

ただ単に、勝つか負けるか以上のモノが、あるよね。


それぞれの選手がどう戦い、どう結果を出すのか。
記憶の残る試合になるといい。
数年経っても記憶に残るような。

どうか、どうか…勝ちますように。

モンテの選手達、グッスリ寝てるかなー(ってもうこんな時間、私が寝ろ!)

勝って…勝って、仙台に戻りたいと思います。




隣人を愛せよですって?

いや、モンテとベガルタは、究極のツンデレなんですってば。



22日追記:もしかして…山形は雨?うわわ…今日始めてモンテの試合に行く人を連れて行けるかもしんないのに、残念だ…。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | モンテディオ山形 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏レイソル戦 観戦記 3 【くらえ!NDスタのスピーカー(笑)】
2011-05-13 Fri 23:48
柏ゴール裏
柏戦

いろんな意味で(笑)有名な、柏レイソルゴール裏。

あの男子校のノリっていうか個人的には、割と好きです(笑)面白いから。


「柏バカ一代」=「空手バカ一代」が原曲と知ったのは、去年の話。


”梶原一騎原作の大山倍達がモデルのアニメ”
って、彼氏に聞いたが、初めて聞くアニメだったので、なにがなにやら…。

私よりもちょっと上の世代がジャストなのかもしれん。


あれの替え歌の応援歌は、柏ゴール裏の雰囲気にジャストではまっていて、
うまい選択だよなぁ。


試合前、NDスタのオーロラビジョンで色々流れていた時、
「(スピーカーが)うるせぇぞぅ~!」
という声が、柏ゴール裏から聞こえてきて、笑った。



NDスタのスピーカーは、”アウェーの洗礼”



これ、割と常識。


だから、うるせぇぞう~と言われても、こちとら何も気にしないもん。

「あっはっはっ。言わせてやったぞ(笑)」的な、
”してやったり感”

なんだけど…(えっ?私だけ?)


とは言っても、私は体験した時無い(まぁあたりまえだが)
いつか、座ってみたい(その時は来ないだろうけどさ 笑)





日立台は、あのスタ自体がアウェーの洗礼そのものっつーか。

でもそこが、柏サポ以外にもあのスタを好きってよく聞くのがわかるスタ。



だってさ、2回もスタメン発表するんだよ!?(もち柏選手のみ)


最初、なんかの手違いかと思ったもん(笑)


日立台はとりまく雰囲気がなんか好きで、また行きたいよ。



試合前、スタジアム内の売店の前で、
前に柏サポのにーさん達が、酒を買っていたのよ。

お店の人に、「おねーさん、もう少し、お酒足して!」みたいな事言っててすごく楽しそう。

一口飲んで、私の刺すような視線を感じたのか、チラッとこちらを振り向いた。

そしたら「うん、山形のお酒、美味しい!」って、
こっちをチラッチラッと振り向きつつ言っててさ(笑)

ごめんね~、気を使わせちゃって。

でも、私がしかめっ面していたのは、
「何飲もうかな。」とかめちゃくちゃ悩んでいただけで、
おにーさん達を睨んでいたわけじゃないのよ…ごめん。

(まぁ、山形の酒がうめぇのはデフォだ、ふふふ)

ポン酒、焼酎、ビールと何杯飲むんだよ!ぐらいにカパカパ飲んでいたけど、
男同士の4人組で、話しも弾んですごく楽しそう。


割と近くの席だったから、モンテの点が入るたび、
わー!!って喜びつつ、おにーさんたちをチラッと観察していたが、

◆1点目 「えぇぇぇ~!!」 (まじかよ!って感じ)
◆2点目 「ちくしょー!ぢくじょ~!!!」 (めちゃくちゃ悔しそうで、頭、マジでかきむしってた)

っていう感じだった。

ちなみに、柏レイソルの点が入った時は、
「おりゃあ!」 (ほらな)
という感じ。


因みに、柏ゴール裏は、2点とも
「シーン…」(うそでしょ、嘘と言って…!みたいな雰囲気)


柏サポは、一昨年の降格の時、最後まで応援してた。
最後までいっぱい人が入っていたし。

J2での柏レイソルは、それこそ王者みたいに強くて、無敗の記録を更新し続けた。

柏サポは楽しそうだった。

「勝つ」というのが、こんなに楽しいもんなんだね!

って、実感がそこにはあったんだろうなぁ。

で、今年。

いくら優勝してもそこはJ2。J1はそこまで甘くないでしょ…と思いつつ臨んだら、
あれ?なんか勝っちゃってる!

…もしかして?俺達の柏レイソル、強い…?
おほっ?マジでこれは…!


みたいな感じなのかも…(なんて、私の勝手な想像だが…)


なんかね、思ったのは、彼らは勝つのに慣れているんだなぁと。
そして、負けるのに慣れていないんだなぁと。

だから、あの2点目を入れられた時の、柏サポのボーゼンさがあるのだろうと思う。

柏が負けるのって、去年にさかのぼらなくちゃいけないわけだもんなぁ…。


勝った理由って………やっぱ、相性?
(いや、私、ぶたれるな、こんな単純な理由だと 笑)


モンテが1点取った後の柏レイソルは、
攻撃が明らかにテンポアップして、怖かった。


だが、その後の柏レイソル選手は、モンテの同点になっても
前に長谷川選手しかいないような状況(追いつかれたのに引いて守っている状況)に、
あきらかに、やりにくそうだった。

でも、それって、モンテペースなんだよね、逆に。
柏はそこに気が付いても後の祭りだったかもしれん。



宮本選手はノッていたなぁ~。調子いいんだろうね。
みっやもと!みやもと!の応援も多かったよね。


そして、長谷川選手のゴール。
古巣への維持とプライドを垣間見させたゴール。


小林監督はモンテサッカーのキモ。

同じようにネルシーニョって、すごい監督なんだなぁと思う。
(ヴェルディサポにとったら複雑な思いもあるかもしれんが)



あの試合は、ある意味、小林サッカーvsネルシーニョサッカー
だったのかもしれない。


サッカーを観れるのは、幸せ。ほんとに。
スタジアムでサッカー観れるのって、幸せって事が今年わかった。

んでね、得点入って勝つのってさいこー!!

それも、無敗の柏に土をつけるなんて、
鼻血が出そうな、か・い・かーん!!




ありがとう!モンテの選手達、監督コーチ陣。

私、あの試合で、被災後、腹のそこから喜び叫んだよ。


そして、あんな時にも関わらず、風評被害を吹き飛ばす勢いで、
東北に沢山来てくれた柏サポの人たち、心から、有難う!


次は、日立台で!


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏レイソル戦 観戦記 2 【なんつー怖ろしい…でも勝つ!渇!】
2011-05-11 Wed 22:42
と、言うわけで続き。

炎のカリーパンのマスコット
ほのおのカリーパン

え!?誰これ!?
と、思ったら、炎のカリーパンのマスコットであった(笑)


マスコットは、頑張って愛想を振り向いていたにも関わらず、
周りに居た人達、ちょっと戸惑い気味で(笑)
マスコットに対する反応はあまり芳しくなかったり…。


彼氏にも頼まれていたので、カリーパン購入。



チーズ入り
チーズ

※ 左:外袋 右:パンの中身

まぁ、チーズ入りはこれまでも数回あったからねぇ。
無難といえば無難。



柏肉(鶏肉)のから揚げ入り
かしわ肉

だじゃれ系ですな。

一昨年は、ジェフと柏レイソル両方とリーグ戦、ナビスコ戦と戦ったので、
千葉関係の、ネタを探すの大変だろうなぁ~。


そのうち、梨とか行っときます?(笑)


柏市といえば、梨だもん。

ま、味は微妙そうだがな(笑)


ゆで卵入り
ゆで卵

これ、断面だけ見ると、レイソルっぽい!
太陽の雰囲気出ている。

これ、弟「美味しい!」って言ってたよ。


柏餅入り・袋
かしわもち

で、袋を開けると


かしわもち

パン自体が、柏の葉っぱに包まれてるの!(笑)

(☆´ω`):;*.':;ブ

ちょっとだけ吹いた(笑)


中身
かしわもち

お店の人は、「味は微妙です」と言ってらしたが、
カレーと甘いものって案外相性が良いのか、
なかなか好評(彼氏にだが)

(そういや、FC東京戦で食べた”人形焼入り”も思ったよりもおいしかった記憶が…)



丁度2ヶ月前。


震災の日、避難所の天井を眺めながら、
「これは、明日のベガルタのホーム開幕、絶望的だな…。」とか、
「もしかして、明日のモンテの試合、中止かもなぁ…。」とか、
考えていたのを思い出す。

いや…情報が入って来ず、東日本全体がひどい状況なんて、
思ってもみなかったのよ。


ただ、とてつもない恐ろしい事が起こった事だけ、わかった。


家族とも連絡が取れず、
心の中は、焦燥感と、安否の心配と、不安でひりひりしていたにもかかわらず、
試合はどうなるのか?とかサッカーの事、考えたりもした。

そんな時、サッカーの事を
考えたりしている自分にびっくりしたりもした(笑)



だから、ああ、やっとこの日がきたんだなぁと思った。


私は、柏レイソルと対戦するのがとても楽しみだった、
去年、柏が昇格を決めてからずっと。


一昨年の日立台での激闘があったから。



正直、今シーズンの柏の試合を観て、

柏レイソル、なんつー、恐ろしいこになって戻って来たの!!

と、ちょっとガクブルしてたのよ(笑)


J2の記録作ってぶっちぎり優勝!とかは、
おおー!すごい!対戦楽しみだ!な感じの感覚だったが、
今年の試合観て、ほんとにね、うわ!!みたいな…(笑)


いや、でもモンテの選手は、やってくれる!

って、思いつつ臨んだ試合だった。
(続く。なげぇな なんせね、久々の観戦記ですからご容赦を)


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏レイソル戦 観戦記 1 【まっすぐな虹が…】
2011-05-10 Tue 23:15
この間のジュビロ磐田戦は、ショッキングな内容でしたね…。
がっかりというかがっくりというか…。


柏戦後、帰る時、柏サポ達から
「山形のドン引きサッカーにやられちゃったなぁ。」
とかいう声が聞こえてきた。

まぁそこんとこは、山形の持ち味というか、
意思統一の強みとか、そんな感じなわけで、あまり気にする事はないんだけど、
3点取られても4点取られても、
前に人数を増やして攻撃できないのは、今回のような試合の時、
なかなかきついなぁと。

選手達は、過密スケジュールで疲れていたのだろうけど…。
それは他のクラブもそうだからなぁ…。

でもね、弟から、試合後、
「結果をみてあぜんとした。」
「でも、次の試合で良くなるもの山形の良さだから
来週のモンテさ、期待してけろな。」


なんつーメールが来て、

おお!と、何だか励まされた。


それにしても、私と弟、
いつの間に立場が逆転したんだろう?(笑)



…という訳で、(やっと柏戦の事を)


試合前1時間半前の中央広場
柏戦

いやぁ!
この雰囲気、久しぶり!
ほんっと、久しぶり。



宮澤 ミシェル氏
柏戦

NHK放映の解説でいらしたんだろうが、
とてもフレンドリーで握手を求められると、
ニコニコと対応されていて、
その場が和やかになるような雰囲気を持った方。


弟は、この日、
1.岩海苔うどん
2.カリーパンゆで卵入り
3.だだちゃ豆ソフト
4.勝ちピー
5.あと何か(忘れた)

とか、ちょ…お祭りに来た子供かよ!?
くらい食べてた(笑)


私はと言えば、散々迷って、

芋煮&きゅうり漬け
いもに


同じサポ有志のお店の肉蕎麦は、すごい行列だったので、芋煮に。

(あの日は暑かったから、芋煮より蕎麦気分だったんだろね、みんな)


きゅうり漬けはおまけ。
だれかの手作りなんだろな、きゅうり漬け。

こういうの、ちょっと嬉しいよなぁ。


残念ながら、つや姫ソフトは売り切れ…。
(チェリーランドで売っているやつとは別物なのかな?)


義援金の募金
募金


マイコン選手と中野選手が、募金を呼びかけていた。

(肖像権とかアレなんで…モザイクご了承下さいませ)

マイコンはうらやましい位、顔ちっちゃくて、8頭身とかそんな感じ。

中野選手の、あの笑顔。
女性ファンが多いのもうなずける感じ、うんうん。


こちらは、ずっと閉めていたスーパーがやっと開店したり、
ゴミ袋が買えるようになったり、日常を取り戻しつつあるが、
閉まったままの店も多い。


デパートに入っているケーキやさんが無くなったと思ったら、
ケーキ工房が津波で流されて作れなくなり、実は倒産していた。
とかの話しもよく聞く。


未だに、
葬祭会館やセレモニーホールの前を通りかかると、
毎日、毎日、お葬式が行われているのよ…。



やっとご遺体がみつかって…という事なんだろうけど、
それすらできず、土葬した方も多い訳だし、
ご遺体が見つからない方も沢山いて、
お葬式ができるのはまだいいほうだと聞く。


世の中の興味は、夏の節電対策になって来ている。

でも、復興には30年くらいかかると言われているわけで、
お願い、忘れないでいて…と切に思う。


こうやって、クラブ単位でやれることをやるのは、
Jリーグという団体がどんな理想と理念を持ってやっているか、という証にもなると
思うんだよね。
Jリーグ好きで良かったっていうかさ。


そして。。。

あの日、試合前に。虹がかかった。

不思議な水平な虹。雨も降っていないのに。

水平環という、珍しいものだそう。


なんと、同じものが仙台にもかかったらしい。


試合後、モンテサポとベガルタサポの胸には
虹がかかったんじゃないだろうか。
そんな試合だったよね。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | 試合観戦記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
柏戦…の前に。
2011-05-06 Fri 23:59
随分と間があいてしまった…ごめんなさい。


5月3日の柏戦、行って参りました!


NDスタに行くのは、去年の京都
サンガF.C戦以来だから、実に半年振り。



と、その前にちょっとだけ他の事を…。


ベガルタ仙台とレッズの試合の時。

うちの彼氏の隣のおばさん(仙台は指定席が多いので、シーチケを更新すると周りは同じ顔ぶれだったりして顔なじみ)が、言っていたそうだ。

「あれ(震災)以来、涙もろくなっちゃってね…。」
って。

スタジアムに来ている人は無事だった人達。


でも、やはりみんな、精神的には、震災前には戻れないのを感じる。


レッズの応援で、それぞれの席にいる人達が
急にギューッと集まってきて密集するのがあるらしく、
それを見たベガサポの人達は、
「おお~!」と驚いていたそうだ。

だけど、あまりに揃ってジャンプするので(あれすごいよなぁ)
まだ立ち入り禁止のとことかあるんで、
「あ…ちょ…。」
と壊れる…って、びびったりもしたらしいw
(まぁ、それ言ったらベガサポのリャンダンスもそーとーなパワーだろうけど)


そういやユアスタの前の道路、震災後、液状化でぐにゃぐにゃに波打っていた。
ユアスタ隣のす○家の駐車場なんて、地割れで地面が裂けてたし。

今でこそ、一見、何事も無かったように見えるユアスタ一帯なんだけどね。



この間、ベガルタと対戦した福岡サポは、
ちょっとしか来てなかったらしいが、
何百万というちょっとびっくりする金額の義援金を持参してユアスタに来たとの事。

支援物資も持ってきてくれたらしい。
少ない人数で、福岡という遠方から物資を運んでくるのは、
さぞや大変だった事だろう。

私はベガルタサポじゃないけど、宮城県民としてお礼を。

本当に有難う。



G.W.前、某デパートに震災前に引き取るはずだった化粧品を取りに行った。

担当してくれた人は(仮にAさんとする)仙台市内出身だが、
結婚して石巻に住んでそこから通っている方。

あの日、帰宅できなくなったので、
ホテルに行ったらロビーをみんなに開放してくれたらしく
(ホテルはどこもそうだったらしいね。ホスピタリティ感じるな)
そこに泊まって、その後は実家に身を寄せていたそうだ。

だが、旦那さんと連絡がずっと取れない。

旦那さんは水産関係の会社で働いていたので、
震災後2日経ってからやっと連絡が取れた姑と電話で話して無事を喜んだ時、
「○○は(息子さんの名前)、海沿いの一番危ないところにいたから、A子、覚悟しておきなさい…。」
と言われたとの事。


母が実の息子の事を「死んだと覚悟しておきなさい。」と嫁に言わなくてはならないなんて、
どんな辛い事だろうかと思う。


旦那さんは地震後、家が心配でダッシュしている途中、
橋の上で津波にあったそうだ。


橋の上で孤立。

助け出されるまで3日。

2晩を橋の上で過ごしているうちに、
一緒に橋の上に居た周りの人は、凍死して亡くなっていく…。

そんな状況だったらしい。



結局、Aさんが旦那さんと連絡取れたのは、
震災後5日経ってから。


「その間、眠れなくて。」
「恥ずかしい話しですが、病院に行って睡眠剤を貰ったんですよ…。」


そんな…。恥ずかしくなんて無いよ…。

夫の安否がわからない(5日だともう絶望してもおかしくない状況だし)
というのは、辛い辛い状況だ。

私も、ちょっとその気持ちがわかるんである。

彼氏とずっと、連絡が取れなかったから。



その間、感覚が麻痺するような、どこかがしびれているような感覚で、
心の痛みを感じるのを体が拒否している気がした。


でも「これはもう、覚悟しておいた方がいいのだな。」と、思った。


だから、Aさんに共感を覚えた。


私「あれから私、胸の動悸が治らないんです。」

Aさん「私もそうです…。余震が来ると、地震なのか動悸なのか、わからない事があるんです。」

私「ですよねー。余震が来ると、胸がキューッと苦しくなる時あるんですよねぇ。」

Aさん「お客様の中には、”生き残ったのに、突然、涙が出て止まらなくなるんですよ”とおっしゃる方もいるんですよ。あと、”震災後、眠れない”というお客様も多いです。」


もっともっと大変な方達は沢山いらっしゃっる。
ほんと、何もかも失った方達が。



仙台駅前に来た人は
「なーんだ、仙台の街の中、全然じゃん。大したことないよね。」
という人も多い。


だが、辛い思いをした人は沢山居て、
それを表には出さずにニコニコ笑顔で接客したり、働いていたりする人も多いのだ。



毎日毎日、余震がある。


柏戦の日、山形に泊まって、
ひさびさに余震に悩まされずにぐっすり眠れた。



長文になってしまったゴメンなさい(まぁ、いつもだけど)



私は、NDスタに足を踏み入れ、緑のグランドを観たとき、
泣いてしまうんじゃないか…と、ホントは怖かった。


でもね、そんな事にはならなかった。


だって、サッカーを観るって言うのは、幸せな事で、
そして、NDスタには、楽しげな雰囲気にあふれていたんだもの。

この時を待ってたんだぜ!
NDスタのモンテの試合を待ち焦がれてたんだぜ!


っていう、雰囲気があったんだもの。


そんな感じで、次に続く。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へ
にほんブログ村
別窓 | その他 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| SUPERNOVA 超初心者モンテディオ山形サポ |

お気に入りに登録

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。